日米対抗戦

表題は将棋の話題ではなく、スポーツとかでもなく、趣味のバックギャモンの話。

これからシカゴに飛びます。
アメリカは過去、西海岸に二度行ったことがありますがそれ以外は初めてです。

トーナメントディレクターのroryが熱心に勧誘と運営をしてくれるおかげで、はるばる日本から10人以上参戦するようですね。
大会に参加するだけなら当然一人でも行けるわけですが、やはり仲間がいるというのはとても心強いし、参加する強い動機になります。
いまはこういう機会が多くあるし強くなる環境も充実しているので、若い人が新たに始める趣味としてバックギャモンはけっこう良いのではと思いますね。

ギャモンの海外遠征は数年ぶりのこと。
日本の大会に復帰してから1年ほど経ち、実力的には若い頃、一番熱心にやっていた時期よりもいまのほうが強いと思います。
ただこれはハード面の進歩が大きいだけで、相対的に見ると強いプレイヤーが増えていて、今回も参加する日本人の多くは自分より強い人ばかり。
つまり日本の大会で勝つのはとても大変ですが、チームメイトとしては頼もしいです。
もちろんシカゴオープンとして普通の個人戦もあり、サイドイベントもいろいろあり、観光にも連れて行ってもらえる予定で、数か月前からとても楽しみにしていました。

帰国は30日の予定です。
それまでは長いこと放置していた、公式戦対局の振り返りを入れてあります。
いつまで続くか分かりませんが、もうしばらくはブログの毎日更新も続きます。

では、行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です