順位戦とか

昨日のB1は阿久津八段が逆転昇級。
6-4での「昇級」は自分の知る限りでは初めて見ましたが(7-3ですら珍しい)、過去に例はあるんですかね?
今期はA級もあんなことになってますし、混戦の象徴のような結果でした。

阿久津ー松尾戦は大技の掛け合い、派手な手が何度も飛び出して面白い将棋でした。
華がある、とはこういう将棋のことを言うのだと思いますが昇級を懸けた対局でそういう将棋になったことがすごいです。
もう1局の郷田ー橋本戦は、棋譜コメントにもあった▲7五歩が珍しい類の妙手でした。

水曜日のB2最終日は降級点2枠をめぐる争いでしたが、最後に残ったのが自分より後輩の戸辺君と大石君で、2人ともとても順調に出世していった棋士なので驚かされます。
やっぱり厳しい世界だなと思うと同時に、このクラスの先輩方のように自分ももっと頑張らなくてはと気持ちを新たにしました。
自分の最終戦は来週火曜日。

今日はA級プレーオフの第2局、これは佐藤会長お得意のダイレクト向飛車でしょうか。
会長も豊島八段に負けないぐらいの過密日程(対局だけでなく公務で)だと思うので、余計なお世話とは思いつつも心配しながら観てしまいますね。
いつも通りの面白い将棋が観られるのを楽しみにしています。

今日は将棋まつりの慰労と長谷部君のお祝いをかねて、日帰りで宇都宮。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です