JT杯など

昨日のJT杯開幕戦は、糸谷八段の勝ち。
何度も駒当たりを放置する手が出てきて、非常に面白い内容でした。
こういう将棋は特に、現地でリアルタイムで観ていたら、さぞハラハラして面白かったでしょうね。
僕も子どもの頃、日本シリーズはよく(というか毎年)観に行ってました。
ライブの良さを、多くの人にぜひ味わってほしいです。

ところでJT杯といえばトップ棋士によるプロ公式戦と、もうひとつの柱が子ども大会。
これも藤井四段フィーバー、将棋ブームの余波か、申し込みが多く満員御礼、定員オーバーになっているようですね。
2年前に参加者数が1万人を突破して、大きな明るい話題になりましたがこのペースで行けばそれを越えるのではと思います。
本当に喜ばしいことですね。

また加古川青流戦では、杉本新四段が初勝利を挙げていました。
苦労して三段リーグを抜けて、初勝利までまた苦労して、ホッとした気持ちが強いでしょう。
僕も初勝利のときは嬉しかったので、いまでもよく覚えています。
対抗形から、お互いの玉がよく動く大熱戦、こちらも面白い将棋でした。

今日は叡王戦で羽生三冠が登場。
もちろんニコ生の放映モバイル中継ともにあります。
午前中はNHK杯、午後からニコ生で、スキのない日曜日ですね。

ところでこの叡王戦では、放映・中継ができなかった対局も含め、すべての棋譜がすべて公開されています。
公式サイトはこちら
独自の盤面を使っているようです。
あとこのページ、他の中継サイトに比べて色彩が鮮やかな気がします。
トップ画像は、新時代の幕開けをイメージしてるんですかね。

今日はこれから青梅に出かける予定があり、普段より早めに、軽めに更新です。
(ちなみに登山ではありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です