監修本の紹介など

昨日は戦友の結婚式でした。おめでとう。
生まれて初めて、新郎のエスコートをしました。
そういえば30代も後半になって、結婚式も徐々に減ってきている気がします。
あと何回ぐらい出席することになるのでしょうね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ちょうどひと月ほど前に、こんな本を出すのでアドバイスを、というお話をいただきました。
将棋戦法事典100+ 王道 流行 珍戦法 完全網羅! (将棋世界Special)

巻末には「スペシャルアドバイザー」として名前を入れていただいています。
珍しい肩書ですが、まあ監修のようなものですね。

その際に戦法の紹介部分はすでにゲラで目を通してチェックしたのですが、読んでみて非常に興味深い内容でした。
たとえば、乗り物シリーズとか。なるほど、こんなにあったんですね。
囲いや戦法の名前は古くからあるものから、新しく出てきていつの間にか定着しているものまで、いろいろあります。
かなり網羅されており、すべてを聞いたことがある、という人はけっこう少ないのではないかと予想しますがどうでしょうか。

インタビューのほうはまだ読んでいないので、そちらはこれからのお楽しみです。

それと、以前紹介した東大将棋部の現役生たちが書いてくれた本、前後半が一つになって新装されました。
洞察力UP! 東大式将棋 勝つための上達法
こちらは子ども向きの入門書ですが、そういった方向で需要がある方にはぜひよろしくお願いします。

最後に、僕の話ではないですが中村太地君がタイムショックに出るそうですね。
これは必見です。

僕も以前出させていただきました。後輩の棋士が出るのを見るのは初めてなので、とても楽しみです。
今週は3連休で曜日がずれますので、日にちをお間違いなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です