ラス前

今日は順位戦A級とC2のラス前。
C2は半分だけで残りは来週ですが、成績上位者の対局はほぼ今日に集中しているようです。
ラス前でA級と他のクラスが同じ日に指されるのはかなり珍しいはずなので、何かよほどの日程的な事情があるんですかね。(分かりません)

A級は豊島八段は勝てば名人挑戦が決まる可能性があり、いっぽう降級のほうも3名決まる可能性があるようです。
それでなくてもどの対局も注目なのは言うまでもないところですが、できれば「一番長い日」にひとつでも多く楽しみが残ってほしいというのは、一般的な期待でしょう。

C2も藤井四段の昇級(・昇段)が決まるかもしれないということで、ラス前としては過去にないほどの注目度です。
記者の方は体が2つほしい状態になっていると、こないだ誰かに聞きました。
各社で将棋担当の方が増員されたら良いですね。(勝手なこと言ってスミマセン)

今日は用事がないので、夜までじっくり観戦予定です。
東京は今夜から雪の予報のようで、連盟道場での大盤解説会もきっと盛り上がると思いますが、ご来場の際はくれぐれも足元にご注意ください。
そうでない方は、名人戦棋譜速報や中継番組でお楽しみください。

 

朝日杯、2月17日の準決勝・決勝、有楽町対局のチケットがもうすぐ(あと数分)発売になるようです。
将棋ではかなり高額の部類で、いっぽうで注目度もすごいので、どうなるのでしょうか。

いまは歌舞伎とか相撲とか宝塚とか能とか、比べる対象として何が適切なのか分かりませんが舞台上を観に行く際のチケットは、ほとんどが将棋と比べるとずいぶん値段に差があります。
将棋界もこれから他の世界に近づいていくのかもしれません。(分かりません)

 

BLOGOSにこの朝日杯対局への展望が出ていました。
羽生竜王「初モノ」との勝率は驚異の83%!藤井四段は14人目の勝者になれるのか
一般メディアですが、将棋メディアかと思うぐらいによくデータを調べ上げています。

本題とそれた部分なんですが村田智弘君が二度、飛車落ちで指してもらっている、という話が目を引きました。
実は彼が小学生名人になったとき、準決勝で負けたのが僕です。
つくづく、惜しいことをしたものですねえ。

それはともかく、これほど世間から注目を集める対局は、めったにあるものではないです。
どんな将棋になるのか、いまから大変興味深いです。

負け

昨日の対局は、ゴキゲン中飛車で、相手の丸山ワクチン。
この戦型はここ数か月だけでもう3回目で、もう負けられないと気合を入れ直すも、完敗でした。
それほど悪い手をやった感触はなかったので、後手番の難しさが出てしまった感じです。

今期の竜王戦は特にモチベーションを高くして臨んでいたので、非常に残念。本当に無念。
気を取り直して、また次の対局を頑張ります。

 

叡王戦はまたも若手が勝ち上がり、これ以上ないぐらいのフレッシュな七番勝負になりました。
六段同士のタイトル戦、ということでも話題になっていますが、過去にはこんな例もあるのですね。

調べてみると、1990年度の冬のことでいまから27年前。
このお二人は同じ時期にC1の順位戦でも対戦しています。
順位戦でCクラス同士のタイトル戦も初めてかな、と思ったのですがそうではなかったようです。

現在の制度ではタイトル戦に出ると昇段しますし、獲得すると七段なので、↑のようなことはまず起こりません。
今回の場合そもそも、タイトル戦未経験者同士のタイトル戦というのが、異例中の異例です。普通どっちかは防衛戦なので。
これは初回ならではのことで、おそらく今後もまず起こらないでしょう。
そういう意味で、本当に歴史的な番勝負になりました。

あともうひとつ気づいたのがこれ。

twitterに書いてみて、どこからも指摘がなかったので、たぶん初めてで間違いないでしょう。
これは今後も起きることと思いますが、初めて、ということでやはりこれも将棋界の変化を示す例とは言えると思います。

こういう良い変化の波に、自分の乗りたいですね。
小粒でも粘り強い世代の、意地を見せたいと思うのです。

本日対局

いつものように、予約投稿です。

今日は竜王戦で、相手は渡辺正和五段。
今期の銀河戦予選が初手合でしたが、当たるときは当たるもので、続けての対戦になりました。
そのときは千日手指し直しの末に負けてしまったので、今度は借りを返せるように頑張ります。

このところ毎日本当に寒いですが、幸い体調は良好です。
ただ身の周りでは風邪とかインフルエンザとかけっこう聞こえてくるので、自分も気をつけないといけませんね。
心技体を整えて、盤上で良い結果を残せるようにしたいと思います。

では、行ってきます。

1/25 大平六段戦

明日対局なので、その前にこないだの将棋の振り返りを。

戦型は先手中飛車vs5筋を受けての居飛穴で、一直線穴熊の流行後は減ってきた印象のある形。
若い頃によく勉強した形で、ずっと指す機会がないままだったので今頃になって出会うとは、不思議な感じがしました。

4枚穴熊にがっちり組まれたあと、さわやかに仕掛けられて図の局面。

いま8六の角で9七の桂を食いちぎって、▲同香に△8七飛成と来た局面なんですがなぜかこの平凡な飛車成りをうっかり。
読み筋では先に△2四桂で、対して▲2五金と逃げるのではなく▲8三歩と飛車成りのほうを受けて難しい、と思っていました。
この局面は簡単に受かるつもりが、例えば▲2五歩のような手だと△5七桂の両取りが単純ながら厳しく、振り飛車勝てません。

そもそも考えてみると、この局面自体がいかにも穴熊ペースなんですよね。
駒損ながら飛車を成り込んで、攻め駒の補充が利く形で、右桂も使えそうで、振り飛車陣はキズが多い。
(6九飛・6六角・3六金・5六銀と急所の駒がそれぞれ負担になりそうな形)
この局面に進めたことに問題があったように思います。

ただここで気を取り直して、▲4五歩と突いてみたら案外難しかったのは幸運でした。
△5七桂なら▲4四歩から角筋を生かして端攻めに出て、なかなかの迫力でこれは(後手が)選べない変化。
実戦は△2四桂▲4六金△4五歩と進行、そこで▲4七金と辛抱して、自信はないもののまだまだ大変な局面とは言えそうです。

改めて振り返ってみて、やっぱりこのあたりは苦しかったとは思うのですが、相手も悲観していたぐらいなのでそこまでの差はなかったと見るべきなのでしょう。
このあとも粘り強く指して、最後は穴熊玉を寄せ切って勝つことができました。

 

最近は形勢判断や読みの部分に関しては、それなりに納得がいく将棋が指せるようになってきたのですが、いかんせんこういう単純な見落としが多く、そこが大きな課題です。
そして、なかなかこの課題は解決しません。

難しい問題ですが、慎重に読むこと、繰り返し読み直すことで、なんとか改善していけるようにと思っています。

明日も良い将棋が指せるよう、一生懸命頑張ります。

最近の中継

しばらく中継の話を書いていなかったので、先週行われた対局の結果など。

朝日杯は火曜と金曜にそれぞれ久保王将と広瀬八段が勝ち上がって、これでベスト4が出そろい。

久保ー三枚堂戦は玉頭での攻防が印象的な大熱戦でした。
片銀冠vs左美濃だと、3枚くっついているほうが普通は堅いわけですがああいう展開になると居飛車も大変です。
玉と反対側の駒は取らせて急所に手が行く、振り飛車の極意を見た気がしました。

広瀬八段は王位と棋王を連破。
1日でタイトルホルダーを2人破るというのはめったにないことで、すごいですね。
準決勝・決勝もそうなる可能性がありますが、果たして。
渡辺ー広瀬戦は最近の相居飛車の中でも最新形のひとつなので、今後も公式戦で現れると思います。
定跡通は要チェックの一局です。

 

木曜日は自分も対局で、帰宅中に観てみると、斎藤ー木下戦と南ー安用寺戦(いずれも竜王戦)が目を引きました。
前者は菅井流の出だしから木下七段がうまく駒をさばいて快勝。
連勝中で勢いのある若手棋士が、ベテラン棋士に力を見せられるというのは、将棋界では繰り返し見てきた光景のひとつ。
プロ全体のレベルの高さを証明する一面です。

後者は後手番の三間飛車に対して先手が5筋位取り。
この戦型が中継されるのは、かなり久々のこと、もしかしたら初めてということはないでしょうか。
位取りはすっかり見なくなった戦型でも、やっぱり有力なんですよね。

最近振り飛車の好局が多く、観ていて楽しいです。
今週他だと24日の深浦ー鈴木戦と、藤井ー黒沢戦は面白かった。
振り飛車御三家、という言葉を最近は聞かなくなりましたが、あの頃と同じでいまも僕は参考にしていますし、強くなりたいアマチュアの方にはぜひ、中継局を通じて自分のお手本を持ってほしいと思います。

 

王座戦は一次予選決勝と二次予選が並行して行われているところ。
火曜日の屋敷ー飯島戦は、自分の相手が決まる一戦なので注目していましたが序盤から終盤まで、とにかく難解な将棋でした。
久々にA級棋士と対戦できることになったので、いまから楽しみにしています。

藤井四段はここでも安定した指し回しで勝ち抜け。
夜戦に入っても全然集中力が切れない感じなのがすごいですね。
よく聞かれる質問「(藤井四段が)最短でタイトルを取るとしたら?」の答えは、現状だとこの王座戦になります。
道のりは遠いですけどね。

 

今日の王将戦第2局は四間飛車vs居飛穴。
金銀4枚にがっちり囲われてはいたけれど早くも穴熊玉に王手がかかり、こうなると振り飛車を持ちたいように思います。

女流名人戦第2局は駆け引きの末によくある石田流vs銀冠の対抗形に・・と思っていたら▲7六銀と意外な手が出ました。
やや珍しい指し方なので、準備があったのかどうか興味深いところです。

どちらもお昼すぎには勝負所を迎えると思うので、注目しましょう。