女流王位戦ほか

昨日の最終局は熱戦の末、里見女流王位の勝ち。
フルセットでの防衛には、王者の底力を見た思いです。
室谷さん、伊藤さんとあと一歩まで追い詰めながら届かない。
タイトルを取るというのは大変なことなのだあと改めて思わされるシリーズでした。

それにしても、伊藤女流二段の将棋は見ていて個性的で面白いです。
中盤で▲5六金と腰掛けた手、タイトルの懸かる一番でこの手を指したことは、称賛に値するでしょう。
捲土重来を期待します。

 

昨日はけっこう長い時間をかけて、大記録に関する報道を追いかけていました。
各界の、本当にさまざまな方々からコメントが寄せられていることが、印象に残りました。
藤井四段という将棋界のスターのために、報道陣の方々が一人でも多くのコメントを取ろうとして下さったのだと思います。
将棋界にとっては本当にありがたいことと思いました。

個人的には、いろいろある中で岩崎恭子さんからのエールが特に印象的でした。
金メダルを獲得したときが同じ14歳だったそうで、僕も当時テレビで観たような記憶があります。
カメラに囲まれる経験というのは、世の中のほとんどの人は経験しないことなので、藤井四段にはこういう先輩の声を大事にして(将棋界で言えば羽生先生とか)、もちろん周囲もサポートしてあげてほしいですね。

安倍総理は「日本人に夢や希望を与えてくれる」と語ったそうです。
将棋界も、そういうスケールでこれから社会と向き合っていくべきなんです。
この1週間ぐらい、わりと平和で、国際的なこととかでそこまで大きなニュースがなかったのも、良かったですね。
将棋という盤上の戦いは、盤上のみの戦いとして世界平和に寄与すべきだし、世界が平和であればこその明るいニュースですので。

 

昨日の夕方、連盟HPに観戦記情報が出ていました。ぜひご覧ください。
以前からこうした情報発信があればいいなと思っていました。

今日の中継は叡王戦と、ヤマダ杯。
カロリーナも登場します。

新記録

藤井四段、29連勝。
昨日も素晴らしい将棋でした。
▲3三銀成と食いちぎって▲1五角は気がつきにくい攻めで、またもやすごいものを見た気がしました。
竜王戦の予選1回戦で連勝が始まり、決勝トーナメント1回戦で新記録達成。
この先どこまで勝つでしょうか。

歴史的瞬間は、モバイル中継と、NHKニュースを見ていました。
NHKの9時のニュースはすごい視聴率だったとか。
終局後は読売新聞号外も出たようです。

上記リンク先には何人かの棋士が寄せたコメントも掲載されています。
羽生三冠の「檜舞台で顔を合わせる日を楽しみにしています」というコメントは、あまりにも重みがありました。

今朝の朝刊も自分の知る限り全紙1面トップ、テレビ欄を見ても藤井四段の名前がいっぱいあって、完全に日本のトップニュースになっています。
すごいことが起きたのだなあと改めて思いますし、いっぽうで同じ世界の出来事という実感がありません。
将棋は一局一局の積み重ねなので、一局の将棋の出来もさることながら、このパフォーマンスをいつも続けているというのが本当にすごいことで、こういう人が現れたということが、何よりの驚きです。

ひとつ勝つたびに彼のファンが日本中に増えている現状で、対戦相手も燃えるを通り越してさすがにやりにくくなりそうですが、次の佐々木勇気君も「止めるつもりで臨みます」と力強いコメントで素晴らしいと思いました。
彼はしばらく前から加熱する報道陣の下見に来ていて、たしかに当日を平常心で迎えるためにできるだけのことはやるのがプロだよな、と感心しました。
次も素晴らしい将棋を期待しています。

昨日は久々に月例報告会に出席。
その折に大内九段の訃報を知り、驚きました。
威厳があってカッコイイ先生でした。

個人的には、旧帝大のOB会である「学士会」の将棋会に一時期お邪魔していた関係で、大内会のファンの方々と接する機会もあり、先生の人望を感じていました。
この会は大内先生のさらに師匠である土居先生の頃から続いているそうで、いまはこうした古い集まりは少なくなっているはずなので、これからも続いてほしいと願っています。
謹んでご冥福をお祈り致します。

 

今日は女流王位戦の最終第5局。
タイトル戦のフルセットというのは言うまでもなく、なかなかない大一番です。
戦型は相振りで、伊藤女流二段がまたも押さえ込みを目指す構え。
挑戦者としては最後まで自分の棋風に忠実にという気持ちでしょうか。

またリコー杯女流王座戦は、今日で二次予選が終了、最後の本戦進出者が決まります。
カロリーナが先日の対局のことをブログに書いていました。
ちょっと長い、かつ、英語ですが、紹介しておきます。

注目の一戦

昨夜は9時頃帰ってきて、まずは叡王戦を視聴。
羽生先生のヒネリ飛車は珍しいな、とひと目見て思って、あとで棋譜を見てみたら全然違う出だしでした。
最近はこういうことが多いですね。

 

今日の注目は29連勝の新記録なるか、竜王戦本戦の増田四段ー藤井四段戦。
2人合わせても33歳、若い!僕より下です。
今後はこういうことが普通になるのですかね。

この対局では、日本将棋連盟モバイル史上初の「初心者向け中継」を行うとのこと。
上記リンク先には各種放映や、大盤解説会の情報もまとめられています。
もちろん解説会が行われるというのも異例のことです。

この話を聞いたのはたしか1週間ぐらい前のことで、中の人たちの意気込みを感じました。
新しい試みがうれしいですね。

増田四段のコメントも素晴らしいです。
本戦開幕の数日前に、読売新聞の特集記事に本戦出場棋士のコメントが出るのは恒例ですが、対局前のコメントが連盟HPに掲載されるのはもちろん異例のこと。
新しい試みがうれしいですね。

今日はこれからフジテレビの「ノンストップ」という番組で、この対局や、将棋の歴史等についてお話する予定です。
10時頃から、良かったらご覧ください。

 

この日に触れた、森師匠の講演の記事をご紹介。
その6まである力作で、改めて読んでその日のことを思い出しました。
ただこれも将棋の対局と一緒で、文字起こしはやっぱりその場の臨場感にはかなわないですね。
師匠は最近いろいろなところで話をしておられる気がするので、チャンスがあればぜひ、直接会いに行ってみていただけたらと思います。

あと森一門といえば、昨日は弟弟子の藤原君がアマ竜王戦で優勝したそうです。
おめでとう。

では、お仕事行ってきます。

JT杯など

昨日のJT杯開幕戦は、糸谷八段の勝ち。
何度も駒当たりを放置する手が出てきて、非常に面白い内容でした。
こういう将棋は特に、現地でリアルタイムで観ていたら、さぞハラハラして面白かったでしょうね。
僕も子どもの頃、日本シリーズはよく(というか毎年)観に行ってました。
ライブの良さを、多くの人にぜひ味わってほしいです。

ところでJT杯といえばトップ棋士によるプロ公式戦と、もうひとつの柱が子ども大会。
これも藤井四段フィーバー、将棋ブームの余波か、申し込みが多く満員御礼、定員オーバーになっているようですね。
2年前に参加者数が1万人を突破して、大きな明るい話題になりましたがこのペースで行けばそれを越えるのではと思います。
本当に喜ばしいことですね。

また加古川青流戦では、杉本新四段が初勝利を挙げていました。
苦労して三段リーグを抜けて、初勝利までまた苦労して、ホッとした気持ちが強いでしょう。
僕も初勝利のときは嬉しかったので、いまでもよく覚えています。
対抗形から、お互いの玉がよく動く大熱戦、こちらも面白い将棋でした。

今日は叡王戦で羽生三冠が登場。
もちろんニコ生の放映モバイル中継ともにあります。
午前中はNHK杯、午後からニコ生で、スキのない日曜日ですね。

ところでこの叡王戦では、放映・中継ができなかった対局も含め、すべての棋譜がすべて公開されています。
公式サイトはこちら
独自の盤面を使っているようです。
あとこのページ、他の中継サイトに比べて色彩が鮮やかな気がします。
トップ画像は、新時代の幕開けをイメージしてるんですかね。

今日はこれから青梅に出かける予定があり、普段より早めに、軽めに更新です。
(ちなみに登山ではありません)

テレビの話題など

昨日放映された「藤井聡太14歳」ブーム、喧噪の最中にあって、落ち着いたとても良い番組でした。
地元の東海テレビ制作で、事前の反響を受けて全国放送になったとか。
タイムリーで視聴率もさぞ良かったのではないですかね。
小さいときの映像もたくさんあって、当時からの期待の高さがうかがえました。

そういえば、ドキュメンタリー番組も、これまた最年少記録更新でしょうね。
(将棋界の枠を超えたら、他にも例はあるのかな?)
録画してあったクローズアップ現代も観ました。
(これまた最年少でしょう)
明日はNHKスペシャルに登場だとか。

これからもとうぶんは引く手あまたでしょうから、こういう特に目立つところで、将棋界の顔、看板になってくれると嬉しいですね。
全部引き受けていたらキリがないと思うので、周りがしっかりサポートしてあげてほしいです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

個人的にも、相変わらず番組出演やちょっとした取材など、ちょくちょくいただいている状況です。
彼のことについて語ることももちろんですが、いかにして将棋界全体だとか、将棋そのもの、あるいは棋士の魅力や能力について知ってもらうか、ということを考えてお答えしています。
テレビ出演も、またありそうですので、これについてはまた明日かあさってに。

最近、あまり図面が貼れていないのは大げさに言えば人生の時間の使い方の問題で、将棋に関するアウトプットより、上記のようなことを考える時間を優先しています。
もちろん中継は毎日必ず見ているので、機を見てときどきは、盤面の話題にも触れたいのですが。
ただこの機会でないとできないこと、いまこそやるべきことを一つ思いついてしまったので、これから3か月ぐらいで形にできるよう、頑張ってみようと思っています。

 

昨日の中継では、棋王戦の三浦ー松尾戦が対抗形で山あり谷ありの大熱戦、面白い将棋でした。
またA級の2局はいずれも関西の若手が勝ち、相変わらず強くて勢いがありますね。
どちらも不定形の複雑な将棋でした。

今日は土曜日ですがJT杯日本シリーズの開幕戦、それと加古川青流戦の対局があります。