NHK解説とか

直前のお知らせになってしまいましたが本日、NHK杯の解説で登場しています。
兄弟子の安用寺六段と、若手有望株の八代六段の一戦です。
NHKの解説はたしか4年ぶりだったと思いますので、楽しみにしていました。
ぜひご覧ください。

それにしても、前回対局者として出たのはいつのことだったか・・(遠い目
予選を勝ち抜けるのは大変なんですが、また頑張りたいものです。

それともうひとつ、4月7日の詰将棋に自作が採用されているのに、昨日気が付きました。
いつも連絡が来るのですが、今回はなぜかなかったので日にちが経ってしまいました。

HPの詰将棋は土日祝が棋士出題の新作が出題されるので、いつもそのときだけチェックしています。
あまり詰将棋を作るイメージのない若手が好作を披露していたり、ちょっとした楽しみなんですよね。
実は今回のはけっこうお気に入りなんですが、どうでしょうか?
実戦派・強豪の方は本作ぐらいかもうすこし上のレベルを中心に、そうでない多くの方は、平日の3手・5手ぐらいの問題を中心に、取り組まれると良いと思います。

昨日ご紹介しようと思っていて、長くなって書き落とした記事をひとつ。
「第76期名人戦」PVのために書き下ろされた先崎学九段の『昇る落日』と題した文章を公開

いつもながらの名文、そして名PVです。
百聞は一見と思いますので、ぜひご覧ください。

では今日はこのあたりで。

2件のコメント

  1. 解説拝見しました。棋士の心理や感情、指し手の「性格描写」など、実際に指さない(指せない)ファンとしては、非常に楽しく最後まで見られました。ありがとうございました。

HIroshi Ohno にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です