負け

昨日の対局は、後手番で藤井システム。
これで3連投になりましたが、指していて面白い戦型で、近年あまり見られなくなっているのは不思議な気もします。

ただ本局は悪くないワカレを得たはずがその後が難しく、残念ながら空中分解してしまいました。
中盤の▲8七金~~▲7八玉がうまい受けで気が付いておらず、この後自分の力では攻め切れませんでした。

終盤はこちらの玉がやけにピッタリ詰みで、これは勝ち運がなかったというより負けやすい作りにしてしまっていたのだと思います。
中盤の精度に課題が残りました。

しばらく対局がつく見込みがなく、おそらく次は来月の順位戦になる見込みです。
今期はまずまずの内容が続いていると思うのですが、今月は手痛い連敗を喫してしまいました。

来月は仕事モードに入りつつ、自分の将棋を見つめ直して後半戦も一つでも多く勝てるように頑張ります。

あれこれと

昨日は女流棋士について書いたら、ちょうどマイナビ本戦で小野アマが登場してたのですね。
小野さんは、実力的にはプロと遜色ない、というか中位以上だと思いますがあえてプロの道を選ばなかった一人です。

そういう人が多数を占めるようだと、考えないといけないと思いますが実際は当然ながら(?)少数派です。
もちろんそういう人生も一局だし、自分で選んでそうしているところが素晴らしいと思います。
そもそも強ければ必ずプロを目指す、という競技のほうが珍しいでしょうからね。

昨日の将棋は、タイトル挑戦を控えた谷口さんを終盤の大逆転で破っていました。
途中詰みもあったようで、ハプニングというのは続くものなのかなあと思ったり。

NHK杯は今泉さんが登場。
こちらは、プロの道を志すこと三度という人ですから本当に、いろいろな将棋人生があります。
振り飛車銀冠の快勝譜だったようで、いろんな意味でアマチュアのファンに勇気を与える一局になったのではと思います。

夜のテレビ番組では、子どもの頃の羽生さんに勝ったけどプロを目指さなかった、という人物が出ていたそうです。
番組は見ていないのですが過去に聞いたことのないエピソードだったので、まだそういう話があるものなんだなあと不思議に思いました。

JT杯では羽生ー渡辺のゴールデンカードがあり、渡辺棋王が勝って決勝進出。
最近10戦が9-1と偏っていたというのは棋譜コメントで初めて知りました。
全体ではほぼ五分五分なのでこれからも良い勝負が続くのでしょうね。
昨日の将棋も角換わりの最新形から大技連発で、非常に面白い将棋でさすがと思いました。

一日戻って加古川青流戦は、大橋四段が2局目も勝ってストレートで優勝。
ヤマダとの若手棋戦2冠は大きな実績です。多くの新手を結果につなげているところが素晴らしいですね。

では今日はこのあたりで。

女性プロとか

昨日は久々に屋外(テント)でのイベントでした。
ご来場いただいた皆様には、どうもありがとうございました。
天気が良くて、とても気持ちの良い一日でした。

住宅展示場、ということで帰りがけに最新の窓についての解説を受けてきました。
当たり前かもしれませんが、いろいろな技術が進化しているのですね。

明けて今日は職団戦、参加される皆様の健闘を祈念しています。

日経にこんな記事が出ていました。
将棋、女性「プロ」なるか
最近はかなりの頻度でこうした記事を見かける気がします。
王座戦五番勝負が佳境の中、ありがたいことです。

この話題はやはり関心も高いようで、僕自身もファンの方にお会いすると本当によく聞かれます。
あくまで主観ですが「史上初」の冠が期待されることは、やはり多少のハンデも伴う気がします。
ただその代わり得られるもののほうが大きいとも思います。

奨励会に女性がもうすこし増えると自然と可能性が高まり、一人、二人と誕生すればいずれは話題にもならなくなることではあるでしょう。
大きな視点で言えば時間の問題と思っていますが、最初の一人になるというのは本当に大変なことです。
そして当人にしてみれば女性云々より自分自身の問題であってそれ以上でも以下でもない、ということも忘れてはいけないところです。

記事中「30代以上の」というくくりが出てくるのですがまさに自分の世代がちょうど境目で、奨励会同期に女性が3人同時に入って、その後自分たちが棋士になった頃から女流棋士の数も急速に増えてきました。
自分たちの世代のすこし上とすこし下では、潜在意識の部分が大きく変わった印象で、それが何より大きな変化と感じます。

「職業、女流棋士」


奨励会の話も出てきます。
彼女に初めて会ったのはたしか奨励会を退会した頃だったので、特にそれ以前の話は初めて知ることばかりでした。
他にも予想以上にいろいろなことが書かれていて、興味深く読みました。

昨日仕事が一緒で、すこしだけ話を聞いたんですがずいぶん苦労して書いたそうで、まあそれはそうでしょう。
20代半ばで自伝的なことを書くというのはどんな気分なのか、なかなか想像つかないものがあります。
それが10代から知っている後輩となると、なおさら。

自分自身も、いつかはこうしたことにもチャレンジしてみたいですね。

住宅展示場でイベント

今日はこれからこちらのイベントに行ってきます。
(三鷹)「しょうぎであそぼう」~プロ棋士から学ぶこども将棋教室~(連盟HP)

ハウジングプラザ、という場所にはいままでたぶん行ったことがなくて、どんな感じか分からないので楽しみです。
こちらにチラシのpdfデータもありましたので置いておきます。

けっこういろいろなイベントをやっているものなんですね。
お近くの方は良かったら遊びにいらしてください。

昨日は加古川青流戦の第1局が指され、大橋四段の先勝。
後手番での勝利なので大きそうです。
今日の第2局で梶浦四段が巻き返せるか。1-1になった場合は午後から第3局です。

また昨日は女流王将戦もあり、里見さんの防衛。
相変わらず淡々と強い、そんな印象です。

子供将棋スクール受講者を対象とした科学的データから見る、将棋を指すことの着目点(連盟HP)
こんな研究をしているとは知りませんでしたが、なるほど。
脳の能力とか認知能力との関係はありそうな感じがしますが、「バランス能力」に着目したというのは斬新と思います。
今後の続報にも期待したいですね。

では、お仕事行ってきます。