最近の将棋とか

昨日の竜王戦準決勝、久保ー松尾戦はすごい死闘でした。
お昼頃連盟に寄ったらすでに戦いが始まっていて、すこし居飛車(松尾八段)ペースかな、といった局面。
モバイル中継にもそのように解説してから帰宅。
その後も延々と居飛車良しの局面が続いていたはずですが、決め手を与えない粘り、しかし逆転させない指し回し。
見ごたえのある一局でした。

その前日のリコー杯、西山ー千葉戦もこれと似たような展開でした。
この将棋は最後に一失あって西山さんの逆転勝ち。
これもまた、将棋の醍醐味です。
この将棋は途中で金4枚がテトリスのブロックの形になったり、うち3枚は残ったまま玉が単騎で脱出したりと、なかなかの珍局でした。

金でテトリスのブロックができた例は、どれがあってどれがないんですかね?
延べ棒(横に4枚)は見たことがあったと思うのですが、さすがにタテはないかな。
調べてみたら面白いかもしれません。

 

今日は王座戦の挑戦者決定戦。
9時開始になったのは知りませんでした。
戦型は相穴熊に進んでいます。
この大一番に、先手番での採用には青嶋五段の自信を感じました。

他、中継局はA級順位戦、叡王戦、それにリコー杯。
リコー杯は妹弟子と弟子の初手合なので、注目しています。

 

昨日出演したワイドスクランブルで(他にスポーツ紙などでも)、こないだの対局のとき藤井四段が座る場所を間違えた?と紹介されていましたが、あれは部屋の向きが普通と違ったので、戸惑ったのかなと。
もちろん上座に向かったというわけではなく、単にどっちがどっちか分からなかったのでしょうね。

あの向きならば画面の左側に広いスペース(たしか「御入側」と言ったかと)から撮れば、対局を真横から撮影できるので、報道陣がたくさん入れるという配慮だったのでしょう。
たしか4Fで対局したときも、同様の措置を取っていました。

あと藤井四段が最年少タイトルホルダーになる可能性について聞かれて、チャンスが「30回以上」ある、と言ってしまったのは僕の間違いで、正しくは2020年末までなので(棋戦が増えなければ)7×3=21回ですね。
30回以上というのは10代のうちに、と勘違いでした。
お詫びして訂正します。(論旨は変わりません)

 

最後に新番組のお知らせ。
AbemaTV 魂の七番勝負

9月より放送開始とのこと。
世代対抗戦というのは、他の世界でも盛り上がるコンテンツの一つだと思いますが、将棋においては特に、強調されやすい構図のように思います。
放映をとても楽しみにしています。

ドラマ、映画、報道番組。それと王位戦

昨日の対局についてはまた改めて。

最近、本当にメディアの話題が多いです。
いろんな媒体で、いろんな角度で、将棋が取り上げられるようになりました。

もともと、将棋界の話題や、対局の中継のことだけでも毎日更新するネタには事欠かないなと思っていました。
最近はどれをどう取り上げるか、日々迷うぐらいです。

 

「将棋めし」という漫画が、連ドラになるそうですね。
やはり食事というのは、人気コンテンツで、かつ映像化しやすいということなのだと思います。
実は「孤独のグルメ」もよく見ていたので、とても楽しみにしています。

電王戦の阿久津ーAWAKE戦を題材にした映画の脚本が、賞を取ったというニュースも。
実際に映画化されるのはこれからのようなので、実現が楽しみです。

これは将棋の映画ではないですが、森下九段の息子さんが明日から公開の「君の膵臓を食べたい」で映画デビューされるとか。
ひと月ほど前に、親子そろって色紙の飾ってあるお店で食事して、その際にお聞きしました。
近々観に行こうと思っています。

 

今日は久々に(という表現は自分でもおかしいと思うのですが、何だかそんな気がしてしまいます)、テレビ朝日「ワイドスクランブル」に出演します。
藤井四段の銀河戦予選(将棋プレミアムで生放送されます)を横目に、将棋界のさまざまな記録について取り上げる予定とのことです。
良かったら、ご覧ください。

ところで、テレビ棋戦で予選の生放送は、たぶん初めてのはず。
以前から、棋譜・映像が出ないのはもったいないと思っていたので、これを機に、藤井四段以外の対局も、取り上げていただけるようになったらなと思いました。

 

王位戦第2局は、挑戦者の完勝。
誰もが強い、とうなる内容だったように思います。

ソフトの評価値、というものが出てきていよいよ振り飛車が押されているこの時代に、こういう指し方でタイトルを取ろうかという棋士が現れるのは、漫画のような展開という気がしてしまいます。
実話も実話なんですけどね。
いっぽうで羽生先生の信じられないような逆転劇も何度も見ているので、第3局以降、どう戦うのか本当に注目です。

王位戦

昨日・今日で第2局、舞台は福岡。

開始早々、また菅井七段が魅せてくれましたね。
この数か月だけで、ずいぶんと新構想を見せてくれている気がします。

まずはゴキゲン中飛車の立ち上がりからの△3二飛。
こないだの順位戦では、その出だしからの△2二同飛。
そして本局は、この戦法の先手番バージョン。

並べてみると似ている感じもありますが、どれもオリジナルですよね。
いまの時代にこの構想力はすごいの一言です。

そしてそのしばらく後の▲7七角(打ち)も、見たことのない一着でした。
なんだか序盤は升田先生、中盤は大山先生をほうふつとさせます。
現局面は形勢はいい勝負に見えますが、振り飛車ペースと言っても良さそうな気はします。

こういう振り飛車を、指せるようになりたいなと素直に思いました。
そういったモチベーションは、強くなる上で大切だと思うので、これからも、いくつになっても持ち続けたいです。

では、行ってきます。

最近の好局など

すこし前の話題になるのですが、今月のA級順位戦、久保ー行方戦の最後の詰みは本当にすごかったですね。
これが実戦で現れ、そして実際に詰まし上げるとは。さすがトッププロです。
まだの方は絶対見たほうが良いです。強くオススメしておきます。

最近出たこんな記事でも、取り上げられていました。
秒読み、極限の一手 過酷すぎる棋士のラスト60秒

僕もかつて、ごく短い間だけですが村山先生に何度か10秒将棋を教われた時期がありました。
奨励会の二段ぐらいだったはずです。
それはそれは強く、ほとんど勝てなかったことを思い出します。

他、最近の両者1分将棋の好局として、C1の阿部ー宮田戦をオススメしておきます。
相横歩取りと似たような出だしから、手将棋になり、難解な終盤戦で、何度も大技が飛び出しました。
最後の最後は、▲7四銀と王手で6五に利かしておけば、先手が勝ちだったですかね。
名人戦棋譜速報のキャプションに「両者、興奮している様子」とあって、無理からぬことと思いました。

↑でご紹介した記事に、「30秒将棋」はさらに過酷だ、ともあって、まったくその通りですね。
すこし前の記事で取り上げた三枚堂ー藤井戦も、後から見ればミスはいくつかあったみたいです。
ただし、だからと言って名局としての価値が下がることはないと思います。
過酷な条件の中で、観る人たちを熱狂させる将棋というのは、そうあるものではないですので。

日曜日の加古川青流戦の2局も、どちらも好局でした。
稲葉さんはちょっとアマチュア離れしていますね。
特に秒読みに入ってからが安定して強い印象です。

かつての瀬川さんや今泉さんに匹敵する勝ちっぷり、実力だと思いますが、プロを目指してはいないとのこと。
女流棋戦で活躍している小野さん(土曜日もマイナビの一斉予選を抜けていました)も、同様のようですね。
それがマジョリティになってしまうと困る、とも思いますが、いろんな考えのプレイヤーがいることは、将棋界にとっては良いことでしょう。
しかし、プロも負けずに技術を磨いて、頑張らなくてはいけません。

実は明日、僕も銀河戦予選の対局があります。
棋譜が出ることは基本的にないのですが、結果や対戦相手も含め、表は後日公表されることになっていますので、それまでは書きません。

良い結果になるよう、頑張りたいと思います。

池田修一先生

久々の出張から帰りました。
八戸の皆さまには温かく迎えていただき、ありがとうございました。
おかげさまで、楽しく過ごした2日間でした。

八戸といえば、池田修一先生のお名前を忘れるわけにはいきません。
長年、地元に腰を落ち着けた棋士で、大変な名士だったそうです。
以前先崎九段のエッセイで読んだ「将棋の池田と言えば分かる」の話が好きで、印象に残っています。
地元の方に聞いたら、あれはやっぱり本当の話らしいですね。すごいものです。

今回お邪魔したのはNHK八戸支局で毎年開催していただいている子ども大会でしたが、これもその当時から、ずっと続いている大会で、そういう催しが数多くあります。
運営されている世話役の方々も皆さん、池田先生のお弟子さんでいわば「同門」にあたる間柄なのだとか。
人間関係が長く続くのはプロの世界も同じですが、それ以上に強い結びつきを感じました。
これからも末永く将棋界をよろしくお願い致します。

 

現役棋士として活動しながら、東京・大阪以外の土地に住むというのは対局への影響を考えるとなかなか大変で、かくいう自分も地元(広島)への気持ちもありながら、現実にはなかなか戻ることは難しそうです。
そんな中、今年から阿部健治郎七段が地元(山形県酒田市)に帰ると聞いて、思い切った決断に感心しました。
自分より後輩で、まだ30前なのでかなりの勝負手ですが、この先の人生のことも考えた上での決断でしょう。
どうか、応援してあげてください。

棋士が地方に住むのは、普及面でのことを考えると将棋界にとっては明らかにプラスなので、連盟としても何か支援できないものかという思いは以前から持っています。
これもなかなか言うは易し、なのですがその時々で、考えていくべきことと思います。
とりわけ東北は、将棋の盛んな地域が多く(なんとなくですが寒い土地のほうが将棋人口は多い印象があります)、棋士もよく出かけているので、在住棋士がいるのは何かとメリットが大きそうです。

 

昨日は夕方の新幹線で帰ってきて、特に自分に影響はなかったのですがところどころ大雨、車窓から見える川はどこも増水していました。
秋田県など、かなり大きな被害が出た地域もあるようで、その中には以前お伺いしたところもあり、とても心配しています。
心よりお見舞いを申し上げます。

先週は九州で大雨が降ったばかりですし、自然は怖いですね。
日々の備えが大切、それと、自分自身が健康でいられるようにと思います。