帰京

最近は内容的には恥ずかしくない将棋が指せていたと思うのですが、昨日は目を覆うような惨敗でした。
「評価値は本質的ではない」とか「対局は深夜までかかることもあります」とか、何だか盛大なフラグを立ててしまったみたいで、恥ずかしいです。
書いたことに後悔はないんですが、タイミングの悪さは否めませんね。。。

ただこうやれば難しかった、という手すらなかったので、早く終わったのは反省すべきとしても、完敗は仕方なかったかもしれません。
将棋の反省はまた明日書きます。

夕方早々とホテルに帰ってきて、当然もう1泊取ってあるのをキャンセルして東京に帰ろうかなと思っていたら、急な連絡があり。
今日これから「ワイドスクランブル」(テレ朝)に出演することになりました。
11時過ぎからで、藤井四段の「経済効果」について特集するそうです。

何だかテレビに出るために早く帰ってきたみたいで恥ずかしいんですが、もちろんそういうわけではありません。
これも何かの縁と思うのと、棋士が良い形でメディアに出るのは望ましいことなので、お引き受けしました。
ということで良かったら、ご覧ください。

その後、お昼過ぎからはカロリーナ関連の取材を受けます。
(もともとはそこに帰京の足で行く予定でした・・汗)
こちらは「銀河将棋チャンネル」内での特集になります。
配信時期が決まったらまた改めて触れたいと思います。

 

昨日は棋聖戦第4局があり、羽生棋聖が勝って10連覇。
相変わらずの強さです。
最近はすこし対局が少なかった気がしますが、またひとつ淡々と実績を伸ばして、本当にすごいの一言です。

関西の若手が次々と挑戦していて、彼らも本当に強いのになかなかタイトルに手が届かないのは、つまりそれだけそびえたつ壁が高く厚いということなんでしょう。
次の王位戦、菅井七段の戦いぶりは注目です。

藤井四段の対局のほうは、終盤の△4一玉~△5一玉での「見切り」が解説の棋士たちを驚かせたとか。
その前に△7二飛とした手が危険な一着だったようですが、それも結果論かもしれませんし、結果から見ればやはりすごい終盤だったと言うべきなのでしょうね。

実は東京に帰る前にいったん連盟に戻って、すこしだけ遠目に感想戦を眺めてきました。
ナマで様子を観るのは初めてだったのですが、相変わらずかなりの数の報道陣の中、普通に終盤の難しい変化を検討している姿に改めて驚きました。
連勝が止まればいろいろ一段落かと思っていましたが、どうもとうぶんはブームが続きそうな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です