最近の中継とか

将棋界は方針に沿って、今週もある程度の数の公式戦が行われています。
特に昨日は4棋戦6局、今日も5棋戦6局と豪華です。
ファンの楽しみがこれからも何事もなく続くようにと願っています。

最近の好局紹介、昨日の飯塚ー及川戦の即詰みは鮮やかでした。
ひと目は詰まない形のところ、やけにぴったり捕まっていて驚きました。

一昨日は金井ー高野戦が大熱戦でした。
基本的にはずーっと先手が押している将棋でしたが最後の最後、秒読みの競り合いで逆転。将棋の厳しさを感じる場面でもあり、醍醐味でもあります。

王位リーグは昨日の佐々木ー本田戦でラス前まですべて終了。
この将棋は佐々木五段の快勝で、リーグ優勝の目を残しました。
ただリーグ最終戦は通常ならば日程が決まっているところですが、現時点では未定とのことです。

また女流王位戦も第1局の再延期が発表されました。
対局場所として地方都市が予定されていることに加え、対局者も東西に分かれていると特に対応が難しいのは容易に想像がつきます。
今後、東京⇔大阪間の移動が許容される社会情勢になれば公式戦の維持は可能と思いますが、先が読めません。

今日はマイナビの5番勝負第2局。
こちらは、両対局者が東京所属なので、対局場を将棋会館に変更して、予定通りの日程で行われるということのようです。

ちなみに明日も3棋戦6局。
佐々木ー本田戦は中一日で同じカードの再戦なのですね。
昨年末の棋王戦挑決二番勝負でも対戦がありましたし、さすがに勝ちまくっている同士、よく当たります。
調べてみると昨年の夏から数えて明日でなんと6局目、これはCクラスの棋士同士としてはかなり珍しいことでしょうね。すごい。

では今日はこのあたりで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です