視聴御礼

一昨日、昨日とご覧いただいた皆様どうもありがとうございました。
多少お聞き苦しいところもあったかと思いますが、なんとか無事終えられて良かったです。
薬が効いてくれて助かりました。

実は前に一緒に出演した貞升さんに、「龍角散ダイレクト」がよく効きますよと教えてもらっていたので、念のためにと前もって準備していました。
その時点では何事もなかったのですが、直後に突然アレルギー症状が出てしまい・・これがなかったらどうなっていたことか。本当に助かりました。
ということでしばらく彼女には足を向けて寝られません。

今回聞き手をしてもらった高浜さん、村田さん、塚田さん、それに佐々木大地君、みんなとても慣れていて、安心して話すことができました。
仕事の機会が増えているおかげと思うのですが、最近は初めて一緒に仕事をする後輩の棋士たちがみんなしっかりしていて、とても頼もしいです。

解説した将棋はいずれも中盤の長いこってりした将棋で、戦いが起きそうでなかなか起きないジリジリした展開。
とにかく難解な戦いが続きました。
勝った羽生竜王・藤井六段はやっぱりさすがという感じでした。

 

勝負どころを振り返ってみます。

一昨日の藤井ー古森戦は、中盤の92手目、△6四歩と突いた手から差がついた印象と局後に話しましたが、やはりそうだったようです。
感想戦では代えて△5五歩と打ち、▲4五歩に△4六歩(↓図)が有力と話されたとのこと。

代えて△4五同金も自然で実際に解説もしていたのですが、このタイミングでの△4六歩は気がつきにくい手です。
本譜△6四歩の直後、▲4五歩△同金と進んだ局面で少考して▲7六銀直、このやり取りに違和感ありと解説で話したのですが、それも同じ理屈で▲4五歩に△4六歩を気にしていた、となれば納得です。
藤井六段の深い読みの一端を見た気がしました。
モバイル中継のコメント欄にはこの前後、より詳しい変化手順も記されています。

昨日の羽生ー村山戦は、劣勢の村山七段が追い上げたのですが最終盤での羽生竜王の寄せが鮮やかでした。
112手目△4七銀のタダ捨てが妙手。
この手自体は見えやすいのですが、これを▲同金なら△3九飛(↓図)と打つのが真の決め手で、これで必至なのですね。

次に△2七角▲同歩△3八飛成▲2八合△2七歩成までの詰めろがかかっていて、それを受ける手(▲4八金や▲3六銀など)には△3八角と打てば受けなしに追い込めます。

解説中は先に△3八角として▲4八金なら△3九飛で必至、はすぐ見えるものの△3八角の瞬間が詰めろでないのでやや不安だなあ、と考えながら出番終了になりました。
自分に気が付かない手がもう一手出ると形勢がはっきりしそう、と話して実際その通りになったわけですが、言われてみると実に明快な必至なので自分でこの寄せに気がつけなかったのは残念でした。

また機会がありましたらよろしくお願い致します。

Abema

今日はAbemaTVに出演させていただきます。
第59期 王位戦挑戦者決定リーグ 羽生善治竜王 対 村山慈明七段

解説という意味ではニコ生やNHK杯・銀河戦などと同じなんですが、とはいえ初めての仕事で場所もいつもと違うので、すこし緊張しています。
また他のメンバーは慣れた後輩ばかりで、先輩の自分だけが初めてというシチュエーションも経験がありません。
どういう感じになるか分からないので、その場で考えながら進めていきたいと思います。

それと、羽生先生の対局を解説をするのもおそらく初めてで、恐れ多いというかなんというか。
最近は自分より後輩の棋士がタイトルホルダーの将棋を解説しているのもよく見かけますが、みんなどういう気持ちなんだろう?
これは、これから一緒に出演する佐々木大地君に聞いてみたいと思っています。

では、今日も張り切って行ってきます。

 

ニコ生

今日は久々にニコ生解説のお仕事をいただきました。

第44期棋王戦 予選 藤井聡太六段 vs 古森悠太四段
良かったら、ご覧ください。

しゃべるのは好きなので解説は楽しみですが、今日は口数抑えめで分かりやすく、を心がけて話そうと思います。

 

(フリートークのネタ帳メモ)
・雁木はイノベーション、藤井システムはインベンション
・記憶力は才能か
・将棋における危機管理
・「読み」とは何か、AIと人間の違い
・市場と民主主義と将棋ブーム
・東西の違い、将棋界編
・カレーは科学
・漢字は偉大な発明

カロリーメイト

昨日はこんなニュースリリースがありました。

バランス栄養食「カロリーメイト」が”頭脳スポーツ・将棋”を応援(将棋連盟HP)
大塚製薬さんがカロリーナとスポンサー契約を結んでくださったとのこと。
ありがたい限りです。

彼女はよく知られているように人気漫画「NARUTO」で初めてSHOGIに出会ったので、今回のアニメ化の話もとても喜んでいました。
公開が楽しみです。

特設サイト「すすめ、カロリーナ」にはすでに予告編が出ています。
なんだか壮大な物語を想起させる音楽ですね。

こちらはスポーツ報知の記事。
そういえば「カロリー」という言葉は街中やお店の中でもたまに見かけるので、最初の頃はそのつど反応していたことを思い出しました。
ちなみにカロリーナはアルファベットで書くとKarolinaで、カロリーはcalorieなんですね。たしかに似てる。

企業スポンサードの先駆者である瀬川五段のツイート。


たしかに!
でも今後は瀬川さんのような例も増えるといいなと思いますね。

皆様にはこれからもカロリーナへの応援をよろしくお願い致します。

連載とか

年度替わりということで昇段や引退、フリークラス転出等のお知らせが出る季節です。
昨日は将棋大賞の選考会も行われたようで、一般のニュースでも大きく報じられていたので驚きました。
スターへの注目はこういった形で影響するのだなあと思わされた出来事でした。

最優秀棋士賞に羽生竜王、藤井六段は特別賞と新人賞ですか。
なるほどという結論に思えますね。

名局賞特別賞の2局は、僕も将棋世界への投票で2位・3位に入れました。
ちなみに1位は名局賞に選ばれた竜王戦(第4局)の将棋もたしかに迷ったのですが、王位戦第5局に投票しました。
新戦法でタイトル獲得のインパクトは大きいと思いましたので。
2017年度は将棋界に大ニュースが多かっただけでなく、素晴らしい名局も特に多い一年でした。

それと、今年度から女流棋士になるための制度を改定するようです。
女流棋士規定変更のお知らせ
簡単に言うと現行の女流3級制度を改める、という趣旨になるかと思います。

仮資格→場合により剥奪、という制度はあまりに不安定なので改定されたことは良かったと思います。
ただそうはいってもプロ入りの制度をころころ変えるのも良くないので、大きな決断を要したことでしょう。

ここ数年、女流棋士を目指せるような強い小中学生の女の子の数は急増を続けていて、女流棋界を取り巻く環境も様変わりしています。
個人的には入口のレベルアップに見合った改革が必要(降級点制度は現状公表されていないし極めて緩いので)と以前から思っています。

 

最後にお知らせです。

日経BizGateというサイトで連載を始めました。
東大卒棋士のAI将棋脳

今後のことは未定ですがあまりに不人気でなければ月に2回程度のペースで続く見込みです。
よろしければポチったり、感想などお送りください。

先日も書きましたが自分自身、今後の棋士人生について日々考えていて、これからも棋士として生きていくことはもちろんですが同時に活動の場をどう広げていくかということはいつも頭の片隅に留めています。
その中で将棋×〇〇、ということはいつも意識していて、たとえば大学の授業であれば法的思考だったり、この連載であればビジネスだったり。

将棋界に注目が集まっているいま、全体として外の世界との組み合わせで何かを生み出す、という発想が必要と思います。
いま流行りの「イノベーション」は「いままでにあったもの同士の、いままでになかった組み合わせ」から生まれるそうですので。
僕自身は昨年度はお休みの一年でしたので、今年度は再出発の一年にしたいと思っています。

そんなわけで決意も新たに、なんですが実は昨夜から急に原因不明のアレルギーが・・・><
今週は木・金と仕事をいただいているので、なんとか明日までに治ってほしい・・切なる願いです。