負け

昨日の対局は、相手の初手▲7八飛に、居飛穴で対抗。
序盤はすこし工夫したつもりですがイマイチだったか。
結果としてはうまくさばかれて完敗でした。

それほど大きな悪手はなかったと思うので、後手番の難しさが出てしまった気がします。
弟弟子との初手合で楽しみな一戦だっただけに、終盤の競り合いにならなかったことは残念です。

今期は持ち時間の長い将棋はまずまずの内容が続いていると思うのですが、持ち時間の短い将棋ではこれで3棋戦連続の1回戦負けで、課題が残りました。
気を取り直して、また次頑張ります。

王座戦第1局は期待に違わぬ大熱戦でした。
大きなものが懸かっていることを強く印象づける素晴らしい終盤戦だったと思います。
中村王座が追い上げているように見えて、斎藤七段がギリギリ残しているのかな、というのが見ているときの印象でした。
感想戦コメントを読んだ限りでは、見立ては大きくはずれていなかったようで、ちょっと自信になりました。

それと昨日の台風には驚きました。
信じられないような映像をたくさん観ました。
言葉もありませんが、お見舞い申し上げます。

今日は対局

朝日杯で勝つと午後からもう1局指せるパターンです。

相手の西田四段とは初手合。
順位戦や竜王戦のクラスが違う兄弟弟子とは当たる機会は少なく(自分だけが関東所属なので)、楽しみな一戦です。

西田君は三段リーグでは苦労しましたがもともと周囲の評価は高く、四段昇段後はその期待に応える活躍をしていると思います。
早指しなので決断よく指すことを心掛けて、良い将棋にできればと思います。

今日から王座戦5番勝負開幕ですね。
中村王座vs.斎藤七段 将棋王座戦五番勝負が4日開幕 (日本経済新聞)

お互いにとって本当に大きなものが懸かった五番勝負になったのではという印象です。
名勝負に期待したいと思います。

では、行ってきます。

新四段

昨日は三段リーグ最終日でした。

新四段誕生のお知らせ(連盟HP)
最近関西勢の活躍が目立っていましたが、今期は東京から2人でした。3年ぶりのことのようですね。
本田君、山本君、おめでとう。

2人は「三段リーグで藤井聡太に土をつけた」という共通点があるそうで、やはり天才に土をつけたことでハクがついた、という面はあるのかもしれません。
調べてみたら5人中これで3人までが昇段したことになるようで、5人の中で最初に上がったのが弟弟子の西田君だったんですね。
明日の対戦がますます楽しみになりました。

山本君は師匠の小倉七段と共著を出したことで、名前を知ったというファンの方も多いのではないかと思います。

僕も読みましたが非常に面白い本でした。

 

最近プロ間では角道を止める振り飛車が、一時期に比べると目に見えて増えている印象です。
振り飛車の新たな時代が来ているかもしれません。

自分の知る限り、将棋界では基本的にアマチュアには振り飛車が人気で、プロ間では居飛車党が大勢を占めるという時代がずっと続いています。
その中にあってプロ間で振り飛車が活況を呈する時期というのはやはり見ていて面白いのではと思いますね。

たとえば最近の公式戦では、A級順位戦の稲葉ー糸谷戦が面白かったです。
(このカードは本当にいつも面白い)
その将棋はいわゆる阪田流向飛車でした。

土曜日のJT杯でも佐藤会長が(いつもながら)独創的な振り飛車を披露したら、中村王座もやや珍しい構えで対抗して、これも面白い将棋になっていました。

今日は菅井王位が藤井七段相手にどんな振り飛車を見せてくれるか注目しています。

棋士という職業

「泣き虫しょったんの奇跡」映画の公開がいよいよもうすぐで、反響が楽しみです。
僕も試写で見せていただいたのですが対局シーンへのこだわりが特に印象的でした。

撮影時の感想など。
ご本人のブログを読んでも本当に楽しそうで嬉しそうだし、素晴らしいことです。
この記念写真、いいですねえ。

瀬川さんの奨励会時代やその前後のことは、もちろん知らないわけですが編入試験のときはプロになったばかりの時分で、他人事ではなかったのでよく覚えています。
いま思い返してみてもあれはたしかに「奇跡」でした。
また自分自身、きっかけとなった銀河戦の2戦目で瀬川アマに負けていて、流れを作った一人でもありました。

当時の将棋世界の引用。
「泣き虫しょったんの奇跡」 前夜(将棋ペンクラブログ)

いま読んでみても、いろいろと考えさせられる記事になっています。
ああそうだったなあ、と思い出すことも多い。
当時の反響はもちろん大変なものでした。
また若いときにこうした大きなうねりを経験した自分にとっては、その後プロ棋士という職業について深く考えるきっかけの一つにもなりました。

“年齢制限に勝った”奇跡のプロ棋士・瀬川晶司さんが会社員を経験して気付いた、「好きなことを仕事にしろ」の本当の意味
ものすごく良い記事でしたので、ぜひ一読をオススメします。

自分の人生はなかなか面白いな

とそういえば最近僕も思いましたが、そう思えることは、とても大切なことだと思うんですよね。
棋士は誰もがそれなりに山あり谷ありで、大変なこともあるわけですがそれこそが面白さでもあります。

好きなことだけで食っていけるのか
同郷の陸上選手・為末さんのブログが面白くて、このところよく読んでいます。
この記事はたまたま時期が重なったので、関連づけて読んでしまいました。

25年という時間は自分の奨励会生活とこれまでの棋士生活を足したのと同じぐらいの長さなので、感覚的に近いところもありそうだなと思いました。
そして

最初の好きとは少し質感が違う

という感覚はよく分かる気がしました。

他にも市場というものに関しての考え方とか、参考になる点は多いです。

また「そもそも打席にも立たせてもらえないようになる」の例えで言うと将棋でも、プロ入り直後のときと比べて、キャリアを重ねると共に(レベルは上がっているはずなのに)注目されなくなって、指した将棋がメディアに露出しなくなる、という現象はしばしば起きます。
それでも淡々と努力を続けられるかどうか、はとても大切なのだと思います。

話は変わって、昨日は知人に昇段のお祝いをしていただきました。
淡々とした日々の中にあってとても嬉しい出来事で、こういうことがあるからこそ人はまた頑張れるのだと思います。
どうもありがとうございました。

ちょっと長くなって脇道にもそれましたがそういうわけで、映画の公開をお楽しみに。

夏の終わりに

数日前のこと、電王トーナメントの終了が発表されました。
歴史的な役目を終えた、とのことでこれはまさにその通りでしょうね。

立ち上げのときは本当にできるのかなと不安だったのですが、ふたを開けてみれば見事なもので、あのときはホッとすると同時にドワンゴという会社は本当にすごいなあと思ったことをよく覚えています。
いろいろなトピックがありましたが生で観ていたponanza-awake戦の最終盤は特に忘れられません。
コンピュータ将棋・電王戦の歴史にとって、いろいろな意味で本当に大きな一番でした。

また八王子将棋クラブが年内で営業終了との報。
上記とは何の脈絡もありませんがたまたまタイミングが重なったので、夏の終わりに、ちょっと寂しいなという気持ちになりました。
1977年創業とのことで、これは広島将棋センターの前年に当たります。
寂しいお知らせに接し、将棋道場という形態について改めて考えさせられました。

 

学校に行きたくないあなたへ(BLOGOS)
不登校新聞、というものがあるのはたぶん知りませんでした。

「誰かが同じような境遇にいたはずだ」と思うこと

というのはたしかに有用な思考法だと思いますし、

「10代の特典」

というのもたしかにあるような気がします。

自分自身小学校を出ていない身なので、同じ境遇の子がいたらそれでもプロ棋士になれるし東大にも行けるんだよ、ということは教えてあげたいです。

 

東京は今朝からぐっと涼しくなりました。
秋が近そうですが心配なのは新たな台風です。どうか何事もありませんように。

また今日は名古屋で西日本豪雨に関してのチャリティーイベントが行われています。
お近くの方はぜひ。