8/28 高崎六段戦

誕生日の一局です。

戦型は相手のノーマル三間飛車に。
最近プロ間で目に見えて角道を止める振り飛車が増えています。
アマチュアの方に人気のある戦型だと思うので、これは喜ばしい傾向と言えます。

いろいろな対策がありますが本局はあえて一歩タダで取らせる指し方で、安全に居飛穴に潜る。
類型は少ないですが有力な作戦のひとつです。

本局は一局を通してうまく指せました。
図は終盤、どう勝つかという場面。


(※画像は名人戦棋譜速報より)

実はこの△6九金は軽視していました。一段金は効率が悪いので。

しかしここから▲3五角△7九銀▲7八金△7七歩成▲同桂△7六歩・・みたいな感じになるとうるさいです。
うるさい、と言うより逆転模様ですね。将棋の終盤はすぐ逆転します。

この局面では角を逃げるのではなく「△6八金と取られても自玉はZ(絶対に詰まない)」というところから読みを進めるのが、終盤のコツ、そして穴熊戦のコツです。

以上をふまえて一本▲7三歩が筋の一着。
これを△同玉には一例ですが↑の順に進めて、△7七歩成に▲9五角の技が利きます。
実戦の△7三同桂には▲4四角が攻防手。

対して普通は△6八金▲2二角成△7九銀とするしかないところですがこの局面

相変わらず先手玉はZなので▲6一銀と詰めろで迫ってこれは明快な一手勝ち。
▲4四角とラインに設置したことで、「絶対に詰めろがかからない」形にまで進化しています。これは8八金一枚の穴熊では頻出の勝ちパターン。
また▲7三歩の利かしはこの変化のときに働いています。(後手玉が狭い)

実戦は▲4四角に△1二飛▲3五角上△3四歩とイヤな粘りをされましたが、▲6一銀から寄せ切ることができました。
以下の順は
「自玉に詰めろ(一手スキ)がかからない」
→「二手スキの連続で迫る」
という思考で成り立っています。

将棋はやはり終盤が大切なので、良い着地を決められて良かったです。
順位戦は3-1での折り返し、このあとも1つでも順位を上げられるよう頑張ります。

7/31 平藤七段戦

7月3度目の順位戦、2度目の大阪遠征でした。

本局は後手番で流行の雁木を初採用。
これは振り飛車を捨てたわけではなく、9手目の▲7八玉に触発されてみたものです。
比較的前例の少ない形に進みましたが、これで得になっているのかは難しい。


(※画像は名人戦棋譜速報より)

この▲5七角(3五から)が良い手で、はっきり苦しくなりました。
次に▲3五銀~▲2四歩の棒銀が受けにくい形で、実戦は仕方なく△3四銀としたのですがこれはつらい手です。

直前に8筋の継ぎ歩で△8六歩▲8八歩の形を強要して、一歩得と8筋の拠点、どちらが大きいかという戦いに持ち込んだのですがこの大局観が悪かったようです。
(※38手目の感想戦コメントにも記載あり)
ただこういうのはやってみないと分からないこともあるので、ある程度は仕方なかったかなと思います。

数手進んで次の図。

棋譜コメントにもある通りで、この時点ではお互いの攻めの銀をさばき合った勘定なので部分的に互角のやり取りです。

しかしここで▲7六銀が好手でシビれました。
8筋の拠点を緩和するどころか、こちらの攻撃陣が目標になっています。
△4五歩と△6五歩の2手が指せれば攻めに迫力が出るのですが手が間に合っていない。

以下も手堅くまとめられて完敗の一局でした。

7/18 宮本五段戦

延期になった順位戦の1回戦です。
結果的に、七段昇段の一番にもなりました。
いろいろと忘れられない一日になったことは、対局翌日に書いた通りです。
勝ち 忘れ得ぬ一日

この将棋はプロ的には中盤がすべてで、途中からは差がついてしまったのですがそのせいもあって以降はこちらに気持ちの良い手が続きました。
(棋譜は名人戦棋譜速報でご覧いただけます)

駒の損得のほぼない互角のさばき合いで、手番はこちら、他に代償も見当たらないのですでに勝勢に近い局面。
ここで▲5七角が厳しい一手で、飛車を横に逃げると3二の銀が取れます。
しかしタテに逃げるのも▲3九香が継続手、ここで歩切れが痛い。
一歩持たれていると、まだ難しいところはありそうですが。

▲5七角以下△3三飛成▲3九香△3四銀▲3七桂(これも味良し)△1八馬と進んで次の図。

△1八馬は▲4五桂の防ぎ。
ここで▲6五歩が決め手で、まだ夕方でしたがさすがに勝ちを意識しました。
この数手はおそらくプロなら誰もが同じところに手が行くという類の手だと思うので、そこを間違いなく指せたのは良かったです。
誰でも指せる当たり前の手を、しっかり指して勝ち切ることが将棋では一番大事です。

これ以上ない内容で連勝スタートとなりました。

7/3 安用寺六段戦

今期順位戦の開幕局となった将棋です。

中盤で千日手となった場面は対局翌日のブログ(白星スタート)に載せましたので、ここでは指し直し局の図面を。なお、全棋譜は名人戦棋譜速報でご覧ください。

ちなみに↑のエントリでは「反省点も多いので」と記しているのですが振り返ってみると思ったほどではなかったかもしれません。
中盤以降、居飛穴らしい指し回しはできていたような気がします。

たとえば53手目を▲5八歩と受ける手は堅いのですが、△5四銀▲4六歩となると大駒の働きが悪くなるので、これは居飛穴を生かした指し方とは言えません。
実戦のように▲6五銀と食いちぎるほうが穴熊らしい指し方です。
ただ単に▲2四歩も有力で、こういう細かいところが難しい中盤戦でした。

その後進んで71手目▲4七桂(打)が決断の一手。

この手は一瞬飛車の横利きを止めて△5七歩成という手が可能になるのが怖いところですが、読んでみて大丈夫と判断しました。
数手進んで77手目▲4四銀のところは良くなった、のは対局翌日にも書いた通りで、さかのぼってこの局面の時点で良くなっていたと思われます。
相手としては直前の△8四桂を6四から打っておいたほうが△8八角成▲同金△6二飛のような対応がしやすく、より難しいところもあったようです。

直後の79手目▲5五桂が狙いの活用。

いずれこう使えるので▲4七桂を打った、というのは当然あります。
2二飛や3三角を取るよりも、6三金取り+2七飛の活用のほうが重要度が高い、終盤戦らしい一着です。
配置がうまく勝つようにできていました。

全然本局とは関係ないのですが、十数年前の三段リーグで、5九に打った桂が4七~5五と跳ねて勝ったということがあったのをふと思い出しました。
本局と同じで、三間飛車に居飛穴で対抗した将棋だったので、もしかしたら戦型の急所なのかもしれません。

終盤は時間がなくなってきて焦りましたが、なんとか逃げ切り。
やはり1分未満切り捨てとそうでないのとではだいぶ時間の進みが違うと思いました。

まずは良いスタートが切れました。

 

海外旅行

これからスリランカに行ってきます。
いわゆる発展途上国に行くのは初めてのことなので、ちょっとした緊張感がありますね。

帰国は10日の予定です。
その間ちょうど4日あるので、今期順位戦の振り返りを予約投稿で入れてあります。
良かったら、引き続きご覧ください。

では✋