出張

朝早いですが、今日はこれから北陸方面へ。
石川県は小松市にお招きいただいています。

予定は夕方からなのですが、せっかくなのでお仕事の前に、すこしだけ観光してきます。
ということでとても簡単ですが今日はこれだけで。

週末、月末

早いもので今週ももうすぐ終わり、週が明けたら10月ですね。
すっかり涼しくなってきて、気の早いところではそろそろ年の瀬の準備といったところでしょうか。
クリスマス商戦に向けて、といった記事も見かけるようになってきました。
月日が経つのが早く感じる一方ですが、「一日一日を生き生きと生きる」を日々心掛けて、実践したいものです。

1週間の旅行のあともしばらくのんびりしていたせいで、さすがに最近忙しいです。
と言っても、おもな用事は将棋を観ること、なわけですが。
若い頃と比べると、取り残される不安、みたいのはいまはもうないので、これからも自分のペースで、勉強を続けていきたいと思っています。

明日からは出張が入っていて、帰ってきたら来週は対局を含め毎日何がしかの予定があります。
棋士の立場に戻ってから半年が過ぎ、だいぶ棋士らしい生活になってきました。
充実した秋になるように、将棋を頑張りたいと思います。

昨日の中継は、最終盤は差がついた将棋が多い日だったなあ、と見ていたのですが感想戦コメントを読み直すと、そうでもなかったようで。
特に中田ー佐藤戦(王位戦)の99手目▲7二成桂という手はびっくりしました。
つくづく、将棋の終盤は難しいものだと改めて思いました。

そういえば、将棋というゲームは終盤に向かって難しくなっていく度合いが、他のゲームに比べて桁違いなのが大きな特徴だと思っています。
駒が少なくなっていくチェスや、盤面が埋まっていく囲碁(オセロも)、駒がすれ違ってぶつからなくなるバックギャモンなどと比べて、将棋は終盤になっても手の選択肢が減らない(むしろ増える)上に、明らかにこの一手とは決まらない場面が非常に多い。
難しく、スリリングだからこそ面白い。まさに将棋の醍醐味と思います。

今日の中継は、王将リーグの開幕戦などの3局。
今期の王将リーグ、渡辺竜王(僕より3歳下)が上から数えたほうが早いとは、なんとも若いメンバーがそろったものです。
最新の力戦形(?)からの終盤の熱戦が、多く見られるリーグになるのではと予想しています。

視聴御礼

ニコ生初解説、おかげさまで無事務めることができました。
ご覧いただいた皆様、どうもありがとうございました。
朝から夜まででけっこうハードでしたが、話が途切れることもなく、アンケートの結果も悪くなかったようなので、ホッとしています。

聞き手の貞升女流はすっかり慣れたもので、おかげで僕も伸び伸びと話すことができて感謝しています。
質問メールにもありましたがあの大晦日対局、森下vsツツカナ戦で裏方で読み上げを担当してもらったり、彼女とは何度か印象深い場面で一緒に仕事しています。
そんな思い出話もできて良かったです。
(大晦日の話はたしか18時半頃だったと思います)

将棋のほうは、3局とも相居飛車の不定形で、それぞれに個性が出ていて面白い内容になりました。
叡王戦は展開がスピーディーで、しかも昨日の3局はどれも早い段階でつばぜり合いが始まったので、比較的解説もしやすかったです。
2局目・3局目は感想戦にもすこしだけ参加したのですが、両対局者と自分の感覚の違いを聞くことができて参考になりましたし、見ていた方にも面白かったのではないかと思っています。

ということで、とても楽しい一日でした。
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

 

日付戻って、一昨日は銀河戦の決勝が放映されました。
将棋ニュース
まだの方は、来週3日に再放送がありますのでぜひ。

また新人王戦準決勝は、千日手指し直しの末に佐々木四段の勝ち。
この将棋も千日手、指し直し局いずれも相居飛車不定形で、駒組みから終盤まで自力で切り開いて、勝負するのがいまの流行なのでしょうね。

今期若手棋戦では、ヤマダ杯で藤井四段を破った三枚堂五段が優勝。
加古川青流戦で藤井四段を破った井出四段が決勝進出。
そしてこの新人王戦で藤井四段を破った佐々木四段が決勝進出。
秋に行われる2つの三番勝負はどういう結果になるでしょうか。

ところで、昨日今日と中継局数が多いですね。
これから一昨日のC1、昨日のB2、そしてモバイル中継を順次チェックします。
毎日忙しいです。

タイムショックの話は、また後日。

放映

以前書いた通り、今夜7時からテレビ朝日「ザ・タイムショック」に出演しています。
良かったら、ご覧ください。
僕はたまたま仕事なので、録画しておいてなるべく早めに見ようと思います。

その仕事とはニコニコ生放送での初解説。
第3期叡王戦 五段予選 遠山・門倉・藤森・近藤

ニコ生ではこれまで、人狼したり、会見したり、振り駒のお手伝いをしたり、おでんのレポートをしたり、立会人を務めたり、会見したり、時には徹夜したり、会見したり、時には年越ししたり、会見したり、etc.と本当にいろいろお世話になってきましたが、将棋の解説はほとんどしたことがありません。
たまに飛び入りで現局面について話したことがあるという程度で、メインの解説者としては初めてだったと思います。

思えばニコ生で一番最初のタイトル戦中継が、宇都宮での棋王戦で、そのときにも現地で関わっていたはずなので、自分が番組で解説するというのは何だか感慨深い気持ちもすこしあります。
初めてのことですし、NHK杯や銀河戦等も含めて映像の解説自体が数年ぶりなので、あまり飛ばしすぎず(笑)まずは無難に。でも明るく楽しく伸び伸びと、やらせていただこうと思っています。

今日の対局者4人のうち、近藤五段とはあまり話したことがないのですが、あとの3人はよく話す間柄で将棋ももちろん指しているので、解説しやすそうです。
ぜひご覧いただいて、温かい(←ココ重要笑)コメントをたくさん書き込んでいただければ幸いです。

またニコ生の放映と合わせてモバイル中継も同時に行われています。
こちらもどうぞご覧ください。

では、行ってきます。

あれこれ

今日はC1の対局日ですが、数局だけで自分も含め多くの棋士の対局はありません。
いわゆる「抜け番調整」の回で、奇数人数になると11回戦になってこういう日ができます。
観戦に行こうかとも思ったのですが、明日がお仕事になったので自重する予定。

その他、中継は叡王戦・朝日杯・新人王戦とあって今日も盛りだくさんです。
また夜は銀河戦決勝の放映もありますね。

昨日の倉敷藤花は伊藤さんが勝って挑戦権を獲得。
こないだ隣で対局だったときに見た将棋に似た内容だったので、おそらく得意形なのでしょう。
女流棋戦は持ち時間が短いので、自分の土俵で戦うことは特に大切で、そういう意味ではアマチュアの方にも参考になりやすいかもしれません。
タイトル戦でもまた個性的な将棋を見せてほしいですね。

連盟HPに観戦記の情報が掲載されるようになっているようです。
9月の観戦記情報
10月の観戦記情報
以前から、あったら良いなと思っていました。
これからも可能な範囲で更新されるものと思いますので、ご活用ください。

昨夜もうまく眠れず、2日続けて3~4時間睡眠になってしまいました。
どうやら本格的に時差ボケのようで、ちょっと困っています。
明日は久々に(と言うよりいつ以来か分からない)朝から夜までの仕事なので、ちょっと心配。。。
まあ、しゃべってれば眠くはならないだろうから、なんとかなりますかね(笑)

来週以降の対局に向けて、将棋の勉強も徐々にエンジンをかけていきたいと思っています。