防衛

王将戦第7局、渡辺王将が熱戦制し防衛、三冠堅持。
最後はさすがの底力、勝負強さでした。
2日目午後からは形勢は難しいけど勝ちやすい展開、という状況を維持したままゴールにたどりついた、という内容だったように思いました。

現在複数冠保持者が渡辺三冠の他に豊島竜王・名人と永瀬二冠の3人ですが、最近の将棋を見ていると3人とも苦しい場面はありながらも最後は勝ち切る、という内容が多い気がします。 
競ったときに実力を発揮し切れるというのは本当にすごいことです。

棋聖戦はベスト8が出そろい、と昨日書いたばかりでしたがそのうちの一局が昨日さっそく行われ、ここでも永瀬二冠がベスト4一番乗り。
春は豊島名人ー渡辺挑戦者、永瀬叡王ー豊島挑戦者のタイトル戦が行われるので、これでもし渡辺棋聖ー永瀬挑戦者になれば、完全な三つどもえです。
もしそうなったらさすがにちょっと信じがたい話、だったのがだいぶ現実味を帯びてきました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

突然ですが、またこんなところでひっそりとではありますが、連日必死で頑張っておられる医療・救急従事者、関係者の方々に感謝を。
薬局やスーパーで働いている方々へも感謝と、労いを。
何ができるわけでもないですが、一言お伝えしたいなと思います。

長期戦必至の現状、自分自身もできる限り心身を大切にして、直接のお世話にならずに済むように、またウイルスの蔓延を防げるような行動を、日々心がけていきたいと思います。

2件のコメント

  1. 春は豊島名人ー渡辺挑戦者、永瀬叡王ー豊島挑戦者のタイトル戦が行われるので、これでもし渡辺棋聖ー永瀬挑戦者になれば、完全な3すくみです。以上引用

    「3すくみ」というより「三つどもえ」ではありませんか。「3すくみ」はいい意味ではありません。

青木亮 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です