U-18 将棋スタジアム

昨日は表題の大会で指導対局を務めておりました。
この大会は東京都スポーツ文化事業団の主催で、今回で14回目を数えます。
昨年のみ会場(東京武道館)の改修でお休みでしたので、15年目ということになりますね。

申し込みは800人を越えていたそうで、これはJTの子ども大会に次ぐ規模です。さすがに壮観でした。
それでも東京武道館は職団戦(だいたい400チーム参加なので×5で2000名超)でも使わせていただくような会場なので、まだまだ余裕がありそうでした。
今後は1000人の大台突破が目標となるでしょうか?

指導対局は午前午後でちょうど30局ぐらい。6枚落ちが中心で、よく負けました。
おかげさまで本当に子ども大会の数も増え、プロ相手に駒落ちで挑む機会も増えたと思います。我々にとっても、将棋を楽しむ子どもたちにとってもこんなに良いことはありません。
みんな切磋琢磨してこれからもっともっと強くなってくれたらいいなと思います。

告知をひとつ。
10月のある日、囲碁将棋chで講座を収録しました。
一人で担当するのは初めてのことで、自分にとっても新鮮で、また大変でした。
頑張った甲斐あって、なかなか良い仕上がりになっていると思います。

1本10分の短い講座が13本で1セットになっていて、毎週火曜日の夜に放映となっています。(再放送もあり)
初回は元日1月1日の21:45~となっています。 番組表
ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です