本日対局

竜王戦で相手は村田顕弘五段。

順位戦以外の棋戦で関西棋士と対戦する機会は珍しく、調べてみたところ前回がたまたま同じ村田五段で銀河戦のテレビ対局、その前が杉本七段との棋王戦予選決勝でした。

本局はまだ裏街道の3回戦で先は長いですが、一局一局一生懸命頑張りたいと思います。

三たび雁木の話

昨日のJT杯、地元の広島で対局があり、結果は豊島八段の勝ち。
先日の怪童戦のとき、地元のメンバーで顔を合わせて、糸谷君が故郷に錦を飾れるか、というような話になったのですが果たせず残念でした。

それにしても雁木の流行はとどまるところを知りませんね。
ちょっと話は変わりますが、先日発売された将棋年鑑のアンケートで「今一番注目している戦型」という項目に僕は「▲4五桂ポン」と答えました。
実際、流行していたわけですがみんな警戒するようになったのか、あるいは自重するようになったのか、一時期ほどは見なくなってきた印象です。

いっぽう雁木(正確を期して「ツノ銀雁木」という呼び方もあるとか?)の流行はとうぶん続きそうな予感です。
昨日の将棋で、注目しておくべきであろう局面をひとつ。

この△8三桂打ちは「控えの桂」で、部分的には昔から習いある筋。
この形の場合、▲7六銀と受けても構わず△7五桂と跳ねて、▲同銀△7四歩で攻めが続くというのがキモになっています。
この攻めを早指しで、しかも初見で受け止めるのはかなり難しいという印象です。
本局は▲7六金と受けましたが、しばらく後の△3九角が厳しい一手になりました。

実は僕も、似た筋をまったく違う将棋で指された経験があり、そのときのことを思い出しました。

図は今年のNHK杯予選で、阿部光瑠六段に同じ△8三桂を打たれた場面。
すこし配置は違えど、雰囲気はよく似ています。
受けにくくて困ったのも同じです。

しかし実はこの将棋、出だしは雁木とはまったく違って、もとは相居飛車ですらなく、中飛車でした。
角交換のあと、すこし古風な組み方をしてくるなと思っていたら、いつの間にか右玉風、そして現代風の局面になっていてびっくり。
これが「古い革袋に新しい酒を入れる」の好例でしょうか。

この将棋は自分としてはそんなに出来の悪い将棋ではなかったものの、うまく指されて完敗。
序盤は特に、局面を広い視点をとらえておくことが大切と思いました。

「この形の必須手筋」のようなものは、どんな戦型にも必ずあって、出始めの戦型だとこうやって未知の手筋や眠っていたはずの手筋が顔を出すことがよくあります。
やがてそれは先駆者たちの英知と努力にとって、セオリーであったり、あるいは定跡に進化していきます。

今日紹介した手筋は、もちろんプロ同士だと簡単には決まらないないと思いますが、アマ強豪の方は、押さえておけば大会でけっこう勝てるのではと思います。

クイズ

クイズ番組が好きで、子どもの頃からよく観ています。
当時は平成教育委員会、マジカル頭脳パワー、ショーバイショーバイとかをよく観ていました。懐かしい。
最近はたまの特集だけとはいえ、当時から続いている平成教育委員会の長寿番組ぶりはすごいですね。

大学に入ってからは家にテレビがなかったりして、すっかりご無沙汰していましたが昨年Qさまに出していただいてから、ブームが再燃しています。
最近はQさまのほかにミラクル9と世界ふしぎ発見は必ず毎回観ていて、他にもよく観ている番組がいくつかあります。

で、前回のミラクル9を観ていたら、次回は「将棋ナイン」だと知ってびっくり。
1年前ぐらいから、いまなら将棋ナイン行けるんじゃん?と思って期待していたら、本当に実現してしまいました。

僕も出たかったなー。
というのはさておき、これも将棋ブームのなせるわざでしょうね。
昨年のQさまは、緊張はしたけどとても楽しかったですし、こういう棋士がいるということで、多少なりとも将棋界のアピールにもなったのではないかと。
普段とまったく違う環境で、違う頭を使うというのは良いものです。

ところで、クイズ番組を観ていると、自分のよく知っていること、得意なこととそうでないことが分かるというのも面白いです。
意外なことを知っていたり、もちろんその逆もあったり。
ただ昔から特に苦手だなあと思っていることは、だいたいこの年になってもやっぱり変わりませんね。
上位常連の方々はなんでもできるのがすごいです。

あと人気番組というのはやっぱり、総じて問題が良いんですよね。
ああいうのもたぶんプロの作家、出題者がいるのだと思うのですが、何の世界でもプロはすごいものだなと感心して観ています。

ということで今日は将棋を離れて趣味の話でした。

続・最近のニュースなど

通常営業に戻ったはずですが、公式戦の中継がないこともあって、ブログもなんとなく夏休みモードです。
軽めに、毎日更新だけは続けようと思います。

今日の東京は久々に晴れていて暑い一日。
今年は雨が多い代わりに涼しい日が多く、過ごしやすいですね。
こんな夏は東京に出てきてから初めてな気がします。
夏になる前は猛暑の心配をしてた気がするんですが、どうしたんでしょう。

今日のモバイル中継は藤井四段のデビュー戦、あの有名な加藤九段との一戦を「初心者向け解説」で。
いろいろな試みは見ていて嬉しい限りです。
画面の小さな若葉マークがかわいい。

第30回全国高等学校将棋竜王戦 速報
女子選手が3位に入っていて目を引きました。
おそらく初の快挙ではないでしょうか。
女子のレベルアップが目に見える形で表れたということではないかと思います。

ところで、ちょっと視点はずれますが最近新女流棋士はかなりのペースで増えていて、その大半は10代です。
つまりそれだけ実力のある中学生・高校生女子が増え続けているということです。
あまりにも増えすぎないようにすべきではないかとの声も内部では時折耳にするのですが、強い子がプロを志し、そしてプロとして活躍するのは自然なことなので、基本的にはこの流れを止めるべきではないでしょう。
制度がどうあるべきか、全体としてどの程度の数が妥当かというのはまた別の問題です。

日本将棋連盟会長「いい環境設定が若い才能を伸ばす」強くなる棋士の条件を語る
佐藤会長と、早野龍吾さんの対談記事です。

この中に「体験として覚えていることが多い」という一文があるのですがこれはすごくよくわかります。
単に記憶力が良いというのとは違って、思考と記憶が非常に強く結びついている、そんなイメージです。

自分が手を指す時に、自分なりの論理に裏付けをして着手をしますので、その記憶はけっこう残っていますね。自分でこう考えたからこう指したのだという記憶は残っているので、それを辿っていくとかなり覚えていて、再現もできるということですね。

僕自身も、単純な(脈絡のない)記憶はものすごく苦手で、そういうのが得意な人というのはまたちょっと違った脳を持っているのだろうと思っています。

ただ実はこの数年の大きな変化として、将棋界は以前に比べて記憶力が重要になってきた印象があります。
あくまで相対的な意味で、かつてはその場の思考力がより重要だったのが、記憶力に重点が移りつつあるという意味です。
これは自分にとっては大変困ったことなので、どう対応するか、ということを日々考えています。

この記事は3本目で、まだ続きもあるようなのでそちらも楽しみです。

ここ数日

過去何回かブログでも取り上げている通り、首都大学で「将棋で学ぶ法的思考・文書作成」という授業を開講しています。
筋道を立てた、論理的な思考法を養ってもらうことと、その考えたことを文章にする力を身につけてもらうのが狙いで、授業の最後は実際に指導対局をして、そこで考えたことをレポートにしてもらいます。

昨日は木村草太先生と、中村太地君と講師3人で集まって、レポートの採点合わせ。
学期の合間のこの時期に、今後の打ち合わせなども兼ねて集まるのが恒例になっています。
来年もおそらく開講できる見込みです。

大学の授業といえば、東大をはじめいくつかの大学でも将棋の授業が行われているのですが、お隣の囲碁界に比べるとだいぶ数も少なく、また広報面でも遅れを取っているのが実情です。
そもそも将棋のほうが制度上プロ棋士の数もかなり少ないので、教えに行ける絶対数が少ないのはやむを得ない面もあります。
ただその中でできる限り力を入れて取り組んでいるのも事実なので、まずはそういう取り組みがあるということをもっと知ってもらうこと、そして東大で数年間続けてきたノウハウを、他の大学へ広げていく努力が大切だと思います。

と、実はこれも何度か書いている話。
なかなか実現しませんが、将棋界にとって大切なことだと思うので、自分自身が教えに行くだけでなく、こうやって発信を続けていきたいと思います。

 

昨日のA級順位戦は、羽生三冠の手厚い指し回しが印象的な一局。
7六の銀がちょっと目を離したスキに4五に瞬間移動していたのはびっくりしました。

今日は公式戦の対局がないのですね。
昨日も書きましたが奨励会の関係だと思われます。
モバイル中継には「棋士人生、この一局」という新コーナーが誕生していました。
森王位誕生は、僕も将棋を覚えて強くなりだした頃だったのでよく覚えていて、「体で覚えた将棋を教えてやる」の名言はいまだに印象に残っています。

 

日付戻って一昨日の水曜日は夜、先輩棋士にごちそうになりながら、いろいろなことを教わっていました。
今日は別の先輩棋士とVSで、気がつけば今週は平日毎日予定があり。
普通の人から見たら当たり前すぎることでも、自分にとっては久々で、珍しいことでした。
家にいても暇で困るようなことはないつもりですが、やはり用事があるほうが、ハリが出てくるのも事実です。
あまりのんびりしすぎないようにして、あとは穏やかに過ごしていても頭の中では将棋のことを考えているように、していたいものと思います。