今週の注目局など

しばらく中継の話題を書いていませんでした。

月曜日の王座戦第1局は、千日手指し直しの末に永瀬叡王の勝ち。
開幕局・先手番での中盤の千日手に、残り時間のリードを活かして競り勝った指し直し、いずれも実に「らしい」内容だったように思います。
両者の戦型選択も興味深いところで、いろんなことを考えたんだろうなと、こちらもいろんなことを想像しながら観戦しました。

火曜日のC1、この日は自分の対局がほぼ最後で、昨日の夕方と今朝も合わせてようやく目を通しました。
平藤ー高崎戦、大駒を次々に切っての寄せが見事でした。
他にも島ー及川戦や森下ー石井戦など、終盤の一気の寄せが参考になる将棋が多い一日でした。

C1は4局終わって4-0が5人、0-4が7人で、これほど星が割れたのは過去にないぐらい珍しいことのような気がします。
1-2vs0-3の5局で全局前者が勝ったようで、珍しい波にたまたま自分も乗れた一日だったのかもしれませんね。

同日、叡王戦では藤井システムが炸裂していたようで。
深夜のタイムラインはその話題で持ち切りで、さすがにすごいものだと思いました。
いま書いている本にも藤井システムのことは当然書いています。書き足さないといけないかもしれません。

昨日はA級が大熱戦、という言葉では足りないぐらいの超大熱戦でした。
これぞA級の将棋でした。

今日は竜王戦の挑戦者が決まる日です。見逃せません。

勝ち

昨日の対局は、後手番でゴキゲン中飛車。
超速に対し、序盤はやってみたかった作戦。
中盤は苦しくなるも、相手に一手ミスが出てからは、すこし分がある感じの難解な終盤戦が続きました。
最後ははっきり負けにしてしまったのち、相手の時間切迫に助けられての逆転勝ちでした。

終盤はお互いにいくつかミスがあり、満足のいく内容とはいきませんでしたが、熱戦になって競り勝てたことは良かったです。
若い頃は、こういう内容で拾うことがたまにあり、そのたまに、が大きかったものですが最近は逆のことが多くなっていたので、久々の感覚でした。
公式戦で勝つこと自体もかなり久々だったので、ホッとしました。

また昨日の白星で通算300勝となりました。
棋士になったときは、こんなにかかるとは思っていなかったですし、最近でも昨年度の目標にしていたぐらいなので、そこから半年も遅れてしまったのは不甲斐ないことです。
ただ、節目は嬉しいことなので、喜びたいと思います。

終局後は0時すぎまで感想戦をやって、すこしゆっくりしてから連盟を出たら、終電が途中までしかないのをうっかりしていてタクシー帰りになってしまいました。
集中してるんだか、ボーっと生きてるんだかよく分からない一日でした。

またあさってすぐ対局があるので、そちらも頑張りたいと思います。

今日は対局

順位戦で門倉五段との対戦です。
名人戦棋譜速報

門倉君とは書道部の世話役を引き継いでもらうなど日頃から交流があり、公式戦でも何度か当たっていますが順位戦では初めてです。
先日のヤマダ杯優勝はお見事でした。

僕のほうはかなり久々の対局で実戦不足が心配なところですが、そのぶん新鮮な気持ちを大切に、良い将棋が指せるよう頑張りたいと思います。

文化検定

昨日の王将戦は藤井七段の完勝。
3時すぎに様子を観に行ったら、角と馬がお互いに取れる状況で別の手が指されたところで、びっくりしていたらそこから数手で終わってまたびっくりしました。
初のリーグ入りでタイトル戦初登場に近づき、世間は気が早いですが当然ながらまだ先は長いです。

第5回将棋文化検定申し込み期間を延長!
テストはたぶん得意なほうだと思いますが、いままで機会がなく今年初めて受験できることになったので、楽しみにしています。
皆さまから見ると、ちょっと勉強して棋士に勝つチャンス、ではないかと思いますよ。
ということでご参加をお待ちしています。

今日は王座戦五番勝負が開幕。
斎藤王座vs.永瀬叡王 将棋王座戦五番勝負が9月2日開幕

叡王戦に続き、自分から見て一回り下の俊英同士のカードになりました。
また、勝ったほうは新規定で八段昇段も懸かった勝負ですね。
たしか前にも書きましたが対照的な将棋観や棋風を持った二人だと思うので、そのぶつかり合いが楽しみです。

他にもカレー屋の息子vsラーメン屋の息子の対決でもあり、電王戦FINALに共に出場して勝ち星を挙げた2人という共通点もあり、いろいろと話題は尽きませんね。

9月

早いもので今年も残り3分の1ほどになりました。
今年は(特にここ最近は)本の仕事に時間を割いていることが多く、単調な毎日でブログに書くようなことは少ないながらもそれなりに充実しているかなと思います。
成績はいまひとつなので、秋からはなんとか巻き返していきたいです。

将棋ウォーズの指導はこの土日が最後で、結局45局ほど指したみたいです。
ご来場の皆さま、また日頃よりご愛顧いただいている方々に御礼申し上げます。

今回、自分としては
・初手は一服置いてから指す
・1秒指しはしない
・上手から開戦しない
・端は必ず受ける
・突かれた歩はなるべく取る
・時間では優位に立たない
等々は心がけて、なるべく普段の実力を発揮していただけるようにと思ったのですが、結果としては(平手を除いても)わりと厳しい指導になってしまったようで、ちょっと申し訳なかったです。

ただ、終盤で競った将棋はけっこう多かったです。
時間制限は基本的には下手にとってのみ厳しいので、普段の指導対局と比べると一段上の手合で挑戦されるのが良いかと思います。
たぶん今月以降もいろんな棋士が登場してこの企画は続くと思うので、またぜひ挑戦してみてください。

今日は日曜日ですが注目の谷川ー藤井戦がありますね。楽しみです。