明日対局

棋王戦で長谷部四段との対戦。

学校

今週は近所の中学校の部活に都立大の授業と、今年度の初回が相次いでありました。

中学校は昨年・今年と2年続けて新しい子が増え、参加者が10名前後だった頃とはやり方を変えていく必要が出てきました。
もちろん嬉しいことですが、都度何をどう伝えるか考えるのは、なかなか大変でもあります。

大学のほうは、振り返ってみると2014年からのようなので、中断していた期間も含めると足掛け9年目になります。
今年の学生さんたちは、始まった当時はまだ小学生だったと考えると、なかなか感慨深いものがありますね。

たとえば同じ未経験者であっても、小学生と中学生、大学生、大人、あとは一度に受け持つ人数によっても、教え方は異なります。
そのあたりを意識しつつ授業に臨み、毎回新たな発見を楽しみにしながら、これからも続けていきたいと思っています。

勝ち

昨日の対局は、近藤七段との対戦になり、ゴキゲン中飛車vs超速の戦型に。
お決まりの感じで仕掛けていくも、失敗。気持ちよくさばかれて、一方的に時間を使わされるばかりで形勢も苦しく、かなり悲観したまま終盤戦へ。

△7七歩の王手に対し、左に逃げるのは詰みなので①▲6八玉②▲6九玉③▲7七同角の三択です。
ここをしのげば勝ち、というところまではこぎつけたものの、自分だけ秒読みだったので依然自信はありませんでした。

①は△7九角▲5九玉△5七歩成が上から押さえる詰めろで厳しい寄せ。
②は△1五角の詰めろ飛車取りがあります。そこで▲7九歩と受けて勝ちそうな気がしましたが、読み切れませんでした。
実戦は③▲7七同角を選び、そこで△8九角!の基本手筋をうっかりしていて奈落の底に転落。

・・したと思いきや、以下▲6八玉△5七金▲同金△7七桂成▲同玉△5七歩成▲8二桂成△同金上▲7四桂と一直線に進めてみると、偶然にも残していました。
この順をしっかり読んで③を選んだのであれば問題ないですが、そうではなかったので、1分将棋とはいえさすがに反省です。

しかも後で調べてみると、①も②も勝ちだったようで、ずいぶんと幸運な終盤でした。
本局は反省点がかなり多かったですが、自分だけずっと秒を読まれている苦しい状況の中で、なんとか勝てたことは良かったです。

来場御礼

3年ぶりの森一門祝賀会にお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
感染対策のこともあり、あまりお話できないままになってしまった方もたくさんいたのですが、ともかくも久々にお目にかかれたことは良かったです。
これを励みにまた頑張っていきたいと思います。

ちなみに、今年は壇上に一門の棋士・女流棋士は17名。
よく聞かれるので、メモしておきます。

当日終電で帰京し、今日はバックギャモンフェスティバルに顔を出すなど。
森内九段が日本選手権で優勝。
他にも藤田麻衣子さんが中級戦で優勝、青嶋六段はチェスで優勝したらしい、など、将棋勢の活躍の目立ったGWでした。

森内先生は来年の日本代表入りが内定したとのことで、自分もまた加われたらいいなと思っています。