勝ち

昨日の対局は、後手番で三間飛車の藤井システム風。
最近だと佐藤和俊六段がよく指している作戦で、自分自身も居飛車を持って杉本七段に指されたことがある形でした。
後手番の振り飛車は何かと苦労が多い中、けっこう有力な作戦と感じています。

中盤までのワカレはまずまず、そこからはっきり良くなったあと、だいぶ追い込まれるもなんとか逃げ切り。
という1局の流れだったように思います。
自分で指しているときは気がつかなかったのですが、途中4枚の桂馬と玉がすべて7筋に集まるという、珍しい形が発生していたようですね。
桂馬が入り乱れるとなんとなく激戦の感じがします。

ただし、この形を発生させた△7一桂は、あまり良い手ではなかったです。
なぜ歩ではなく桂を打ったかというと、歩が打てるのに気がついていなかっただけなので^^;
その次の▲5五歩が疑問手で、そのあとはうまく寄せることができました。
モバイル中継がありましたので、ぜひご覧ください。
中継局で若手に勝てて嬉しいです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

最近のニュースなど。

昨日も連盟に多くの報道陣が集まっていて、どの対局に注目されているのかなとちょっと不思議に思ったら、加藤先生の引退会見でした。
63年はさすがに破られることのない大記録でしょう。
長い間本当にお疲れ様でした。

女流棋士会新役員
清水会長が連盟本体の常務理事に就任された関係で、山田久美さんが新会長に。
役員は何かと激務だと聞きますが、力を合わせて頑張っていただきたいです。

今年の国際フォーラムの日程が出ていました。
北九州市長を表敬訪問されたとのこと。

国際フォーラムは3年に一度の大きなイベントで、前回は静岡で行われ、地元の方々や当時の青野専務のご尽力もあってずいぶんと参加国も増えました。
北九州市もその静岡市や天童・倉敷・加古川等々と並び、将棋イベントを長年にわたり数多く行うなど、将棋界としてとてもお世話になっている街のひとつです。
前回以上の盛り上がりと参加国数を、期待しています。

今日は棋聖戦第3局@沼津。
この街もすごいです。前夜祭は着席で360人!だったとのこと。
戦型はまさかの(?)藤井システム。
これには斎藤挑戦者も意表を突かれたのではないでしょうか。

振り飛車党以外の振り飛車は近年少なく、中でも四間飛車は少ないので、こうしてたまの登板があると、心躍りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です