テレビ棋戦のはなし

昨日は公式戦のリアルタイム中継がありませんでした。
こういうときの将棋連盟ライブ中継は、「好局振り返り」と題して、過去の中継局に勝者の解説や感想を入れて、配信していることが多いです。
自分自身も何度か取り上げていただきました。
リアルタイムの緊張感はない代わりに、本人の感想ほど確かなものもないので、その将棋を詳しく知りたい、勉強したいという方には特にオススメのコンテンツです。
昨日の菅井ー澤田戦は、弟弟子の会心の一局でした。

今日はテレビ将棋の話を。
報道によれば明日、藤井四段の次の対局があるようです。
ご存じの通り、NHK杯・銀河戦・女流王将戦のいわゆるテレビ対局では、収録から放映までの間、原則として結果を公表しないことになっています。
結果を知らずに観たいという、視聴者の興味をそがないための配慮です。
ただ、キリ勝や昇段等の報道は行われるので、それによって結果が分かってしまうというケースはときどき(たぶん年に数回程度)生じています。
たぶん明日は、連勝ストップあるいは継続の、報道がある可能性が高いと思います。

以前は、将棋連盟HPに出ている通算あるいは年度の成績の更新によっても、結果が分かるケースがありました。
現在は、成績への反映は放映後に行い、結果が類推できないように配慮しています。
ただそもそも、「放映日をもって対局日とする」という対応のほうが良いと、個人的には以前からずっと思っています。
だいぶ前に、ブログにそういう趣旨のことを書いたこともあります。
最近大平六段が全く同じことを書いていたので、久々に思い出しました。

半面このやり方だと、たとえば明日の藤井四段の結果とか、あるいは先日の三浦九段の対局結果とかも、その日には報道されないことになります。
それが果たして良いのかどうか?
自分は合理的な解決策だと思っていたので、実際に公の場で発言(提案)したこともありました。
そのときには対応は変わらず、物事を変えるというのはなかなか大変だなあと思ったりもしたものですが、実際のところ、こうやって報道を見ているとどっちが良いかはたしかに難しい問題と感じます。

ちなみに棋士は、結果を知っていることも多く、たとえば僕は先日のNHK杯決勝を、結果を知っている状態で観ていました。
それでも、十分に面白かったです。
ただ、たまにファンの方に聞くとやっぱり結果を知らずに観たいという方が多いようなので、それならばできる限りはそう配慮すべきではないかということで、自分の意見はいまも変わっていません。

ついでにもうひとつ、これもだいぶ前に書いたのを思い出したので最後に。
「それでは感想戦の途中ですが・・」で終わる様式美は、いまだに好きになれません。
対局中は同時進行で解説しているのでそのまま流すのが自然、しかし感想戦は編集かあるいは解説を入れたほうが、ポイントが分かりやすく良いものに仕上がるように思います。
対局者としても、なるべく時間内にちょうど急所の場面を収めたいと思っても、なかなか思った通りにはいかないですし、観る側からすると、難解で内容が分からないことが多いので。
長年の疑問と希望です。

珍形

昨日の中継は、3局とも中盤が長く、濃厚な将棋ばかりでした。
すべて最後は双方1分将棋の大熱戦。
やはり、不思議と連鎖するのでしょうか?

相居飛車の出だしとは思えない、面白い局面が相次いで出現していたのでご紹介。
竜王戦の中座ー村山戦は相掛かりの出だしから、飛車の美濃囲い。

この局面はさすがに先手がつらいのかと僕は思いましたが、感想戦コメントを見る限り、むしろ後手が大変だったのでしょうか。
ちょっと意外な感想でした。

王位リーグの阿部ー阿久津戦は、横歩取りの出だしで8筋に駒柱が。


昔では考えられなかった光景という気がします。
ただ、最近の横歩取りは後手が2筋に飛車を転換して居飛車vs振り飛車の「対抗形」のような将棋になることが多いので、いまはそこまでの違和感はありません。
人間の感覚というのはつくづく不思議なものだと思います。

いずれも、あと取り上げなかった北浜ー畠山戦(竜王戦)も大熱戦でした。
全棋譜は将棋連盟ライブ中継でご覧ください。

ところでこの阿部ー阿久津戦、いま書いたように横歩取りなのですが、仮に出だしを知らなかったら、どう見えるでしょうか。
いまの自分であれば、正しく「横歩取りだな」と判断できるような気がします。
ただ、10年ぐらい前の自分なら、どう判断するかはわかりません。
それだけ、(上記のような)判断の材料を身につけたということになります。

おりしも、ちょうど山口女流1級(妹弟子です)が、面白い連載を始めていました。
チャンク式将棋ドリル

この図でいうと、たぶん2~3筋の駒の配置を「チャンク」として見て、「ああ、これは普通の振り飛車ではなくて、横歩取りから△2四飛と転回したのだな」と思うのではないかと。

飛車と玉の配置だけ見ると対抗形の将棋なのですが、それにしては2三の銀や3七の金が、あまり見ない配置です。

こういう感覚というのは、今後も変わっていくのかどうか?
興味深く思っています。

盤外の話。
昨日は夜、師匠と東京駅で食事してきました。
実は、このたび「東京将棋記者会賞」を受賞されて、東京の式典に出席されていたのでした。
おめでとうございます。
師匠と東京で会える機会はなかなかないので、お会いできてよかったです。

その数日前には大阪でも式典に出席されていたようです。
写真には谷川先生も写っておられて、師匠に聞いたらすっかりお元気そうだったとのことで、良かったです。
自分ももうしばらくしたらまた、式典とかには参加できるときにはさせていただこうと思います。

連勝

藤井四段、止まりませんね。
ただ勝つだけでなく、内容が目に見えて本物なので、すごいです。
勝っても、負けても、対局するだけでニュースになる状態が、できつつある気がします。
連勝自体はいつか止まるはずですが、その後、どうなっていくか。
14歳でこんなに強いというのは本当に驚きです。

昨日は竜王戦が5局と王位リーグが1局で、メンバーも豪華でしたが、終盤は差がついた将棋が多かったですね。
そういう日もあります。
不思議なぐらい、熱戦というのは重なる(伝染?連鎖?)ものという感覚を僕は持っていて、同じ日や期間にやっている対局が、大熱戦ぞろいということがよくある気がします。
皆さんはどう感じておられるでしょうか?

佐藤会長は相変わらず就任以来の負けなしで、昨日で11連勝だとか。すごすぎます。
もうどこまでもついていくしかないですね。
昨日の将棋は、▲1五角と中空に放った手が見事でした。

ちなみに、いまカープが10連勝、会長が11連勝、藤井四段が12連勝らしいです。
自分も、このぐらい気持ちよく勝てたら良いのですが。
何はともあれ、きたるべき次の対局に向けて、勉強するしかないですね。

今日で熊本地震から1年。早いものです。
復興に祈りを捧げたいと思います。

すこし短いですが本日はこのあたりで。

銀冠穴熊と自陣飛車

昨日は公式戦が2局だけと、少ない日。
一昨日や今日、明日はたくさんあるので、偶然と思われます。
将棋界の場合、月曜日は対局が少なくなることが多く、週末と合わせて、中継局に苦慮するケースがままあります。
これは土日にどうしてもイベントや教室等が多く、月曜日の対局を好まない棋士が多いからのようです。

また、順位戦の一斉対局がないこの季節は、全体の対局数も少なくなる傾向にあります。
しかしそうかと思いきや、今日の中継は実に豪華ですね。
本当は分散したほうが何かと良いのですが、なかなか難しいのが実情です。

閑話休題。(これなら合ってますかね?)
昨日の中継局、山本三段ー阿部六段戦より。
棋譜コメントのちょっとした補足をします。

この局面は2三の地点が急所です。
そこに目をつけて▲4三成銀がうまそうな手。△同金なら▲2三桂の一手詰めだし、△2三金なら▲3二金と攻めれば優勢でしょう。
しかし▲4三成銀にはおそらく△2三飛!が用意の切り返し。
以下▲3二成銀△同飛を進むと

うむ、完成。
見たことない形だけど猛烈に堅い。

この場面を見ていて、先日のNHK杯の解説で佐藤康光九段が「最近の将棋は自陣飛車を見ることが増えた気がする」というようなことを言っておられたのを、思い出しました。

というわけで、実戦はそれを察知して▲4五金が手厚い攻め。
この▲4五〇⇒▲3四〇と居飛車陣の歩を削る手は、対抗形では特に急所になりやすいので、覚えておかれると良いと思います。

さてこの将棋の序盤、以前は見なかった指し方で、コンピュータが好むのだとか。
ただ、実は銀冠穴熊は、ずーっと昔、僕も得意にしていて、最近たまに見るので懐かしく感じています。
奨励会の級の頃か、もしかしたら奨励会に入る前だったかもしれません。
角筋を止めないのがセールスポイントなのはその頃と変わってないようなので、子供の頃の自分も先見の明があったのかもしれない?

当時は▲7八銀と引いて、▲6五歩と角をぶつける対策が多かったように記憶しています。
(※四間飛車の場合。この将棋は三間飛車なのでちょっと意味合いが違います)

居飛車の銀が6二なのは、▲4五桂が両取りにならないように気をつけているためです。
たぶん、現代の4四角・5三銀のほうが、得な意味合いがあるのでしょう。

最近ある若手棋士のtwitterで、この戦型の本を書いているらしいつぶやきを見たので、楽しみにしています。
藤井システムが登場したときには生まれてもいなかったような世代の若い棋士が、角道を止める昔ながらの振り飛車への新たな対策を考えているというのは、実に興味深いことだと思います。

もう1局の遠山ー青嶋戦は、編集長の快勝でした。

最近、「遠山さんの序盤に注目している」という棋士は多い
(将棋世界最新号)

らしいので、僕も勉強してみることにします。

それではまた

 

名局とは

昨日の羽生ー糸谷戦、渡辺ー佐々木戦の2局は、いずれもさすがトップ棋士と思える、ミスらしいミスのない好局だったように思いました。
前者は角換わり、後者は矢倉で、いずれも定跡形ではなく、しかしこれまでの経験は生かせそうな形。
歩の手筋が特に多かった印象で、まさに「盤に並べたい名局」といった趣でした。

そう、かつては名局は盤に並べ返して堪能するものでした。
いまはすこし、変わってきているかもしれません。
ただ、「良い手は指先が記憶している」のは、今も昔も、変わらないと僕は思っています。
自分は棋譜並べはもっとも好きな勉強法、というよりもはや習慣のレベルです。
対局を仕事としながらも、本質的には「観る将棋ファン」なのでしょう。
この楽しさを、多くの人と共有したいといつも思っています。

 

数日前、弟弟子の糸谷君の連続ツイートが目を引いたので、一部引用します。
(元データは@kansaishogi

あくまで私見ですが、こういった見地からは「名局」は生物です。鮮度が落ちても干物として食べられますが、やはり美味しいのは刺身ではないかと思います。

補足しますと、干物は干物でまた刺身とは違った味わいがあり、むしろ干物にしたことにより味わい深くなる魚もあると思っております。ただ、刺身は今しか食べられない可能性もあるということです。

哲学者の文章なので簡単に解釈するというわけにはいかないですが、やはりリアルタイムに勝るものはなし、といったところでしょうか。
加えて、多くの鑑賞者の目に触れることが、名局をいっそう名局たらしめるという側面も、あるように思います。
ぜひ多くの皆様に将棋観戦を楽しんでいただきたいですね。

 

ところで、将棋連盟ライブ中継のサービスが始まるとき、毎日やっていることが、必ず大きな価値になる。
という話がありました。
おかげさまでいまは、ほぼ毎日リアルタイムで、複数局が中継されています。
当時の理念は確実に実現できていると感じます。

自分も、できる限り毎日、こうやって将棋の話を書いていくつもりなので、読んでいただけたら嬉しいです。
縁あって一度訪れた方には、その後はとりあえず一日1回、チェックしていただければ。
ちなみにいま、基礎ユーザー数(という表現で良いのかどうか?)は、だいたい1000人ぐらいではないかと思われます。
この数字がプロとして多いのか少ないのかは、よくわかりません。
続けることで、この数字が増えていってくれたら、それもまた一つの将棋普及の形だと思うので、とりあえず倍を目標に頑張ってみます。

 

コンピュータが強くなったいま、我々棋士の役割が、おのずと変化していくのは、当然のことです。
指し手の解説に関しても、正しい手を示すためだけならば、棋士はもはや適任でないのかもしれません。

ただ、たとえば冒頭のような簡単な感想を述べることも、コンピュータには難しいと思います。
また、たとえ最善手を導くことはできても、ある指し手を見たときに、どう感じたか、とかおそらくこういう読み筋で指したのだろう、とかは、コンピュータにとっては表現できない部分です。
そういう人間ならではの役割を大事にしながら、やっていきたいと思っています。