会見とか

昨日の羽生竜王の就位式は、やはり大変な盛況だったようです。
お邪魔しようかとも思ったのですが、文字通りお客さんの通行の邪魔になってはいけないので、自重しました。

報道によれば650人もの方々が集まったとのこと。
羽生竜王「最初の気持ち忘れず前へ」…就位式(読売新聞)
主催紙の記者の方も「これほど注目される就位式も珍しいと思いますが」と質問のときに言っておられました。
まさしくその通りでしょうね。

会見の様子はニコ生で見ました。
趣旨は結局分からなかったですが、永世七冠と藤井四段が同じ壇上にそろうめったにない機会なので、報道陣からの要望が多かったということなのかなと思います。

さしもの藤井四段も、隣に羽生先生、背中にも羽生先生(の大きなパネル)がいて、さすがに緊張している様子に見えました。
冷静に考えると、まだ中学生なんですから、緊張するほうが普通です。
そんな藤井君を見守る羽生先生のほほえましい表情が、印象的でした。
あまり引っ張りだこにはしないでほしいと思いますし、むしろそのための共同会見だったのかもしれませんね。

2月の朝日杯での羽生ー藤井戦は、勝ったほうはその直後に決勝戦に臨むわけですが、終局後の会見とか、どうするんですかね。
すごい注目が集まると思うので、運営はなかなか大変そうです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

いままでは、将棋ファンの方に会ったり、将棋を知らない人に僕が将棋の棋士だと言うと「羽生さんに会ったことありますか」「指したことありますか」と聞かれることがよくありました。
それがこの1年、すっかり藤井四段になって、そのたびに彼の知名度、影響力といったものを実感しています。

ちなみに、会ったことはありますが、挨拶したことがある程度で、盤を挟んだことはありません。
今期の竜王戦は、僕も藤井四段と同じ5組にいるので、ぜひ自分が頑張って、対戦を実現させたいと思っています。

就位式とか

今日は竜王就位式が行われる日のようですね。
永世竜王の、というわけではなく、あくまで例年通りの就位式だと思われます。

ニコ生で放映されると知ってびっくりしました。
就位式の中継って初めてではないでしょうか。
参加者募集があっという間に定員に達してしまったので、そういう話になったのでしょうか?(想像ですが)

式典の前には、羽生竜王と藤井四段が会見をされるそうですが、こちらはどういう趣旨の会見なんでしょうね。
とりあえず、家で観ようと思っています。

 

昨日の中継、急遽やることになった(と思われる)女流名人戦、引退を表明された蛸島先生が見事な指し回しで勝利。
僕のtwitterタイムラインは称賛の声であふれていました。
最年長勝利記録を更新してから引退、といえばちょうど1年前の加藤先生もそうでしたね。

ところで、長生きすることは僕の大きな目標のひとつで、そうなると生きてる限り現役棋士というわけにはいかないと思う(そのつもりもない)ので、なんらかのタイミングで必ず引退することになるわけです。
まだ数十年先の話ではあると思うのですが、これぐらいかっこよく引退できたらいいなあ。と心から思いました。
これからもたゆまぬ努力が必要ですね。

 

それとtwitterで思い出しましたが、「りゅうおうのおしごと」のアニメ放映が始まったので、感想とか、関連するつぶやきが流れてくることが多いです。
なかなか斬新で刺激的なストーリーで(笑)これもまた新たな将棋ファン獲得に貢献してくれることでしょう。
関西将棋会館がとてもリアルに描かれていました。

ちなみに作者の方はアマ強豪の加藤幸男君と同級生だそうで、つまり僕とも同い年ということになるので、ちょっとした親近感もあります。
いつかお会いできるといいなと思っています。

将棋関連のアニメ、3月のライオンのほうはセカンドシーズンも中盤に入ってきました。
いじめの問題をこれだけ真正面から取り上げたアニメというのは珍しいのでしょうね。
ひなちゃんはとても強い子ですね。
これからも楽しみにしています。

 

今日の中継は3棋戦3局。
夕休のある対局がついていない火曜日というのは、ちょっと珍しい気がします。

では今日はこのあたりで。

番組出演とか

昨日の朝日杯、藤井四段が佐藤名人を破って準決勝進出。
一昨日の結果と合わせて、有楽町で羽生ー藤井の公式戦初対戦が実現することが決まりました。

このニュースをまた各メディアで大きく取り上げていただいているようで、僕も今日のお昼に「ワイドスクランブル」に出演することになりました。
予定通りならばお昼の1時前ぐらいから、テレビ朝日です。
良かったら、ご覧ください。

 

藤井四段は連勝が止まった後も、勝っても負けてもニュースになる状態がずっと続いていますが、久々に(?)大きな実績を挙げたことになります。
中学生がデビューから1年ちょっとで名人に勝って次は竜王との対戦とか、小説か漫画みたいな話でなんだか実感がないんですが、肝心の将棋の内容が堂々たる完勝なので、もう言葉もありません。
あと2勝したら本当にもう、どうなるんですかね。

結果もさることながら、とにかく将棋の内容が新人離れしているので、今後数年の間に、彼を目標とする現在や未来の若手棋士たちを中心に、将棋界全体のレベルが上がるのは間違いなさそうです。
とにかく、すごいの一言です。

自分の若い頃を思い出してみて、タイトルホルダーとの対戦は、たしか過去4回だったと思います。
実力と成績を考えたときに、これが多いほうなのか少ないほうなのかはよくわかりませんが、トップ棋士とは当たるだけでも大変なのは事実です。
まして勝つのは大変ですし、めったにない機会なので、平常心で指すのも大変です。
藤井四段の場合はいつものこととは言え、将棋も立ち居振る舞いもその後の受け答えもしっかりしていて、本当にすごい中学生です。

 

また朝日杯はこのところ、遠征しての公開対局が実現して、そこに協賛社もついたりと、本当に良い展開が続いていますね。
昨年は熊本、今年は名古屋、ときて、来年はどこだろう?と早くも楽しみです。
来年はBSやウェブだけでなく、地上波でも放映されるようになったりして。

女流名人戦はちょっと挑戦者が不出来だったようですね。
相振りは序盤のちょっとしたところで差がつきやすいので、こういうことはよくあります。
第2局の戦いぶりに期待しましょう。

今日の中継は5時間の将棋ばかり3局。
なんとなく、じっくりした将棋、重厚な戦いになりそうなカードがそろいました。

※追記
女流名人戦の蛸島ー千葉戦も中継されることになったようですね。

四間飛車

昨日の朝日杯、羽生竜王の後手番での四間飛車連投には心躍りました。
対戦相手も含め、大方の意表を突いたことでしょう。
センター試験(しけん)の日だから?という冗談を聞きましたが、さすがにそうではなく、意図があってのことなんでしょう。

1局目は藤井システムの出だしから結局は穴熊を許したものの、中盤以降は高見五段の攻めを完封に近い形で押さえ込んで勝ち。
まるで振り飛車党のようと言うか、振り飛車党のお手本のようなと言うべきか。
強くなりたいアマチュアの方には、ぜひ盤に並べて味わってほしい駒運びでした。

2局目は八代六段の師匠譲りの急戦を受け、中盤以降二転三転の激戦を競り勝ち。
こちらは途中からはずーっとリアルタイムで観ていて、終わりそうで全然終わらなくて、文字通り手に汗握りました。
これはさすがの羽生先生も・・という場面も何度かあったんですが、やっぱり強かった。
羽生先生に勝つのは本当に大変ですね。

今年度は将棋界全体が盛り上がったことも関係あるのかどうか?中継で観ていて、感動的な名局が数多く誕生している気がします。
気の早い話ですが、たぶん春の名局セレクションの投票は、絞り切れないこと必定ですね。
将棋の内容以外に自分がリアルタイムで観ていたことや、対局の背景なども含めて選ぶことになりそうです。

 

将棋の話題かは微妙ですが、将棋堂でおなじみの鳩森神社に、twitterアカウントがあることを偶然知りました。
で、それをつぶやいたら神様から(?)お返事まであって二度びっくり。


facebookとか、他にもあるそうです。そういう時代なんですねえ。
SNSもいろいろあるので、神様もあちこち見ていなくてはいけなくて大変だったりして。

 

今日は昨日に引き続いて名古屋での朝日杯がもう1ブロック。
1回戦の澤田ー藤井戦は地元同士で、これぞ作ったようなカードです。

それと女流名人戦が開幕、舞台は箱根。
箱根には実は一度も行ったことがなく、温泉や岡田美術館など、プライベートで行きたいなと思っている土地の一つです。
戦型はこちらは大方の予想通りの相振り飛車。

再び昨日のこととか

昨日ちらっと書いた件、さっそく連盟HPに上がってました。
木村草太氏に三段免状を授与
僕の撮った写真が掲載されたのはたぶん初めてで、今後もまずないでしょう(笑)

前にどこで書いたか話したか忘れましたが、以前草太先生が囲碁将棋chのお好み対局に出演されるときに、二枚落の定跡形からコンピュータを相手に対局して、勝ち切れるように練習した。という話を聞いてびっくりしたことがありました。
この勉強法は、たしかに間違いなく強くなります。
なんせコンピュータはただ強いだけでなく、下手のミスを見逃さないし、突然思いもつかない手をやってくる。
いわば「忖度」のない相手ですので。
ただ、強い精神力を要する特訓だと思いますので、これを読んで真似してみようと思った方は、どうか自己責任で・・・。

先生にはこれからも憲法界だけでなく、将棋界と、あとソウタ界(?)のためにも、今後もご活躍いただければと願っています。

 

朝日杯の名古屋対局を横目に観ながら、久々に中継の話題を。

昨日の久保ー稲葉戦はすごい将棋でした。2人ともとにかく粘り強いので、序盤を見て長そうだなとは思いましたが、200手超えとは。
また一昨日の羽生ー佐藤戦も大熱戦。
2局とも穴熊側が敗れたというところが共通でしたね。

A級順位戦はこの2局で、いっそう混戦になりました。
豊島八段がこの先ひとつでも敗れると、挑戦ラインが3敗まで下がることになります。
もしかしたら4敗でのプレーオフということも、あるかもしれませんね。

竜王戦の中田ー藤井戦、△5五歩はけっこう衝撃的な新手でした。
おそらく周到な準備があったのでしょう。
相手に合わせた研究もしているということが、この1局で示された。ということになるのではないかと思います。

あと昨日は竜王戦の阿久津ー豊島戦はかなり短手数での決着。
いっぽう王位戦の松尾ー郷田戦は200手超えの大熱戦で、こちらのほうが終局はだいぶ遅かったみたいです。
一見対照的な2局ですが僕には大きな共通点があるように感じていて、それは「定跡形ぽい出だし、からの不定形」であるという点。
これがここ数年のトレンドになるのではないかと、最近よく思っています。
そんな視点で、序盤の戦型選択の変遷を見てみるのも、面白いのではないでしょうか。

では今日はこのあたりで。