紫綬褒章とか

今日11月3日は文化の日。
ということで、その前日に発表されるのが恒例のようで、昨日紫綬褒章の発表がありました。
森内九段に紫綬褒章(連盟HP)

3年前に谷川会長が受章されたときは、ちょうど電王トーナメントの最中だったので、挨拶でこの話題にも触れたことを思い出しました。
今回の森内九段は、半年前の佐藤会長に続いてということで、同じ年にお二方というのは初めてのことのようです。

将棋界が盛り上がっている昨今、いろいろな話題がある中で伝統文化としての側面も、忘れずに伝え広めていきたいものと思います。

 

最近の中継の話題、というか一門の話題。

一昨日の北浜ー大石戦(竜王戦)は200手超えのすごい大熱戦でした。
リアルタイムで観ていて、終わりそうで全然終わらないのでまさに手に汗握りました。
弟弟子の大石君は、この勝利で竜王戦連続昇級となり七段昇段。大きな勝負だったのですね。
おめでとう。

昨日は兄弟子(山崎八段)と弟弟子(糸谷八段)がそろって勝ち。
前者はあまりらしくない感じ、後者はものすごくらしい感じ、の勝ち方でした。
糸谷君の将棋は相変わらず個性的で、なんでこんな荒れ球で名人を吹っ飛ばしてしまえるのか。
まあ、たぶん昨日の将棋は形勢がずっと良かったのだとは思いますが・・。

改めてラインナップを見てみると、昨日はかなり豪華カードの多い一日だったのですね。
順位戦のほうはまだきちんと観れていないので、これから目を通します。

 

森師匠のインタビュー記事最終回がUPされていました。
文章だけでなく、写真も良いですね。

与えられた役割へのプロ意識は、僕もいつも心に留めていることです。
これからも高い意識を持って、弟子の一人として自分にできる活躍をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です