羽生善治×AI

今日は本の紹介です。
出ると聞いたときから、かなり期待していたのですが期待以上の一冊でした。
「よくこれだけ書いたなあ」の一言ですね。
個の力が重んじられる、というかほとんどそれがすべての将棋界において、「右腕」的なポジションというのは聞いたことがなく、それだけに前例のない内容になっていました。

10年前に羽生さんが長岡君とVSを始めたらしい、という噂(というか事実)はその当時、すぐに将棋村を駆け巡り、あっという間に有名な話になりました。
それだけ、羽生さんの動向は注目されているという証と言えるでしょう。
僕もそうだし、多くの棋士が少なからず驚いていました。
周りがそうなのだから、長岡君本人がその「1本の電話」にどれほどの衝撃を受けたかは想像に難くありません。
ただ今にして思えば、何事もないようにそんな衝撃的な電話をかける羽生さんの姿は、なんとなく想像がつくような気もします。

本書はタイトルからしても「一人の棋士が近くで見てきた羽生さん」が主題なのだとは思いますが、読んだ感想としては、主役は著者自身のようにも思えました。
AIは、まったくの脇役でしょう。
そもそもトップ以外の棋士が、自伝的に自分のことを語る機会というのは皆無に近いはずです。(例外は瀬川さんと今泉さん)
特に前半は著者自身のことが自分の言葉で語られていて、それは僕にとっても非常に興味深いものだったし、多くの将棋ファンにとってもそうではないかと。
先の電話を受けたときのことや、その理由について推測している部分は、本書のいちばんのハイライトと思います。

逆に羽生さんに関する記述は、同じ棋士から見ると「やっぱりそうなのだな」と思わされる部分が多くなっています。
ただ、それが間近で見た棋士から語られているという点は、やはり説得力を持つし、貴重な証言と言えるでしょう。
羽生ファンの方からすれば、無冠になった今もまったく変わらず、情熱を持って将棋に取り組んでいるんだな、と改めて安心できる一冊でもあると思います。

私自身、研究会を始める前までは、羽生さんが他の棋士とは違う独自の研究方法を実践しているのではないかと考えたこともあった。しかし、いまは「特殊な研究方法を採用しているわけではない」とほぼ断言できる。羽生さんは将棋の神様で、すべての情報に通じており、何もかもお見通しであるというのは幻想で、むしろ羽生さんでも将棋に関してはいまだに分からないことだらけである―それが私の率直な印象である。

私はそのときの感想戦を通じて、羽生さんが将棋というものをいまなお「簡単には理解し得ないもの」と考えていることを改めて痛感した。より正確に言うなら、「将棋とは難しいものである」と考えなければならないと、常に自分を戒めているということである。

朝日杯

藤井七段、またしても衝撃的な優勝、そして衝撃的な強さでした。
いやはや、すごいの一言です。
そして、すごい、の他に言葉がありません。
人は本当にすごいものを目の当たりにすると語彙が貧困になるそうです。

例によって(?)振り駒は2局とも後手番を引き、しかし2局ともおそらく序盤から不利な局面はなく、トップ棋士相手に完勝。
いったいどうやったらこんなに強くなれるのか、ちょっと分かりませんね。

しかも2局とも藤井七段得意の角換わりにはならず。
行方八段の矢倉はともかく、渡辺棋王の先手雁木は明らかに練りに練った変化球で、相当な準備があったはずなのですが。

昨年は準決勝が羽生竜王との公式戦初手合でした。
また決勝は広瀬現竜王との初手合でした。
そして今年の決勝は渡辺棋王との初手合でした。
朝日杯は完全に歴史の舞台になってますね。

それにしてもすごい。以上です。

負け

後手番になり、居飛穴に対し向飛車にシフトして急戦を狙う作戦。
仕掛けのところで妥協した指し方をしてしまい、作戦負けになり、その後粘ったものの順当に押し切られて完敗。
早指しの田村さんにしては、かなり慎重な指し方をされました。

このところ結果が出ないというだけでなく、どうにも内容がついて来なくて苦しいですし、振り飛車に申し訳ない気持ちです。
自分の限界をもうすこし遠くへ押しやれるように、努力を続けたいと思います。

次は来週NHK杯予選がありますが、日程等は書かないでおきます。
その次が月末に棋王戦です。
なんとか巻き返せるように頑張ります。

発売

本日、いよいよ「平成新手白書」発売日です。
よろしくお願いします。
お世話になっている知人から久々に「買いました」「読んでます」とメールいただいたりもして、朝から幸せな気分です。

かなり力を入れて書いたので、反響をとても楽しみにしています。
感想や質問など、コメント欄やリプ等でお寄せいただければ幸いです。

最近の中継の話題。
一昨日の王将戦、藤井ー池永戦は見ごたえのある終盤戦でした。
藤井君の先手角換わりが続けて敗れるとは、さすが若手棋士は皆研究熱心だなあ。と思っていたら最後にドラマがありました。
トン死、と言ってしまえばそれまでですがレベルの高い攻防だったからこそ起きた結末だったと思います。

昨日のマイナビでは、礒谷さんが里見さんをあわやというところまで追い詰めましたが、壁は厚かったですね。
クラスに差があっても、プロの将棋というのは紙一重だし、また、そうでなくてはいけないと改めて思いました。

今日はB1順位戦の最終日などがあり、モバイル中継は5棋戦7局。
また忙しい一日になりそうです。

最近は中継を観ていて「これ、本↑に書いたなあ」とか、「あの形にこういう見解があって、ここをこう工夫したんだなあ」と考えることが増えました。
自分で書いたものを繰り返し読んだおかげで、理解が深まったという面もあって、良い企画をいただいたと本当に感謝しています。