電王戦

本日、第2局。
今度こそ、本当に最後の最後、Final of FINALです。
正直言ってここまで盛り上がり続けるとは、当初は思っていなかった気がします。
終わりが来ることはもうだいぶ前から分かっていたとはいえ、寂しい気持ちもあります。
自分自身、ある一時期を濃密に関わりましたし、一棋士としても深い関心を持って見守ってきました。

実は今日から旅行に出かけるので、旅先で日本将棋連盟モバイルをチェックすることになりそうです。
ニコニコ生放送はこちら

ずっと紹介しようと思っていて、伸び伸びになってしまっていたのですが、未来にも役立つと思うのでいまさらながらご紹介。

いまから注文しても対局が終わるまでには届かないし、このブログの読者なら皆さん買ってるでしょうから全くの手順前後ですが(笑)
お手元にある方はぜひ、パラパラと読み返しながら観戦されてはいかがでしょうか。

将棋に一番関係があるのは第2章かと思います。
いくつか「核心」となっていると思った部分を、要約して紹介してみます。

・将棋は囲碁と違って、「何もしない」ことが最適解になることが多い。将棋にはマイナスの指し手、極端な悪手が多く、逆に囲碁はほとんどの手がプラスである。だから、将棋は「ダメな手」が分かることが特に大切である。
・では「ダメな手」をどうやって見分けるのかというと、実戦経験で「図形の認識能力」を高めていく。これが「美意識」につながっていく。プロ棋士が直観でほとんどの選択肢を捨てて、読みの方向性を絞り込んでいけるのはこの「美意識」があればこそのこと。
・ところが人工知能には「美意識」がない。また、「恐怖心」もない。しかし、美意識や恐怖心がないからこそ、人間が「美しくない」あるいは「不安」「危険」と感じて知らず知らずのうちに捨てている可能性の中から、良い手を拾い上げることができる。
・将棋ソフトであれば、そうやって可能性を広げてくれるのはただただ有意義なこと。しかし社会一般に人工知能が導入されていくとなると、人間が人工知能の判断に納得できるかどうかは、より厳しく問われるだろう。
・人工知能も間違えることはある。人間がミスをするのは理解できる一方で、人工知能は絶対に間違えないと勘違いしてしまうことはありうるので、過信しないようにしないといけない。
・一方で人間の「美意識」もまた、時代とともに変わっていくものである。決して定まったものではない。

自分自身もAIに対して、かなり近い感覚を持っていると思っています。
ただもしかしたら、自分の言葉に変換していくうちに、そうなっているのかもしれません。
皆様はどう思われるでしょうか。

最後に一か所、とても腑に落ちた部分を引用して今日の結びにします。
この意味では、将棋界は多士済々で、逆張り、他の人と違う研究をしている人がたくさんいる世界なので、これからも進化がやむことは当分ないだろうと思っています。
(実際、いまでもソフトを使っていない棋士はたくさんいる)

>「学習の高速道路」について、私にはもう一つ根本的な疑問があります。それは、本当に皆で「高速道路」を走っていくことが、進化を速めることなのだろうか、ということです。
実は、自然界では、むしろ生物の個体それぞれが遺伝的に多様性を持つことが、進化の鍵となっています。とするならば、全員が同じ選択をすることは、むしろ全体から見ると、多様性が失われていて、かえって進化が止まってしまう気もするのです。

自分自身も、かつて谷川会長が言われたように、技術と個性を磨いて、これからも棋士として頑張っていきたいと思っています。

では、今日の対局にご注目を。

つれづれなるままに

昨日は久々に後輩との意見交換会、いわゆるVSでした。
練習将棋はこの半年以上まったくできていない状態だったので、これから徐々に再開していきたいと思っています。

藤井四段は昨日の加古川青流戦・開幕戦にも勝って18連勝。
彼の将棋は、目に見えて強いところがいままでのスター棋士のデビュー当時と違うような気がしています。
神秘的な部分がない一方で、なぜこんなに自然に指せるのか、とびっくりします。
次の対局は竜王戦の6組決勝とのこと。

もう一局の三枚堂ー木村戦(王将戦)が、つい前日までの名人戦と同じ進行だったので、目を引きました。
50手目の局面が同じで、51手目に、名人戦のときとは方向性の違う手が出たという将棋。
このたった一手で、まったく毛色の違う戦いになるというのも、将棋の奥深さを表す一面と思います。

激しい変化だと、水面下ですでにお互い研究や実戦経験があっての合致、ということもあります。
この将棋の場合は、名人戦の将棋を観て、お互いに力が出せそうな展開と踏んだからこそ、のように見えました。
「また出るでしょうね」と感想戦でのコメントにもあったそうです。
自分も、まったく同じことを思いましたので、具体的な指し手への言及は控えます。

昨日のエントリで、増田四段のインタビュー記事について書いたばかりですが、昨夜は藤井四段のインタビュー記事が、ネット上で話題になっていましたね。
これまた興味深い内容でした。
twitterにも書いた通り、彼ら2人は(いまのところ、僕からは)すごく対照的に見えていて、面白いです。
この個性の豊かさこそが、将棋界の魅力、価値の源泉だと思っています。

もう一つ、超長文の力のこもった記事を読みました。
読むのにだいぶ時間がかかりましたが、とても面白かったです。
「電王戦」5年間で人類は何を目撃した?

長いのでいろいろと見どころはあるわけですがたとえば、羽生世代によって「情報の探索における革新」が進められたのに対し、現在は「情報の評価における革新」が生じている。というのは興味深い対比、面白い指摘だと思いました。

僕もこの数年間で、ずいぶんいろんなことを見てきましたし、将棋界もいろんなことが変わりました。
これからも将棋界、プロ棋士の歴史は続いていきます。
変わっていくことを避けられない部分もあれば、決して変わるべきではない部分もあり、変わってしまったこともあれば、ずっと変わらず続いてきたこともある。
そんな将棋界の良さを、これからも大切にしていきたいと思います。

勉強法の話

名人戦は佐藤名人が勝って2-2のタイになりました。
後手番の勝ちが続いていますが次局はどうなるか。
最高に盛り上がる展開と言えます。
第5局は来週末、舞台は倉敷。

本局は玄人好みの将棋というか、おそらく局面の急所が分かりにくい将棋だったと思いますが、観ていてレベルの高さが伝わってきて、自分にはとても面白かったです。
なんとなくですがこういうとき、特に解説者の力量が問われる気がしますね。
いろいろな媒体で観ていただいていると思いますが、どうご覧になったでしょうか。

昨日は中継4局で、うち対抗形が2局、相居飛車は完全な力戦が1局と、名人戦(角換わり右玉)ということで、戦型的にもいろいろあって面白い一日でした。
▲飯塚七段ー△藤井九段戦は一部で注目の?銀冠穴熊模様でしたが、この戦型、今後増えるんですかね。

ところで銀冠穴熊といえば、増田四段のインタビュー記事が注目を集めているようで。
たぶん話題になるだろうなと思っていたら、やはり、でした。
あえてリンクは貼りませんので、興味のある方は探してみてください。

その中に「詰将棋はやらない」という発言が出てくるのですが、これを読んで思い出すエピソードが2つ。
一つは、もうだいぶ前にある先輩棋士に言われた「自分は詰将棋をやったことがない」という発言。
まあ、「あんまり」やらないというだけで、やったことがないは大げさだろうとは思いましたが、その理由が面白くて、「実戦では、詰むか詰まないかの判断がつけば良い。詰むと分かれば、一生懸命読めば詰ますことはできるはずなので」というもの。
プロの大局観のすごさを示す例かもしれません?

もう一つは、渡辺竜王が何かのインタビューに答えて「棋譜並べという勉強法に疑問を持つようになった」と言っていたこと。
トップ棋士になったいま、果たして効果的な勉強法なのかどうか?というような内容だったと、記憶しています。
もっともな問題意識だなあと、印象に残っています。
(出典が思い出せず・・すみません)

よく思うことですが、将棋の世界では勉強法、プロスポーツの世界でいうところのトレーニング法が確立されておらず、コーチもなし。
何が良い勉強法なのか、少なくともプロレベルでは全く分からない状態で、自分自身もいつも悩んでいます。
限られたリソースを有効に活用する、その方法を一人ひとりが考えている状態というのは、当然ながら非効率で、しかしより個々の実力と努力が、反映されやすい世界とも言えます。

いずれにせよ、そのときの自分のレベルとニーズに合った勉強をすることが大切です。
と考えると、受験とかでも同じことですね。
なので、増田四段がいま詰将棋を全然やっていなかったとしても、(文章のインパクトほどには)意外なことではない気がします。
詰将棋好きで知られる藤井四段が最年少棋士で、増田四段が2番目、対照的なのも面白いですね。

アマチュアの方には、この本をオススメしたいと思います。
「初段になるための将棋勉強法」

詰将棋を解くにしても、どんなものに取り組めば良いのか等、数年前の本ですがいまだに類書がないという点で画期的です。

自分自身のことで言えば、意外に思われるかもしれませんがあまり効率とかは考えず、将棋に触れることであればすべて糧になるという気持ちで、満遍なく手を出すようにしてきました。
当然、時間が足りなくなったり、一度(どころか何度も・・)勉強したことを忘れてしまったりします。
ただ性格的なこともあり、たぶん今後も、スタンスが大きく変わることはないと思います。

もうすこし効率の良い人生を送っていたらどうだったか?
それは分からないけれど、これからも前向きな気持ちで将棋に取り組んでいきたいですね。

師匠のこととか

名人戦は2日目に入りました。
戦型はちょっと意外な右玉。
今シリーズは佐藤名人の意欲的な戦型選択が目立つ印象です。

たしかつい先日観た番組の中で、「(コンピュータと指して)右玉が好形なんだということを教えられた」というようなことを話していた記憶があり、そんな影響もあったのかなあと思いました。
この形は数日前の中継(▲丸山ー△糸谷戦)にも登場しているようによく指されているとはいえ、第2局のような将棋以上に、以前からの佐藤名人の棋風ではないような気がするので。

封じ手の時点では後手ノリの意見が多いみたいですが、自分の感覚ではまったくの互角です。
この将棋は先手から良いタイミングで▲6五歩といけるかどうか。
逆に後手からは、あっさり押さえ込める展開になれば理想、でもそううまくはいかないとして、良いタイミングで8~9筋から手をつけられるかどうかがポイントになるでしょう。

マイナビは加藤女王がストレート防衛。
作戦をしっかり練ってきて、それがズバリ的中という印象を受けました。
銀冠は好きな戦型、と昨日書いたのですがその中にあって、端玉銀冠は公式戦では少ない形です。
やや珍しい仕掛けまで含めて、入念な事前準備があったのだと思います。
準備が結果につながることで、自信につながってまた強くなりそうですね。
おめでとうございます。

昨日で森師匠の引退が正式に決まりました。
森信雄七段が引退
長い間お疲れ様でした。

たしか、自分より兄弟子は全員師匠と公式戦での対戦がありますが、自分はなく、弟弟子もほとんどなかったはずです。
加えて自分自身は、駒落ちなども含めて一度も将棋を指していただいたことはありません。
家に行った回数も、(大阪に住んでいたことがないので)他の弟子に比べると極端に少ないはずです。
でもそれでいて、師匠の考え方などに影響を受けたことはとても多かったと、自分では思っています。
もちろんそれは、自分にとって貴重な財産です。

昨日の豪華中継局の中から、1図面だけ。
王座戦本戦なので、観戦記つき(日経)の対局です。

図の早逃げは習いある好手。
しかし次の△6二金!がそれを上回る好手、だったと思いました。
観た瞬間は意外な一手、しかし見れば見るほど良い手で感心しきり。

最近はすごい勢いで攻めかかる将棋が増えている一方で(本局の中村六段もそうでした)、こういうじっと手を渡す大切さも、プロの将棋にはきちんと残っています。
現代将棋の感覚を取り入れつつ、大人の手も交えて指す。
「そういう人に、私はなりたい」(宮沢賢治)

今日は名人戦2日目に加えて、王位リーグ、王将戦、新人王戦、で4棋戦4局。
将棋連盟ライブ中継でお楽しみください。

名人戦ほか

今日・明日は名人戦第4局、舞台は岐阜。
前夜祭では織田信長や、関ケ原の戦いに言及する挨拶が多かったようですね。

信長が「岐阜」と名付けて450年、というのは初めて知りました。
天下分け目と呼ぶにふさわしい、名勝負に期待しましょう。

貴族が本当に武将のように激しく戦うのかどうか?が見どころでしょうか。
戦型は角換わりに進んでいます。

岐阜では昨日、人間将棋開催の発表もありました。
名人戦と時期を合わせたのだろうと思います。
まったく初耳だったので、驚きました。

理事在職中は、自分の直接関係しないことでも、だいたい知っていたので、こういうリリースを見ると、新しい体制になったのだなあと実感しますね。
外から見ていると、最近の報道は藤井四段一色の状況ですが、もちろんスターはほかにもたくさんいますし、いままで以上にタイトル戦を盛り上げる努力をしたり、イベントを矢継ぎ早に打っていけるようにしているはずです。
これからも期待していてください。

実は明日、次の担当もだいたい決まったということで、簡単な引き継ぎをしてきます。
もちろん、ちゃんとしたバトンタッチというわけにはいかない(手元にないバトンは渡せない)わけですが、自分にできること、やらないといけない仕事はきちんとやるつもりです。

また今日はマイナビの第3局も指されています。
サクサクと序盤から手が進んだようで、戦型は振り穴vs銀冠。
僕の好きな形です。

こちらは愛知県の銀波荘ということで、名人戦とも比較的近い場所です。
男女にまたいでこういうケースは、かなり珍しいでしょうか。

今日の中継はそのほかに竜王戦の準決勝、王位リーグ、王座戦本戦、そして引退がらみが2局(森師匠の対局もあります)ということで、外せない取り組みばかりの都合7局。
忙しい一日になりそうです。
記者の手配もさぞ大変だったでしょうね。

最後に昨日の中継の話題。
竜王戦1組決勝、▲羽生ー△松尾戦で懐かしい(と僕は感じる)定跡形が登場していました。

いま後手が3五の歩を取り、先手が2六の飛車を2五にぶつけた局面。
初見で指すにはなかなか難しい局面ですが、プロは研究したり他の棋士の対局を観ているので、ある程度の指針を持って指すことはできます。

とはいえ、この局面がよく研究され、公式戦で指されたのは6~7年ぐらい前のこと。
その頃の研究をきちんと覚えておいて指すというのは、人間にはかなり困難なことで、トップ棋士といえども大変だと思います。
少なくとも自分のレベルだと、忘れていることも多いですし、覚えているとしても正確に思い出すために時間や思考力を取られてしまうのは避けられません。
ネット中継を観ると、過去の公式戦の実戦例について言及されていることが多いですが、すべて踏まえた上でやっていると簡単に思われてしまうと、ちょっと厳しいものがあります。

時代の流れとともに研究は拡散化、深化の両面をたどるので、何の情報を重点的に整理するかが問われますね。
こういうふうに突然何年も前の流行形が登場することがあるので、それなりに幅広く押さえることが勝負の上では欠かせず、その上で目の前の課題にどう対処するか。
方向性の違う勉強をしないといけないので、大変だなあと思うのです。
多くの棋士の悩みであろうことを、自分なりに書いてみました。