2/21(2) 長岡五段戦

NHK杯予選は1回戦を勝つとお昼休みを挟んで2回戦は13時からです。
だいたい1局1時間くらい、感想戦を入れても1時間半以内には終わることがほとんどなので、すこし時間が空きます。
軽く食事を済ませたあとは、ボーっとしているか、休んでいるか、あるいは一応作戦を考えているかといった感じですかね。

再び先手番で初手▲5六歩。
今度は相手が一直線に穴熊に囲ってきて、あまり指し慣れない相穴熊になりました。

中盤はすこし苦しかったですがうまく体を入れ替えることができて、勝ちになったのではと思ったのがこの場面。
(▲2六香と打ったところ)

普通は▲3八金(寄るか打つかは難しい)ですが先手を取って強く受ける手がまさるとの判断です。
これを△2六同香には▲2四桂!という習いある歩頭桂の寄せがあり、△同歩▲2三金で寄り形。
・・・と思いきや、後日反省していて分かったのですがそこで△2一角と受けるのが見た目以上にしぶとい手のようで。

この局面までは読み筋で、▲3三金ぐらいで勝ちだろうと思っていたのですがそれは△2二香で攻めにくい。
昨日「駒を取りながらの詰めろ」云々と書いたばかりですがこれは例外。

正解はここで▲3二金打!△同銀▲5二竜!という順なのですがこれは実戦では指せた自信がない、というか指せなかった自信があります。
最後まできちんと読まないと危ないな、ということを改めて思わされた終盤でした。

実戦は▲2六香に△1七銀成から猛攻、こっちの順ももちろん警戒していたので、30秒でどちらの変化を重点的に読むべきか難しいところではありました。
もちろん図の時点で、この順も余せると見ていて、実際なんとか逃げ切りに成功。

過去NHK杯予選では2回戦で負けることが特に多かったので、ひとつ壁を破れた気がしました。

2/21(1) 高田六段戦

今日から毎朝10時に、1局ずつ公式戦対局の振り返りを入れていきます。
帰国予定日まで予約投稿済ですので、引き続き見に来てください。

2月のNHK杯予選は、〇〇×で残念ながら予選通過ならずでした。
予選トーナメント表(18ブロック)

10時からの1回戦は高田六段と。
先手番を引き、初手▲5六歩から中飛車左穴熊vs向飛車の戦型に。

この将棋は序盤巧者で有名な相手に対して、信じられないような大作戦勝ちを収めて喜んでいたら、中盤以降すごい勢いで悪手を重ねて混戦になってしまいました。
30秒将棋の早指しとはいえ、反省する手が多すぎる一局だったのでそこに目をつぶって、最後に勝ちを決めた場面を。

自玉は絶対に詰まない形なので、詰めろをかければ勝ち。
それができなければ△7九銀(角)と攻められて負け。

というシンプルな状況で、こういう感じになったらプロはまず逃がさないとしたものです。
が、実際は平凡な▲5四同歩や、▲5四同角△同銀▲同歩がきわどく詰めろにならないので焦りました。

実戦はここで▲3四金が好手。最後の最後だけ良い手が指せた、という感じで運が良かったです。
(1)△3四同銀は▲5四角~▲2一角成が詰めろ。
(2)△4二玉は▲5四桂が王手で、どこに逃げても▲4二桂成~▲2一角成が詰めろ。▲5四桂に△同銀▲同角も詰めろ。
(3)△3二玉は▲5四歩が今度は詰めろ。
(4)実戦は△5二玉でしたが、そこで▲5四角(詰めろ)△同銀▲同桂(飛車道が通って詰めろ)で勝ちになりました。

(1)~(4)すべての手順に共通することとして、駒を補充しながらの詰めろがかかると筋に入りやすいです。
大優勢の将棋を途中ははっきり負けにしていたので、終局後も大いに反省して、次に臨むことになりました。
ただこの頃はかなり自分の状態が悪かったので、苦しんだ末になんとか勝つことができて良かったです。

日米対抗戦

表題は将棋の話題ではなく、スポーツとかでもなく、趣味のバックギャモンの話。

これからシカゴに飛びます。
アメリカは過去、西海岸に二度行ったことがありますがそれ以外は初めてです。

トーナメントディレクターのroryが熱心に勧誘と運営をしてくれるおかげで、はるばる日本から10人以上参戦するようですね。
大会に参加するだけなら当然一人でも行けるわけですが、やはり仲間がいるというのはとても心強いし、参加する強い動機になります。
いまはこういう機会が多くあるし強くなる環境も充実しているので、若い人が新たに始める趣味としてバックギャモンはけっこう良いのではと思いますね。

ギャモンの海外遠征は数年ぶりのこと。
日本の大会に復帰してから1年ほど経ち、実力的には若い頃、一番熱心にやっていた時期よりもいまのほうが強いと思います。
ただこれはハード面の進歩が大きいだけで、相対的に見ると強いプレイヤーが増えていて、今回も参加する日本人の多くは自分より強い人ばかり。
つまり日本の大会で勝つのはとても大変ですが、チームメイトとしては頼もしいです。
もちろんシカゴオープンとして普通の個人戦もあり、サイドイベントもいろいろあり、観光にも連れて行ってもらえる予定で、数か月前からとても楽しみにしていました。

帰国は30日の予定です。
それまでは長いこと放置していた、公式戦対局の振り返りを入れてあります。
いつまで続くか分かりませんが、もうしばらくはブログの毎日更新も続きます。

では、行ってきます。

名人戦

名人戦第4局は佐藤名人の快勝。
初日からずっとリードを保ち続けていたように見えました。

羽生竜王が先後両方を持って勝とうとする光景はいままで何度も見た気がしますが、さすがについ2日前に指した将棋というのは珍しい気がします。
ただ今回の名人戦では第1局でも似たようなことがありました。
横歩取りの激しい変化が、いまはアンテナに強く反応しているということなのだと思います。

夕休明けから指さずにそのまま投了というのもあまり見覚えがないことでした。
投了の局面はたしかに大差なんですが、それまでもかなり苦しそうなところを指し継いできていたので、もうすこし何か指されるのかなと思っていました。

最近の将棋を観ていると、トップ棋士の間で先後の差が特に大きく感じられる時代がまた来ている感じがします。
これには波があって、比較的後手番がラクに感じられる時期もあり(さすがに有利にはならない)、最近は過去のいろいろな時期の中でも特に後手番がきつい印象です。
7番勝負が先手勝ちだけで終わったことはいままでなかったと記憶していますが、後半戦はどうなるのでしょうか。

 

日経bizgateの連載第4回がUPされました。
「藤井聡太」が2手目を変えない戦略と情報選択

いろいろ驚かされているうちに何もかもだんだん驚かなくなりつつある昨今ですが、2手目△8四歩だけであれだけ勝っているというのは相当に驚くべき点のひとつです。
勝てなくなればスタイルを変えざるを得なくなるのでしょうけど、その日が来るのかどうか、ちょっといまは想像がつかないですね。

2年

 

早いもので、再婚してから2年が経ちました。
綿婚式というそうですね。

銀座でプチ贅沢ランチ。
と言っても驚くような値段ではなくて、これだけコスパの良い店には久々に出会ったかも。

その後東京駅まで歩いて、話題の将棋しろたんに会いに行ったら、

すぐ近くにつるのさんがいたので写真を撮ってもらってきました。
将棋ファンで知られるつるのさんは、大人にも子供にも大人気です。

ちなみに僕は写真は撮るのはものすごく下手で、撮られるのもすこしだけ苦手です。
なのでこれだけ毎日ネット上にいろいろ書き連ねているにもかかわらず、写真を上げることはほとんどないしインスタもやってないのですが、バカンスモード突入につき、まあたまにはということで。

今日はのんびり名人戦を眺めつつ渡航準備の予定。
あさってからしばらくアメリカに行く予定で、それに備えての必要な用事はだいたい終わりました。
月末までは春休みを満喫します。