7/16 宮田七段戦

今期、叡王戦1回戦は宮田七段との対戦でした。
叡王戦は全局公式サイトで棋譜を見ることができますので、画像もこちらから拝借しました。

初手▲7八飛に対して、相手の作戦は1筋の位を確保してからの右四間。
こちらは穴熊を目指していましたが仕掛けのプレッシャーに対してタイミングをつかめず。どうもこういう駆け引きが下手です。
30手目ぐらいからはずっと、端の関係が互角でどうか、という感じの作戦負けでストレスのたまる序盤戦になってしまいました。

それから進むこと30手、「端が互角でどうかという形勢」に変化はなく、苦しい局面が続いています。
ここで△6五歩なら銀を逃げずに▲7五歩が狙いの勝負手で、話がややこしくなるんですが当然ながらそんな甘い手は来ないとしたものです。
実戦は△4五歩が良いタイミングの開門で、▲同金に△6四金で進軍が止まらなくなり、形勢がはっきりしてしまいました。

△4五歩に対して第一感は▲7七桂だったのですが、そこで△4四銀とされて苦しいと読みました。
後で試しにその局面をソフトにかけてみると、▲7二歩とか、▲5九歩?とか、▲5八歩??とか、いろいろと訳の分からない手を示してくれて、これには感心。

つまり形勢が苦しいんですが、苦しいときに自然に指していてもしょうがないので、こういう何かひねり出した感のある手を、指したいところなのです。
この将棋は一局を通じてそういう気持ちのこもった手が一手も指せず、覇気のない将棋になってしまい悔いが残りました。

ロシアに

行ってきます。

海外旅行にはそこそこの頻度で行ってるんですが、ビザの必要な国に行くのは初めてのことです。
台風を避けるため、昨日は夕方には成田に移動しておきました。
何事もなく飛んでくれれば良いのですが。

ということで今日からしばらくは予約投稿になっています。
明日からは最近の対局の振り返りを入れてありますので、引き続きご覧ください。

では!

新四段、女流六冠など

昨日は三段リーグ最終日。
1枠はすでに決まっている状況で、もう1枠に自力だった弟弟子の石川君が滑り込みました。
新四段誕生のお知らせ

前期のことがあり、昨日も1局目を負けてしまったようで、さぞプレッシャーもかかり、喜びも一入だったことでしょう。おめでとう。
さっそく師匠にお祝いの電話をしたら、さぞ喜んでおられました。
来春の祝賀会も盛大に行われることと思います。

 

最近の公式戦の話題。

竜王戦の挑決最終第3局は、豊島名人の勝ち。強かったですね。
87手目の▲4四香は誰でも打ち込みますが、その後91手目▲4四金、97手目▲4四銀とゴツく行ったのが、案外気づきにくい攻めだったのではないかと思います。

令和初の竜王戦七番勝負はこれで竜王名人対決となり、まさに最高峰の戦いになりました。
また十番勝負のほうはこれで片方が終わり、明日から王位戦第6局です。

同日のC2は中田功ー佐々木大戦と、伊藤真ー矢倉戦が面白い将棋でした。
コーヤン流は三間飛車が有名ですが、中飛車でも余人には真似できないさばきを見せてくれることが多いと思います。

最後に昨日の清麗戦は、里見さんが勝って史上初の清麗、そして女流六冠に。
タイトル戦と公式戦の対局が続いていますが、最近はちょっと女流棋士相手に負ける姿が想像がつきにくい感じになってきました。

史上初の六冠、というニュースバリューはタイトル数自体が増えていることもあり過去との比較が難しく、全タイトル戦への連続出場や全冠制覇の記録がなるかどうかが今後の注目です。
最近のタイトル戦の将棋を観ている限りでは七冠の可能性はかなりありそうで、他の女流棋士の意地に期待したいところです。

負け

昨日の対局は、後手番で中飛車左穴熊。
中盤で機敏に動かれて、以下は目立ったチャンスが来ることなく敗戦。
時間の面でも終始押されていて、全体的に苦しめの将棋でした。
感想戦でいくつか読みの突っ込みを欠いたところが判明したものの、調べてみるとこうすれば良かったとまではいかず、うまく指されて完敗の一局だったと思います。

スタジオでの対局は、雰囲気としてはNHK杯よりは銀河戦に近い感じがしました。なんとなくですが。
対局中、一度トイレに行って戻ってくるとき、扉が開かなくて焦りました。
スタッフの方がすぐ気づいてくれて、開けてもらえたので事なきを得たのですが、時間ギリギリのタイミングとかでなくて良かったです。
放映にバタバタと音が入ってしまったかもしれず、ご迷惑をおかけしました。

事前に下見はさせていただいていたのですが、その部分をリハーサルしておかないといけないとは気がつきませんでした。
いや、普通の人にはありえないことかもしれないのですが、なにせ不器用なもので。。。

このトラブル(?)を除けば、いつもと変わりなく指すことができました。
今回は残念でしたが、今後また機会があれば今度は良いところをお見せできるよう頑張りたいと思います。

今夜対局

19時から、朝日杯の対局があります。
このパターンはたぶん初めてで、対局場も初めてのスタジオということで、いつもとは違った感じになりそうです。

これは前期から、アベマTVで朝日杯が放映されるようになり、今期から木・金は「朝日杯の日」としてスタジオで対局が行われるようになったものです。
毎週木曜日と金曜日は’朝日杯の日’

初めてのことで、それまでの時間をどう過ごすのが最善か分からないのですが、今朝はゆっくり起きて、これからゆるりと棋譜並べ、14時からは相手の決まる対局を観戦する予定です。
あとはいつ、何を食べて夜戦に備えるか、なかなか悩ましいところですね。

テレビ放映の他に、モバイル中継もしていただけるようです。
良い将棋を観ていただけるよう、頑張ります。