編入試験

本日、8月最終日ですので何局か将棋ウォーズ指導やりたいと思います。
ここまでまだ数敗しかしておらず、言ってることと違って何だか申し訳ないですm(__)m
昨日は二枚落ちで良い将棋を指された方がいました。
今日もすこしでも、実力を発揮していただけるようにと願っています。
(もちろん今回に限らず、これからも)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日はこんなニュースがありました。
将棋、折田アマが受験資格
なぜか連盟HPにお知らせが見当たらないので、共同通信の記事を貼っておきます。
他では「将棋ユーチューバー」という文字が掲載された記事も多く、これもまた画期的なことだったと思います。

 

受験資格の「いいところ取りで10勝以上・6割5分以上」という数字は、ある程度の対局数をこなすことさえできれば、十分に現実的なラインですが実際には多くの棋戦に参加することは極めて難しいので、かなり高いハードルと言えます。
ただ最初から(奨励会に入るのではなく)こちらを目指そう、と思われるような数字では良くないので、妥当なところではないかと思います。

その規定を大きく上回る10-2という数字は本当にお見事で、たとえば自分自身ここ数年ではどこをどう切り取っても到達していないような好成績です。
これだけ勝つのであれば当然ながら試験も合格する可能性はかなりあると思いますが、対戦相手も強いですし、どうなるかは分かりません。

三段リーグという制度は、半年で18局指すのは同じでも時に14勝で届かなかったり、時に11勝で昇段したりということがあり、これは高い棋力は前提とした上で精神的な強さや、何より勝負強さが求められているという側面もあります。
今回の試験も、これまで出場した公式戦とはまったく違ったプレッシャーのかかる勝負で、普段通りかそれ以上のパフォーマンスが出せるかどうか、が注目でもあり、もちろん合否の分かれ目にもなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です