12/19 北島七段戦

昨日の将棋は、序盤から積極的に仕掛けた結果、会心の戸辺攻めが決まりました。
先手中飛車らしい、勢いのある将棋が指せて良かったです。
またしても対局前に書き落としてしまったのですが、モバイル中継もありましたので棋譜はそちらをご覧ください。

終盤は△1四玉の早逃げ(62手目)が粘りのある一手で、見えてなかったので焦りました。
あのあたりは振り飛車の勝ちパターンに入っており、点数的にも差がついているものの一手間違えるとすぐおかしくなる、という感じの形勢で、そこですこし時間が残っていたのが幸いしました。

今月は大事な竜王戦の1回戦を負けてしまったものの、その後は3連勝で今期初めて貯金らしい貯金ができました。
最近はまずまず納得のいく将棋が指せていると思うので、今後もこの調子で頑張っていきたいです。

あと、Abema中継で初めて勝てました。
ABEMA TIMES
これから巻き返していければと思います。

不二家のお菓子は、持ち帰らせていただきました。
どうもありがとうございました。
次も置いてあると思うと、嬉しいですね。

今夜対局

今日は19時から、Abemaスタジオで北島七段と叡王戦の対局です。
年内の表に出ている対局はこれで最後になります。

普段とは違った条件設定で、また最近持ち時間の長い対局が続いていたのでうまく調整できているか不安もあるのですが、良い将棋を観ていただけるよう、全力を尽くしたいと思います。

とりあえず夕方までは詰将棋と、あとは10時・14時からの対局もすこし観戦させていただいて、雰囲気をつかんでおきたいと思います。

12/15 宮本五段戦

少し更新が遅くなりましたが、一昨日の順位戦は、相手の三間飛車に4五歩急戦の将棋になり、熱戦の末勝ち。
序盤は令和風の指し方のつもりだったのに、気がついたらどうも昭和風になってしまっていて、やはりこれが世代というものでしょうか。

形勢が良くなってからの時間が長く、大変なところもありましたがなんとか着地することができて良かったです。
終盤の▲9五馬は、前々からの予定ではなくたまたま良い手が落ちていたという感じでした。

これで順位戦は5-2、指し分け以上を確定させて年を越せるのは久々だと思います。
残り3戦も星が伸ばせるよう、全力を尽くしたいと思います。

半年ぶりの大阪でしたが見たところ街の様子はそれほど変わるところはなく、ひとまず幸いなことでした。
冬が深まるにつれてまた徐々に感染者数が増えてきて、大変な状況になってきています。

いっぽう自分自身の体調としては例年にないぐらい良いので、やはり対策の効果はあるのかなと実感もしているところです。
この先も寒さや乾燥への対策をしっかりして、心身の変化に気を配りつつ日々を平穏に過ごしたいと思います。

大阪遠征

明日は順位戦で宮本五段と、久々の関西対局。
今日は午後から大阪に向かいます。

コロナ禍で大変な時期なので、とにかく慎重な移動・行動を心がけたいと思います。
社会がすべての動きを止める、というわけにはいかないと思いますが、人の接触を減らすことは不可欠な情勢ですね。

今週は順位戦の対局が多くあるようで、いつものように名人戦棋譜速報で観戦・応援のほどよろしくお願いします。

オンライン指導対局、先日は4人の方にご参加いただきました。
どうもありがとうございました。
次回はまた2週間後の12/26(土)に設定しておきました。
興味のある方はぜひお気軽にお申込み・お問い合わせください。

リーグ入り 12/7 谷合四段戦

棋士生活17年目にして初めて王位リーグに入ることができました。嬉しいです。
twitter等でお祝いのメッセージをたくさんいただきました。どうもありがとうございました。

昨日の将棋は、モバイル中継の解説にもあった通り、終盤80手目の△1七桂が偶然ピッタリの一手で、勝ちになったと思いました。
後で調べてみるとその手前から優勢だったようですが、対局中は直前の▲3八金の受けが読めておらず、大変と感じていました。

また中盤46手目△4五同歩のあたりは、自信のない流れと感じていたので、後で解説を読んで興味深く思いました。
対局中の心理と、後で棋譜を見返してみて考えるのと、第三者目線で見るのとでは違って見えることが多いです。

45手目▲4五歩では▲6六角~▲7七飛、次の47手目▲5五歩では▲3三角成△同桂▲6六角といった手を読んでいたので、あのあたりは長考続きになりました。
いずれも難しいところなので、しっかり時間をかけるだけの価値があり、良い長考だったと思います。

30代後半に入ってからの数年は、持ち時間4時間の王位戦と棋王戦では比較的良い内容・結果を残せることが増えてきており、若手の頃はそうでなかったので、意外な感じがしています。
自分でははっきりとした理由は分かりませんが、相性のようなものもあるのかもしれません。

あと今期に関しては、振り駒で後手番が続く中で、結果を残せたことは大きな自信になりました。
成績に関わらず5局指せることが確定しているリーグ戦は、順位戦を除けば自分にとって初めてのことで、とても楽しみです。
精いっぱい頑張りたいと思います。