将棋世界とか

今日の東京は、またも雨で寒い日。
南のほうではまた台風が発生しているとか。
災害に日頃の備えが大切ですね。

もうすぐ次号が出ようかという時期でいまさら感もありますが、今日は将棋世界の話題をすこし。
読み物系がとりわけ充実していた回でした。

いつも楽しみにしている藤井四段ドキュメント、今月は特に白眉です。
稲葉さん(稲葉八段のお兄さん)のような人物が身近にいたのもまた、藤井四段の天運を示すものと、読んでそう思いました。
そして、夢のような日々でした、と語る稲葉さんの気持ちは、僕もよく分かる気がします。

杉本師匠がこう教えた、というくだりも良いですね。
「君はうちの一門で間違いなくいちばん強くなる。先輩を追い抜いても、先輩、後輩の礼儀を決して忘れないこと」
将棋界の良い部分を、よく示してくれていると思います。

それから菅井王位誕生インタビューに、決着局の観戦記。
今泉さんの文章は、新王位との付き合いの長さと深さを感じるものでした。
この2人の関係と、先の2人の関係は、もちろん当人にしてみればまったく違うのでしょうが、ちょっと似たところも感じています。

ネット将棋が盛んになってきて以降の時代に将棋を覚えて、対戦相手に不自由することなく育ったであろう地方出身のスター棋士が、やはり子どもの頃にこうして強いアマチュアと良い出会いを経験している。
という事実は、とても象徴的なことのように僕には思えるのですよね。

棋戦の動きのページでは、王将戦の菅井ー斎藤戦が取り上げられていて、この文章も必見です。
半月ほど前にある人に稽古先で言われた「菅井さんほど強さ(結果)と面白さ(エンターテイメント)が両立した棋士は見たことがない」という一言は、いまも印象に残っています。
ゼニの取れる将棋と称されつつ、初タイトルを取った棋士は、過去にも少ないのではないでしょうか。

昨日の話とも関連しますが、この棋戦の動きのページ、週刊将棋があった頃は情報が後で重複感もあったのですが、いまは逆に、もっと取り上げてほしい将棋がたくさんあるなと思うことが多いです。
また、自分も良い将棋を指して、こういう形でも見てもらえるように努力したいと思います。

あとは雁木特集についても触れようと思ったのですが、長くなったのでまたの機会にします。
相変わらず大流行中なので、これからもいろんな棋士が指し、書き、語ることになるでしょう。

 

女流名人リーグは最終戦を待たずに、伊藤女流二段の挑戦が決まったとのこと。
里見さんとの番勝負は今期だけで女流王位、女流王将、倉敷藤花(来月から)に続いて4棋戦目ですか。
さすがにそろそろ結果がほしいところでしょうね。

今日の中継はA級順位戦など計4局。

台風一過

今日の東京は、何日ぶりかの晴れた朝。
洗濯が外に干せるのはうれしいですね。
ささいなことを幸せと感じるのは、生きていく上で大切なことだと思います。

ところで、選挙の日にあれだけ悪天候だった例は、さすがに過去にはほとんどないんでしょうね。
投票率は前回の次に低かったことと、期日前投票がいままでで一番多かった、という2つの報道を組み合わせるとおそらく、当日選挙に行った人の数は歴代最小なのではないでしょうか。

実際、当日は外出を控えたほうが良い地域も多かったと思いますし、そうなるのは自然なことかと思いました。
全国津々浦々、投票所を用意するということはその物理的な空間はもとより、立ち会う人も必要なら開票を見守る人、投票箱を運ぶ人、その他本当にいろんな役割の人が、いまの仕組みでは必要になります。
改善の余地は大いにあると思いますね。

 

こないだの出張のときの話題。

最近、将棋の内容は(中継で)観ているけれど、棋戦の進行が分からなくなった、という声を耳にしました。
週刊将棋がカバーしていた部分が、他でうまく補完できていないのかもしれません。
トーナメント表をパッと目にする機会が、減っているということ、逆に言うと情報をうまく出す余地があるのではないかと思いました。

NHK杯を見ていると、開始前にトーナメント表を司会の女流棋士が読み上げるのが恒例ですが、あれはやっぱり大切な儀式だったんだなあと、この話を聞いてふと思いました。
僕自身もよく対局の結果や予定をブログに書いているので、トーナメント表を貼るというわけにはいかなくとも、何戦の、どのあたりの対局なのかは、ある程度書くように心がけようと思います。

連盟HPでもおそらくある程度は意識していて、中継局を中心に、特に大きな対局の予定や結果はニュースとして上のほうにあがってくるとか、工夫されていると思われます。
表もそこからたどって、チェックしていただけるようになると良いなと思いました。

 

その連盟HP、今朝は将棋コラムに森師匠のインタビューが取り上げられています。
何回かに分けて掲載のようです。
ぜひご覧ください。

今日の中継は王将リーグ、王位戦予選、棋聖戦一次予選の3棋戦計6局。
若手の対局が多い中、所司ー宮田の師弟戦が目を引きます。

実は僕自身は、森師匠に将棋を指していただいたことは、一度もありません。
それはいささか残念な気持ちもありますが、師匠にはいろいろなことを教わりましたし、そういう師弟関係も、あって良いのかもしれないとも思っています。

青流戦とか

この土日は加古川青流戦の決勝三番勝負があり、弟弟子の西田四段が×○○の星で逆転優勝。
1年目での優勝は快挙ですし、これまで三段リーグで苦労してきたことが報われたようで、喜びもひとしおでしょう。

西田君はだいぶ前から三段の中では上位だったと思いますが、なかなか結果が出ないまま、多くの後輩の卒業を見送ってきました。
そんな中でもあきらめずにやってきたことが、いきなりの優勝につながったのでしょうね。
おめでとう。

それにしても、10代の藤井四段・増田四段や、20代前半の若い棋士の台頭が続く中で、25歳・年齢制限間際でプロ入りした2人が決勝を争うというのは面白いものです。
それだけ、拮抗した中で戦っているという証なんでしょう。

いっぽうでAbemaTVの企画は、ここまで若手側がトップ棋士相手に4-0だそうですね。
基本的には、若い棋士が強くて勢いがあってよく勝つのは間違いないですし、ものすごく意外な結果というわけではないですが、さすがにこの偏りはびっくりです。

若手と一口に言ってもこういう企画に声がかかる人とそうでない人が出てくるわけですが、そうでない若手も、必死に戦っているし差はそれほどにはないということを、今回の青流戦は示してくれたのではないかと思います。

 

出張2日目は大会に参加するような強い大学生が多かったので、平手中心に、時計も使いつつの多面指しを何回転か。
駒落ちの指導対局とは違った、それ相応の指し方というものがあって、序盤から終盤まで、楽しく指せたのではないかと思います。
大学将棋に出ている時期というのは、多くの人にとって将棋が一番強くなれる時期なので、これからも切磋琢磨して頑張ってください。

その後は台風の影響を考慮して、予定を前倒しして帰京。
おかげで何事もなく、無事に帰ってくることができました。
山梨の皆様にはお世話になり、ありがとうございました。

東京は雨はかなり降ったもののそれほどの被害はなく、関西方面が大変だったようです。
個人単位で浸水に事前に備えることは難しいので、もしああいう事態になったら早めに避難するしかないなとニュースを見ていて思いました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

竜王戦第1局は感想戦コメントによれば、やはり後手が十分戦える変化が多くあったところで、二択を続けて間違えてしまったと。
ただそれを差し引いても、早い終局には若干の違和感も残りました。
いっぽうで、前例のあまりない将棋で、興味深い内容でもありました。
第2局はさらなる熱戦に期待したいです。

現在地山梨

昨日、今日と久しぶりに、山梨県は甲府市の隣の笛吹市に来ています。

昨日は20局弱指して、夜は地元の方々と懇親会でした。
こちらではカロリーナがお世話になっており、僕も時々は足を運べたらと思っています。
今日も楽しく指してきたいと思います。

今回のイベントでは、急な衆院選が入り、場所等何かと大変な中でイベントをご準備いただき大変感謝しております。

さらに、台風も近づいているようで。
皆様どうぞお気をつけてお出かけください。

竜王戦は渡辺竜王が良いと見ていたら、まったく逆の展開と結果でちょっとびっくり。あとでもう一度じっくり見返してみます。

出張中ですので今日は軽めにこのあたりで。

スローペース

竜王戦第1局は相掛かりに。
予想の範囲内ではあるものの、どちらかと言うと意外な戦型。
といった印象です。

序盤早々に1時間近い長考が出るなど、かなりスローペースの立ち上がりになりました。
最近の相掛かりは定跡化されていない形が特に多いことに加えて、久々のタイトル戦での対戦、第1局、といったことも影響しているのかなと思って観ていましたが、実際のところはどうなんでしょうか。

夕方、突然の仕掛けから、数手で封じ手に。
こういうのは近年のタイトル戦では珍しいように感じています。
この戦前予想(前夜祭(4))は相当に秀逸だったのではないかと。

>羽生さんは、ちょっと私の感じなんですけど、ガンガンくるんじゃないかなと思ってるんですよね。
>今回は挑戦者ということもありますし、第1局から前向きにガンガンいくんじゃないかと。
さすが島先生です。

ところで、昨日見たのですが、ニコニコのPVで渡辺竜王が「最近の将棋の変化に自分はついていけてない」というような内容のことを話していて、びっくりしました。
竜王にしてそういう危機感はやっぱりあるんですね。
頂上決戦への思いや、ここ十年ぐらいのタイトル戦の流れに思いを馳せながら観ると、実に味わい深いPVだと思います。

今日は土曜日ですが、竜王戦(2日目)のほかに、加古川青流戦の第1局(とレセプション)、それに棋王戦のベスト4入り最後の一局も行われます。
いずれもモバイル中継あり、今日もお楽しみください。