記事紹介など

昨日に続いて、リンクを中心に。
最近印象に残った記事をまとめてご紹介します。

対局中にファッション思案! 佐藤名人のこだわり
スーツもいいけど和服もね! 将棋「貴族」の勝負服

NIKKEI STYLEより。
懐かしいお名前の記名記事です。

佐藤名人のインタビューや対談はこの一年ぐらいかなりの数になっていて、読んでいつも思うのは、とても自然体でマイペースだということ。
自分を自分なりに律することが大事な、棋士という職業になくてはならない要素でしょうね。

【羽生善治】テクノロジー進歩で「自分は何者か」が問われる
羽生先生の分かりやすい語り口に感心させられるのはいつものことですが、最近は特にAIと職業、という社会的な関心の高い分野について、精力的に発信を続けておられる印象です。

>単に、将棋ソフト由来の新しい戦術をまねしてもダメなんですよね。これは、話し方みたいなものだと思うんですよ。
というくだりは非常に印象的でしたし、

>確率的ということは、絶対ではないということ。でも、その精度が上がれば上がるほど、絶対正しいと人間は錯覚してしまう。
という部分の「確率的」というキーワードは、僕自身がうまく説明できないでいることの本質を、分かりやすく言われたような気持ちです。

「正しそうなもの」と「正しいもの」の違いをきちんと理解した上で、うまく使いこなす、判断することが大切な時代になってきていると思います。

将棋・藤井聡太四段、将棋ソフト最強期に胸中告白「プロ棋士の存在が問われる時代」
上の記事とどことなく似たタイトルになっていることを、「奇しくも」と表現すべきではないでしょうね。
まだ中学生なのにすごい、とも思いますし、プロ棋士であれば当然、とも思います。

僕自身もプロ棋士になれたときからずっと、あるべき姿、存在意義というものについて考えてきましたし、考え続けています。
そうせざるを得ないという意味もあるし、すべきであるという意味もあると思います。

観て面白い将棋と、勝つ(=正しい?)将棋の間には、常にギャップがあると同時に、決して両立しないというものでもないはずです。
藤井四段の将棋は観ていて面白い、華がある、だからいっそう応援してもらえる。
実はそれも、大記録が生まれた理由の一つなのかもしれません。

藤井聡太四段、毎日帰宅したら新聞熟読
朝日新聞の記事です。
僕自身も彼の歳の頃はかなりの新聞少年(?)だったので、よくわかります。
AIだけでなく、BIの話にまで広がっているのは大したものですね。

ZOOM UP!(さぽナビ)
こちらは佐々木勇気六段。
>将棋の神様から託されたものがある
というのは印象的なフレーズです。

どことなく、他のトップ棋士と重なり合う部分があって、しかししっかりと個性もあって。
そのバランスが良い棋士は、もちろん盤上でも活躍もしていますし、こういうインタビュー記事を読んでもやっぱり言葉に力があるなと思います。

上へ上へ挑戦と観察 カロリーナ・ステチェンスカ 女流1級
毎日新聞の記事です。
最近熱心に記録を取っていることが書かれていますね。
一生懸命勉強して、まだまだ強くなってもらいたい。

 

今日も紹介だけでかなりの分量になってしまいました。
明日は将棋の話も書きたいと思います。

今日は土曜日ですが叡王戦、JT杯(無料中継)、マイナビと3棋戦4局の中継があります。
また夜はアド街に千駄ヶ谷が取り上げられるとか。

そして今夜からアニメ・3月のライオンの第2シリーズが放映開始です。

タイトル戦関連イベント

今日はお知らせなどを中心に。
秋になるとニュースやイベントが多く、告知が追いつかないのはここ数年の傾向のような気がします。

王座戦は第4局で決着したため、第5局が予定されていた10/17に、日経本社でイベントが行われます。
王座戦イベント情報(自戦解説)

新王座の「会心の譜」は、やっぱり決勝点の第4局なんですかね。
もつれにもつれて最後は投了が敗着?の第1局から、徐々に手数が短くなっていって、どの将棋もそれぞれに印象深いシリーズでした。

竜王戦は第1局が来週、東京・渋谷で開幕を迎えます。
前夜祭に加えて、封じ手開封時等の観戦や、イベント参加等、いろいろなプランが用意されているようですね。
竜王戦プレミアム 特別観戦&交流プログラム

本物を観る機会は貴重ですので、ぜひ多くの方に参加していただきたいですし、これからもこういう試みが多くあってほしいと願っています。
なお、竜王戦はその後の予定を見ると、わりと新しい対局地が多い印象です。

まだだいぶ先の話題ですが、A級順位戦の最終局「将棋界の一番長い日」、今期は再び静岡市で行われるようです。
静岡市のリリースで知りました。
詳細などが固まったら連盟HPにも上がると思うので、そのときにリンクを貼ろうと思います。

第7期リコー杯女流王座戦五番勝負 対局者およびスケジュールについて
女流王座戦は今月末から開幕し、高知・大阪・静岡と転戦します。
他のタイトル戦でもそうですが、各地で対局が行われて、それに合わせてイベントが開催されることは、将棋普及という観点からも、とてもありがたいことと思います。

明日は女流王将戦の第1局。
こちらは毎年恒例で、都城で対局とイベントが行われます。
第39期霧島酒造杯女流王将戦 第一局都城大会イベント情報
対局は後日囲碁将棋chで放映されます。

タイトル戦とは関連はないですが、今日は大阪で谷川先生の会があるそうですね。
谷川九段と将棋を楽しむ会
棋士会や東竜門・西遊棋も相変わらず精力的に活動していますし、特にこの時期、イベントが多くなっています。
ご都合の許す限り参加されて、将棋の秋を満喫してください。

 

その他のニュース。

ジャポニカ学習帳『日本の伝統文化シリーズ』第5弾、『将棋』発売
ひとことで言って、とても嬉しいことです。
伝統文化として、相撲や歌舞伎と並んで、というのがまた良いですね。

新設 級位認定状
10級より下を新設したとのことです。
覚えて間もない方で、進級や卒業など、区切りのときに記念にといった感じでしょうか。

連盟HPのリンクを貼っているだけでけっこうな分量になりました。
今日はひとまずこのあたりで。

新王座

昨日の王座戦第4局、挑戦者が快勝で新王座に。
研究の深さに加えて、激しい変化に少考で飛び込んでいく勝負度胸に感服しました。
終盤、優勢と見られた局面での△7一歩にはびっくりしましたが、おそらくこれも妙手だったのでしょう。

中村新王座は自分よりすこし後輩に当たる世代で、タイトル戦経験は同世代の他の棋士より先行していただけに、さぞ喜びもひとしおだと思います。
衆目の一致する人格者のタイトル獲得は、将棋界にとっても喜ばしいことで、彼はきっと未来の会長候補でしょう。
関西の糸谷君らとともに、これからの将棋界を引っ張って行ってほしいと願っています。
この対照的な二人が同学年で、一緒に三段リーグを抜けたというのはなんだか象徴的な出来事のように、以前から感じていました。

菅井王位に続く新タイトルホルダーの誕生ということで、他に藤井四段の連勝記録もあり、2017年は棋史に大きく残る年になったように思います。
また戦術的にもこれほどの変化を感じた年は、いままでなかったような気がします。
将棋のメディア露出も目に見えて増え、将棋ファンも増加の一途です。
本当に、素晴らしい限りです。

 

その他の話題。

王将リーグ、豊島八段の矢倉を作っておいて自ら崩す戦略が目を引きました。
あんな指し方があるんですねえ。
ソフトの影響はあるのだと思いますが、どちらかと言うと読みの深さ・終盤の強さで勝ち続けている印象があります。
最近よく目にも耳にしますが、トップ棋士にあれだけ勝っていて、タイトルに手が届いていないのは不思議ですね。
今年度で見ても、藤井四段と同じかそれ以上の勢いを感じます。

A級は広瀬八段の勝ち。
渡辺竜王は、ずいぶん不出来な将棋だったように見えました。
羽生棋聖との竜王戦はどういう展開になるでしょうか。

今日の中継は、昨日に続いてA級が1局と、C2の後半分、それと叡王戦。

勝ち

昨日の対局は、序盤から苦しくしてしまいましたが、中盤でうまく粘ることができて逆転勝ち。
△6四桂から反撃に転じたあたりでは(82手目)、難しくなった気がしました。

どのあたりで好転したのか指しているときは分かりませんでしたが、直前の▲3二飛が△1五角の呼び水になったので、▲5四歩△同金▲5二飛の手順が良かった、という結論になりました。
読みにない手をたくさん指摘されて、面白い感想戦でした。
また改めて、検証しておきたいと思います。

順位戦は連敗スタートでどうなることかと思いましたが、巻き返して1つ勝ち越しに。
3-2もしくは2-3での折り返しはこれで7年連続です。
後半戦は例によって文字通り「順位戦」になりますが、一つでも多く勝てるように頑張ります。
上を目指すためにも、ひとつでも順位を上げて、来期はスタートダッシュを心掛けたいものです。

また年度成績も、これでようやく一つ勝ち越しになりました。
この調子で、次の対局も頑張ります。

 

一昨日の叡王戦四段戦は、3局ともそれぞれに見ごたえのある好局で、結果藤井四段が勝ち抜け。
終盤の強さが光りました。
この四段予選は「棋戦優勝」にはカウントされませんが、他の段位や棋戦とは違って、「四段の中で一番」を決める趣が強いので、超大型新人としての格を示す一つの実績ということになると思います。
いっときに比べると報道は落ち着いている印象ですが、この調子で勝ち続ければ、また社会的な注目を集める日も近いかもしれません。

そういえば昨日のC1では、AbemaTVで宮田ー佐々木戦が生放送されていました。
順位戦の中盤の単なる1局にも関わらず、と考えるとかなり異例のことと思いますが、昇級争いの大一番ということに加えて、佐々木六段にフォーカスしていこうということなのだと思います。
次代を担う若手棋士にこういう形で光が当たるのは本当に良いことだと思うので、藤井四段以外にもたくさんの棋士に、注目が集まってほしいですね。

 

今日は王座戦第4局。
舞台は横浜、戦型は角換わり。
いま観に行ってみたところ、とんでもなく激しいことになってますね。
(44手目△4五銀まで)
これでバランスが取れているのかどうか?
あるいは中村六段の研究が決まっているのかどうか。

その他の中継ではA級が1局、王将リーグが2局など、トップ棋士多数の豪華な一日です。

今日対局

いつものように、予約投稿です。

前の対局のあと、翌日はいろいろと用事をこなす日。
その次の日が仕事で、3連休はギャモンの大会だったのでけっこう予定が埋まっていたのですが、実はギャモンは早めに負けてしまい、昨日は予定がポッカリと空きました。
対局のことを考えると、結果的にほど良いスケジュールになったと言えるかもしれません。

バックギャモンのタイトルは、次の盤聖戦以降にお預けです。
出場を続けていればチャンスはあるはずなので、次は良い出目に期待したいと思います。

今日はC1順位戦の一斉対局日。
名人戦棋譜速報でご覧ください。

ブログで図面を紹介するようになってしばらく経ちますが、やはり全棋譜を観てもらえる機会は非常にありがたいです。
良い将棋が指せるよう、頑張ります。