豪腕

昨日のA級順位戦、途中はさすがに会長苦しそうと思っていたのですが、あれを広瀬八段相手に勝ってしまうのですね。何という豪腕。
なんであの玉がまとまってしまうのか分からない。時代がだいぶ会長に追いついてきているのでしょうか。
最近の相居飛車の将棋はああやって玉を囲わないことが増えてきているので、どうも見ていて形勢判断を誤ってしまうことが多いです。

朝日杯最後の1枠は永瀬二冠。こちらは弟弟子と兄弟子が豪腕通じずという感じで、吹っ飛ばされてしまいました。最後の飛車切りはきれいな決め手でしたね。
ベスト4は自分から見ると全員年下で、まあこれぐらいは珍しくもないですが同世代の阿久津八段がダントツの最年長で、あとは平成生まれが3人、うち1人は2000年代と。
有楽町は今年も大いに盛り上がりそうです。

今日は若手中心に5棋戦5局、と何気なく思っていたのですがよく見ると中心とかいう次元ではなく、対局者10人全員年下でしかも大半が平成生まれでした。
及川君が最年長のようで、さすがにここまで若いのは珍しいような。
持ち時間がバラバラなので、一日中ずっと楽しめそうです。

では今日はこのへんで。

始動

昨日の朝日杯、藤井七段がまた神業を見せてくれました。

1局目の将棋は一方的に1分将棋で相手は穴熊、となれば実戦的にはかなり勝ちづらい展開、2局目も中盤先攻されたあたりでは苦しそうに見えたのですが、どちらも気がついたら形勢をリードしていました。
なんでああなるのかが分からない。

これで名古屋から有楽町へ、おそらく公開対局ならではの雰囲気もあるはずで、3連覇の可能性はかなり高そうです。
朝日杯は今日も渡辺三冠らが登場しベスト4最後の1枠が決まります。

女流名人戦は、残念ながら差がついた内容でした。どうやら今回も里見さんの壁は厚そうです。
消極的になってしまうと差は開く一方なので、妹弟子には戦う姿勢を大切に、なんとか食らいついてほしいです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

病気やらなんやらですっかりお休みモードが続いていましたが、さすがに今週からは再始動、将棋の勉強も本格的に再開したいと思います。

12月~1月にかけては竜王戦・棋王戦・王将戦が新たに始まるので、例年この時期は1~2回戦がついて対局が多い季節なのですが、今年は相手や組み合わせの都合でなんとどの棋戦も対局がつかず、次の対局はまた順位戦で確定しました。
1・2月の順位戦の間に対局がつかないのは、たぶん棋士になって初めてではないかと思います。その分2~3月が少し忙しくなりそうです。

結果的にちょうど良いと言えばちょうど良いので、次の順位戦の想を練りつつ、徐々に緊張感のある日々を取り戻していきたいなと思っています。
それとそろそろ次の執筆の準備もしていきたいですね。

朝日杯とか

正月早々に体調を崩してからというもの、対局も挟んで、よく眠れる日が続いています。だいたい1日10時間ぐらい。
それ自体はまあ、悪いことでもないのでしょうけど、あまりに一日が短いのも考えものなので、そろそろ生活のリズムを整えていかなくてはと思っているところです。

朝日杯本戦でトップ棋士同士の熱戦が連日続いています。昨日の豊島ー深浦戦はすごかったですね。
並の人なら何回終わっていたか、というような内容で、強い人の将棋は終わりそうで終わらないものだと改めて思いました。
今日は4人中3人が関西所属の若手というブロック。11時すぎ現在、2局とも形勢に大きな差はないように見えますがこの先どうなるか。

それと今日から女流名人戦が開幕、第1局は箱根です。
対局場の岡田美術館には、いずれ行きたいと思っているのですがなかなか機会がなく、今年こそはと思っています。
戦型は相振り飛車。現在までのところ先手がやや消極的な感じに見えますが、あるいは谷口さんの作戦なのかもしれません。

挑戦者が一つ勝てば、番勝負としては面白くなるでしょう。二つ勝てば、大いに盛り上がるでしょう。妹弟子の健闘を期待しています。

来場御礼

昨日のイベント、お越しいただいた皆さまにはどうもありがとうございました。
アットホームな雰囲気、というか場所が普通の部屋そのもので、「距離が近い」とかよく言いますけど本当に近く、ああいう感じとは知りませんでした。
飲みながら話すのは、大好きです(笑)
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

棋楽ではまた明日もイベントがあるみたいで、今月は特に多いですね。
(企画や運営は大変なので)「もうやらない」とか言っておられましたが(笑)たぶんこの先もいろんな展開がありそうで、楽しみです。

この土日は朝日杯の名古屋公開対局。すっかり恒例になってきました。
藤井七段にとってはホームで、移動も東京・大阪で指すのに比べて短く済むので好都合かもしれませんね。
今年はそれに金・月を加えて4日連続の一斉対局でいきなりベスト4を決めるようです。

それと昨日は西山さんがまたお見事でした。ああいう振り飛車を指したいですね。
三段上位なので当然といえば当然とは言え、プロに勝つのが普通の光景になってきて、ただ三段リーグはそうなってからが特にしんどいので、どうなるか。注目しています。

昨日の順位戦と今日のイベント

昨日のC2順位戦、注目の桐山ー高見戦は高見七段が勝って昇級まであと1勝。
昇級決定とは行かなかったもののただ一人全勝を守り、マジック1はほぼ当確でしょう。

同時に桐山先生の引退が決まりました。
最近の順位戦の将棋を観ていると、どうして白星に恵まれないのか不思議な感じに見えていて、昨日もそんな感じでした。
ベテランの先生が有望な若手相手に夜遅くまで頑張る姿には心打たれるものがあります。
自分自身も順位戦・竜王戦と長い持ち時間の将棋で教わりました。
本当に長い間お疲れ様でした。

その他では井出ー中座戦の終盤戦が面白かったです。やはり玉頭戦は将棋の華ですね。
終局時間を見ると夕休以降わりとばらけていて、一つ一つを追う上では観戦しやすい一日でした。

今日は前にも告知した棋楽のイベントがあります。
ぜひ足をお運びください。西荻窪の駅前で18時半~です。


昨日は自分が記録を取った将棋を盤に並べ返して、往時を思い出す作業。これはなかなか楽しいもので、思えば貴重な場面にたくさん立ち会わせていただいたものですね。
深夜3時の本気の感想戦や、週3で羽生先生にお会いしたことなども思い出しました。
お越しくださる皆様方には、どうぞお楽しみに。