挨拶と握手

昨日たまたまtwitterで見かけたんですが、対局後に対戦相手と握手を交わすシーンが、放映されたんでしょうか?
未確認なのですが、今日はその情報を見て思い出した話を。

将棋には3つの挨拶があります、と我々プロはよく学校などで教えています。
「おねがいします」「まけました」「ありがとうございました」です。
このうち「まけました」は将棋に特有のもので、「自分で負けを認める」競技は他にはないとよく言われます。
幼少期の将棋の経験が、その後の成長に役立つと言われるゆえんでもあります。

いっぽう「ありがとうございました」は多くの競技にあります。
ボードゲームではきちんと声に出すことも多いと思いますし、スポーツなどでも、試合終了後に「礼」をするのが一般的でしょう。
これは相手への敬意を示す、という精神文化の顕れだと思います。

「ありがとうございました」を英語にすると、当然ながら「thank you」です。
将棋がこの先もっとグローバルな競技になったら、終了時の挨拶は「ありがとうございました」ではなく「thank you」になるかもしれません。

では「おねがいします」はどうかと考えると、やはり一礼したり、なんらかの声を掛け合うことがボードゲームでは多いように思いますが、これに当たる外国語はたぶん存在しません。
僕が趣味としているバックギャモンでは、代わりに「good match」(良い試合を)と声を掛け合うのが一般的です。
これはこれで良いと思いますが、「お願いします」という独特の言い回しは、日本的でとても良いもので、これからも残したい、あるいは広めていきたい精神文化であると思っています。

代わりに、日本には存在しない習慣もあって、これが冒頭の「握手」です。
欧米など日本以外の多くの国では、ゲームの終了時に相手と握手を交わすことが一般的で、開始時にも交わすことがよくあります。
また敗れた側が「thank you」と言いながら握手を求めることが、試合終了の合図になったりもします。
僕はバックギャモンでしか知りませんが、おそらくチェスとか、他のゲームも同じではないかと思います。
これはこれで良い習慣だと思うので、多くの将棋勢にも、知ってもらいたいなと以前から思っていました。

将来、将棋がshogiになったら、駒を片付けたあとにshake handsで対局を終えることが、一般的になるかもしれません。
それはそれで、面白い未来ではないでしょうか。

B1とC2 妙手の多い一日

昨日はC2の後半戦があり、これでA級を除いて全クラスすべての2回戦が終了。
日を同じくしてB1は他クラスに先駆けて早くも3回戦。
先月もまったく同じようなことがありましたね。

3局進むとだんだんと星が割れてくるので、リーグ戦の展開も見えてきます。
若きタイトルホルダー・永瀬叡王の3連敗は意外ですが、将棋の内容はどれも大熱戦で、さすがにこのクラスは大変だということでしょう。
昨日の最終盤、▲2九歩は今朝見て感動しました。
1分将棋の中、斎藤王座が冷静に対処して逆転にはつながらなかったですが、こういうソフトが評価できない渾身の一手は、書き留めておく価値があります。

1日20局もあると、すべてをリアルタイムで観るのは大変だし効率も悪くなるので、その他もB1を中心に観戦。
谷川先生の▲9五角は見事な一手でした。
終盤がすべて一本の線でつながっているような、ああいう将棋が「光速流」と呼ばれファンを魅了してきた所以なのだと思います。

阿久津ー屋敷戦の最終手、▲7二銀も次の一手のような妙手。
伝説の▲5二銀ともちょっと雰囲気が似ています。
一度はああいう手をやってみたいものですね。

C2では最後に残った石田ー黒沢戦、▲7二飛はゴツい決め手でした。
この将棋は序盤から大乱戦でセオリーの通用しない将棋とはいえ、居玉で美濃囲いを攻め倒すとは恐れ入りましたね。

というわけでいろいろあって、妙手の多い一日だったと言えそうです。
これからC2の残りの将棋にも目を通したいと思います。

竜王戦、B2ほか

昨日は今年度初めての、連盟からのお仕事で東京メトロの支部にお邪魔してきました。
僕は子どもの頃から路線図とか時刻表が好きだったので、いまになってこういう機会がいただけるとは、何だか感慨深いものがありました。
車掌さんや運転手さんなどのお仕事の話が聞けて、楽しかったです。
どうもありがとうございました。

指導のほうは、かなり久々だったこともあってちょっと感覚が鈍っている気がしました。
やっぱり何事も日頃の慣れと訓練なのでしょうね。
最近は指導に出かけるときは楽しんでいただけるよう、いくつか素材を準備していくのですが、まずは手が見えないといけないのは当然なので、改善したいと思いました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日はB2順位戦でしたが、飲んで帰ってきたので軽く棋譜一覧で眺める程度にしました。
最後に残った中川ー中村戦はすごい将棋でしたね。
終わったら寝よう、と思ったもののその気配がなく、途中であきらめましたがそれから1時間ぐらいやってたみたいです。いやはや。

今朝起きてから、その将棋も含めてすべて目を通しました。
他では振り飛車党同士の相居飛車、鈴木ー佐々木戦が面白かったです。
全体的に戦型がかなりバラけていた印象で、多士済々のクラスならではかもしれません。力戦も多かったですね。

それと名局の呼び声高い竜王戦本戦の久保ー藤井戦。
これは帰京後に見たのですがリアルタイムで観るべきでしたね。見逃したのは仕方ないとはいえ痛恨です。
佐藤ー木村戦も面白い将棋でした。
今期の竜王戦本戦は特に熱戦、好局続きの印象で、この後も期待が高まりますね。

では今日はこのへんで。

棋聖戦 名局と感想戦

昨日は棋聖戦第4局。
夕方からはリアルタイムでじっくり観戦していました。
終盤の面白い将棋で、特に最終盤の△7九金(102手目)は多くの解説や棋譜コメント等でも触れられている通り、非常に気づきづらい妙手でした。

実はちょうどそのとき、たまたまニコ生の「評価値放送」なるものを見ていました。
正直言ってこれまであまり興味はなくて、初めて見たのですがこれはこれで面白いですね。
なるほど新しい将棋の楽しみ方だなと思いました。

そのときソフトの読み筋は△7九金に対して▲7七玉や▲8八金で銀を見捨てる手を示していて、評価値は大差。
自分には最初△7九金に▲5八銀打(本譜の▲7八銀打と意味は同じ)で寄せが分からなかったのですが、その後の手順を見て納得。金銀の両替に重要な意味があったのですね。

少ない残り時間の中で、この寄せを正確に読み切った渡辺さんはさすがでした。

あとそのすこし前、△3九馬に▲4九歩と埋めた手や、直後の△9八竜▲9九歩△同竜で一手と一歩を交換した手は、いずれもかなり珍しい手筋で印象に残りました。
見るからにそうだったと思いますし、その上で、見た目以上に本当にレベルの高い終盤戦だったと思います。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

その後の感想戦も放送とTSで見せていただきました。
このお二人の感想戦は見ていて特に面白いと感じます。
本局もタイトルを獲った、失ったという感じはそこまでなく、普段通り盤上の検討に没頭しているように見えました。
普通の方が内容を理解するのは難しいかもしれませんが、息遣いや、勝負の余韻、将棋の奥深さといったものは感じられるのではないかと思います。
これが家で見られるとは、本当に楽しいですしありがたい限りです。

この5番勝負は第1局が超のつく名局、大熱戦で、豊島棋聖の後手番ブレイクでスタートしましたがそこから渡辺挑戦者が3連勝でタイトル奪取。
全体としても拮抗していて、見ごたえたっぷりの素晴らしいシリーズでした。

高知から帰京

改めまして、一昨日はご視聴、またコメント等もありがとうございました。
またこうした機会を得られるよう、頑張っていきたいと思います。
リンクは先ほど追記しました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この週末はギャモンの大会と観光を兼ねて高知に出かけており、昨日の夕方、戻りました。
高知で大会が開かれるのは初めてのことで、50人くらい集まっていたのには本当にびっくりしました。盛況で何よりでした。

大会運営の苦労は将棋もギャモンもわりと同じです。
スタッフの皆さまは本当にお疲れ様でした。どうもありがとうございました。

実は高知には昨年も同じ時期に来たばかりでした。
かなり好きな観光地のひとつです。
旅行記

メジャーどころはだいたい制覇しているので、今回は「アクトランド」という空港近くの施設に初めて行ってみました。
坂本龍馬関連の展示は県内にもそれ以外にも数多いですが、ここの龍馬歴史館はあんまり知られてないのではと思います。

正直(いままで知らなかったぐらいなので)あんまり期待はしてなかったのですが、良い意味で裏切られました。ものすごくリアルな蝋人形たちが出迎えてくれて、なかなか他にはない場所かなと。
アクセスが良いので車なしでも行きやすいです。知られてないのはやや残念ですね。

大会翌日は「しんたろう号」に乗って終点まで。
この電車はわずか2両なのに途中駅で前後切り離し、その先はオープンデッキになります。ごくごく軽い乗る鉄道ファンの自分にとっては、初めて見る仕様でした。
よく晴れて、海がきれいでした。

終点の奈半利駅から、乗換案内では認識されないけどちゃんと時間通りに走っている村営バスに乗って、「モネの庭」まで。遠かったけど、こういう旅もまた良いものです。

あと、旅立つすこし前に偶然「龍馬パスポート」のことを知りました。
これを昨年、知らなかったのはまさに痛恨です。
行く人は必ず取得するべきです。どうか、マーケットルーズ(※機会損失を意味する和製ギャモン用語)することのなきように。

あとは室戸に行ってみたいのですが、いつになることか。
高知には大会が今後あればもちろんですし、そうでなくてもまた行きたいと思います。