勝ち

一昨日の順位戦は、先手番で矢倉vs雁木模様。
珍しく序盤で指しやすくなったのですが、1点のリードを守り切ろうと意識せずに、追加点を目指すつもりで指せたのが良かったです。

図は終盤入り口の場面。
▲3六歩と打って△2四銀と引かせたところなので、▲2六飛と出る手が自然にも見えますが、狙いは別のところにありました。

この局面は▲6四桂とセンタリングを上げることさえできれば、勝ちに持っていける状況です。
そのために▲4八飛△2七歩成▲9二馬と、攻撃陣のポジションを調整しました。

最初の▲4八飛は△4四飛~△4七歩成を警戒した意味が強く、次の▲9二馬ですぐに▲4六飛と出ないのは、△4三歩と受けられた後で△2八角が遠く6四に利いてくるのを避ける意味です。

以下は△4四飛(△3八と▲同飛△4七歩成の狙い)に▲4九香がピッタリの一手で、勝ちを意識しました。
8四飛が要のディフェンダーなので、動いてもらうことで飛車交換に持ち込めば、ゴール前がガラ空きになります。

今期の前半戦は苦しい星取りでしたが、久々に良い内容で勝つことができて、ひとまずホッとしました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

サッカーはめったに見ない(ルールも細かいところは怪しい)んですが、テレビをつける時間にW杯がやっていると、さすがに自然と応援してしまいますね。
前夜のクロアチア戦は前半だけにしておこうと思ったところ、結局後半も見て、延長戦に入ったところで寝ました。
素人目にはとてもレベルの高い、拮抗したゲームに見えました。

90分通して見ていると、ゲームの展開だとか、選手はどんなことを考えて動いているのかとか、想像できて面白いということが初めて分かりました。
結果は惜しかったとしか言いようがないですが、それより何より、次のチャンスが4年後というのは厳しい、本当に特別な舞台なんだなあとつくづく思います。
次こそは夢が叶うことを願っています。

明日対局、訃報

明日は順位戦で西尾七段との対戦です。
名人戦棋譜速報

昨日は1年ぶりに連盟からお仕事の依頼があって、日帰りで天童に行っていました。
小学生名人戦の会場での指導対局で、久々にかなりのペースで指しました。6面指しを2周ぐらい×2セットで、たぶん二十数局指したと思います。

天童での大会・指導対局では必ず木の駒が使われていて、子供たちの作法や、片付けもしっかりしているのはさすが将棋の街、といったところです。
たくさんのご参加どうもありがとうございました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

その数日前、「良い悪代官」こと花輪さんの、突然の訃報がありました。
仕事の打ち合わせで、電話した矢先のことだったので、本当に驚きました。

深い関わりを持った棋士は数知れず、僕自身もずいぶん良くしていただいて、宴席も何度となくご一緒しました。
中でも人間将棋にお招きいただいたときのことは、懐かしい、最高の思い出のひとつです。
今年の夏に、青森で行われた東北六県大会でご一緒したのが最後の夜になりました。

将棋も何局か指していて、直近はおそらく4年前の宮城山形対抗戦(@遠刈田)だと思います。
棋譜が残っていたので、追悼に代えて、図面をご紹介します。


銀冠穴熊のほうから端を攻めて来られて、図で▲9三香成!△7一玉▲5四桂!が鋭い寄せでした。
将棋界の応援者・地元の子供たちの指導者であることに加えて、ご自身で指されるのも大好きで、強い将棋でした。
そして、終わったあとはいつも熱心に検討しておられました。

あと、実はバックギャモンもやったことがありました。たしか仕事ではなく、プライベートで訪れたときだったような記憶があります。
将棋指導者の方とギャモンで対戦したのは、花輪さんが唯一のような気がします。

素敵な思い出は尽きず、本当に残念ですが、最後にお別れにうかがうことができたことにも、ご縁を感じます。
謹んで哀悼の意を表します。

勝ち

一昨日の対局は、後手番で矢倉戦。
とは名ばかりの、相居飛車急戦形。
中盤は一歩損しつつもバランスを取る展開で、図は八方にらみの角を打たれた場面。
いかにも中盤の難所、という雰囲気の局面だと思います。
この直前の指し手は▲1六歩△9四歩で、プロっぽくはあるけど、正しかったのかどうか。

ここで△2四歩と突きました。▲3四銀に対して△4四銀とかわした際に、▲2三銀成とされても飛車先を突破されにくくしています。
争点ずらしの手筋ですが、昔は▲同飛に△2二歩と受けるためというケースがほとんどでした。
最近は一段飛車の影響で、他の意味付けが増えている印象です。

本局の場合は、▲2四同飛なら△3五角~△5七角成と馬を作って受ける筋がひとつ考えられます。
他に△5七角や△3三角などもあり、難しい展開が続きそうです。
実戦は△2四歩に▲2五歩△同歩▲2四歩と攻めてきましたが、結果的にこれはあまり良くなかったようで、△5七角から攻めを受け止めて勝つことができました。

図の局面は(歩1枚だけとは言え)駒割りに差があり、2筋が切れている代わりに8筋が詰まっていて、さらに香が定位置から動いている(角交換したため)など、いろいろと過去には見られなかった特徴が詰まっていて、いかにも現代将棋という感じがします。
判断が難しくて、形勢も指し手もよく分かりませんでしたが、なんとかバランスを崩さずに指すことができたので良かったです。

近況

しばらく間が空いてしまいました。もう年末が近いですね。

先週末は2泊3日で宇都宮と鹿沼へ。
コロナ禍でこの2年ほどは栃木に出かける回数も少なくなっていましたが、今年は久々に、繰り返し足を運べています。
いつもの大会や、支部の集まりのほか、今回は初めて文星にも行けて良かったです。
来月はちょっとしたイベントも行われる予定なので、第8波が大きなものにならなければと願っているところです。

あとは細々とですが24の指導も続けています。
最近は残念ながら棋士のほうが少なくなっている印象ですが、せっかくこうした場を提供していただいている以上は、すこしだけでも続けていこうと思っています。

ギャモンのほうは名人戦で今年もベスト4まで来ました。
昨年末に初優勝してから1年、連覇を目指しての準決勝・決勝はおそらく年明けになるんじゃないかと思います。
パフォーマンスは一進一退ですが、楽しんで続けられているので、それなりに充実しています。

あとは、ボードゲームばかりにならないように、以前よりはなるべく体を動かす、特に歩くように心がけています。
家の中では詰将棋が詰まないせいで気がついたら時間が過ぎていたりとか、対局も仕事もほとんどないわりには、時の流れが早く感じます。
20代と40代では時間の流れ方が変わってくるのは自然なことだと思うので、うまく調整しつつ、ありのままを受け入れていきたいです。

最近の将棋界の話題、いろいろありますが特に羽生先生の王将リーグ全勝は本当にすごいの一言です。
年明けからの7番勝負は将棋界を越えて、世間の大きな注目を集めそうですね。