あさって対局

昨日はギャモンの名人戦準決勝でした。
予定通り面白いゲーム展開になり、5時間以上に及ぶ熱戦でしたが、最後は22-25で競り負けてしまいました。

たしか15年前と同じスコアだと思います。あと一歩、なかなか届きませんね。
最近の調子も、出目も良かっただけに無念ですが、また来期、です。
youtubeご覧いただけた方々には、どうもありがとうございました。

あさって火曜日は順位戦で村田顕弘六段と。
名人戦棋譜速報

良い将棋が指せるよう、頑張ります。

9月

8月も終わり、いよいよ今年も残り3分の1ですか。早いですね。
今日は防災の日、台風が近づいているとのことなので、気をつけておきましょう。

2020年は人類にとって歴史的な年になりそうですが、とにかくいまはコロナが小康状態なのが何よりのことです。
焦らず、すこしずつ日常が戻ってきてくれたらと思います。

最近のニュース、池江璃花子さんの復活には感動しました。
大病を克服して、再び舞台に立つことの困難さは想像を絶するものがあります。
今後のオリンピックに、あまり期待しすぎてもいけない気もしますが、頑張ってほしいです。

今週は表に出ていない対局の予定があり、土曜日にはギャモンで名人戦の準決勝があります。
将棋も、ギャモンも、それ以外のことも、引き続き頑張っていきたいと思います。

賽王戦優勝

趣味のバックギャモンの話です。

先日、第3期賽王戦で優勝しました。
これはいくつかあるタイトル戦とは違って、基本的にネット上で行う大会です。とはいえ64のトーナメントを勝ち抜いているので、過去優勝したことのある王位戦と比較しても、同じくらいには大変な道のりと言えます。

ギャモンは最近よくやっていて、プレーの調子は一進一退なんですが出目の調子はこの数か月かなり良い状態で、それがこうして大きな結果につながって本当に嬉しいです。

早いものでBMABへの挑戦を始めてから3期目(半年で1期)に入り、すこし判断力や安定感の面で向上が感じられるようになってきました。
やはり、数値目標というのは大切なのだなと思います。

名人戦も準決勝まで来ているので、そちらも頑張りたいと思います。

帰省 せず

通例であればこの週末は怪童戦の時期なのですが、今年はコロナ禍の影響で中止です。
ということで僕もStay Tokyoしています。

プロ入り以来、この時期は欠かさず帰省して、例年お盆のすこし後で味が良かったものですが、広島に帰らない夏は何年ぶりでしょうか。
よく覚えてないんですがもしかしたら出てきた年以来とかかもしれません。

第2波の感染者数増加はピークに達した?という報道もありました。
そうであればひとまず良かったなと思いますが、当面は油断できないでしょうね。
冬が心配ですが、対局が止まるような事態にならないことを願っています。

この1週間ほどで渡辺新名人誕生、里見清麗防衛、そして藤井新王位と3つのタイトル戦が相次いで決着しました。
最年少二冠・八段の報道はまたすごかったですね。なんだか別世界の出来事のようです。
藤井二冠はもう一つタイトルを取れば、つまり少なくとも持っているどちらかを防衛すれば九段なので、10代九段もかなり現実的になってきました。

延期を余儀なくされていたタイトル戦が終わり、竜王戦や王座戦は例年通りの時期に開幕の見込みのようなので、将棋界の歳時記もだいぶ元通りに近づいてきた感があります。
この様子なら今年中にはある程度のメドが立ちそうで、良かったですね。

自分の対局は銀河戦予選が決まりました。
その後、秋からは王位戦・王座戦の予選も始まるので、そこに向けてまた頑張っていきたいと思います。