9/28 佐々木五段戦

昨日の対局は残念ながら負け。
モバイル中継がありましたので、棋譜はそちらでご覧ください。

公式戦では約1年ぶりの相居飛車、3年半以上ぶりの角換わりで、新鮮な気持ちで指すことができました。
中盤はまずまずのワカレと思っていましたが、実際には難しかったです。
端歩の微妙な駆け引きや仕掛けへの対応、突然のギアチェンジとその直後の大長考、詰む・詰まないの正確な読みなど、勝率の高い若手の力を見せられました。

夕休明けの△8五金に対し、▲同玉は△8七馬▲7一飛(詰めろ逃れの詰めろ)に△7二金(さらに詰めろ逃れの詰めろ)で負け。
続く△9六金の妙手に対しては▲同玉も有力で、以下△9五歩▲8六玉△8五歩▲同玉△7三桂▲8四玉△8三歩▲同玉△7二金▲8四玉△6七馬(部分的にはこれで必至)に▲5一金△同玉▲2一飛成△4一金打▲8一飛△7一金打▲9一飛成△6六馬▲9五玉・・と続き、結論としては負けそうながらこの変化のほうが難しかったようです。

本譜も際どいのですが、最後は打ち歩詰めで逃れられました。
(投了以下▲6一金△7二玉▲7一桂成△8二玉▲8三歩△9二玉に▲9三歩が反則手)
珍しい出来事ではあり、惜しかったとは思いましたが相手はすべて読み切りだったので、ノーチャンスの完敗だったと納得しています。

今期はこれで上半期折り返し、来月からも順位戦→王位戦→順位戦とちょうど週1ペースで対局が続きます。
気持ちを切らさずまた次頑張ります。

オンライン指導対局

将棋倶楽部24を活用したオンラインでの指導対局が、10月から新たに始まります。
将棋連盟リリース

オンライン・1対1で指して、zoomを活用して感想戦も行います。
指導時間中は随時つながっている状態になるはずなので、必要があれば対局中にアドバイスを求める等、自由にご活用いただければと思います。

私も指導棋士の一人として担当します。
まもなく具体的なスケジュールも公開になりますが、ご希望される方はこのブログにコメントをいただく他、twitterのリプや、また直接の知り合いの方はメール等でも、日程のご相談を承ります。

駒落ちの指導将棋を指す機会は長らくご無沙汰でしたが、来月は多く指す機会があれば嬉しいです。

よろしくお願い致します。

9/23 斎藤四段戦

昨日の対局は、後手番で三間飛車vs急戦。
序盤は経験のある形も、認識が甘く苦戦。
中盤はお互いに一失あって混戦になり、終盤は有利になりました。

美濃囲いが堅く、あと一押しで勝てそうなところから自陣飛車を2枚打たれてこの局面。
ここで△3九馬▲同飛寄に△8六桂!が華麗な決め手で、馬・金・桂どれも取れず必至。
・・という読みだったんですが、▲6四角の王手で抜かれてしまいます。

実戦はやむを得ず△7八馬▲9八玉△9五歩と軌道修正。
この時点で残り3分に追い込まれており、相手は1時間残していたので流れは負けと思いましたが、そこで良い手が難しかったのは幸運でした。

最後は両者1分将棋の末に幸いしました。
早指し棋戦以外での双方秒読みはかなり久々のことで、良い緊張感でした。

次の対局は週明けに王座戦です。

明日対局

昨日はおそらくは空前絶後になるであろう、7番勝負の第9局。
結果、第5期叡王戦は4勝3敗2持将棋(1千日手)のスコアで、豊島竜王が叡王奪取。死闘のフィナーレにふさわしく、最後まで大変な勝負だったように思いました。
長い長い戦いで、いままで見てきた中でもひときわ印象深いタイトル戦でした。
本当に、お疲れ様でした。

明日は王位戦で斎藤四段と。初手合です。
自分も良い将棋が指せるよう、頑張ります。