久々の

更新です。

このところ対局はないのですが(先月の順位戦の次が、来月の順位戦で確定)、それにしてはいろいろと忙しくしていたのと、あと我が家のネット回線が謎の不調で、ブログその他からすこし遠ざかっていました。
機器を交換してすこし状況が改善したので、24指導も募集を再開しました。
ご興味ありましたら、お越しください。

近況としては先週末に宇都宮出張があったあとは、練習将棋を指したり、ギャモンやったり、久々に買い物に出かけたり、久々に原稿を書いたり、といった感じで過ごしています。
もう師走、今年も早かったなあという感じで、気がついたら時間が過ぎ去ってしまいますね。

森師匠の記事が、師匠の地元である愛媛新聞に掲載されていて、評判になってました。
【連載】名伯楽の棋士育成論
最後のほうの「普通の子が棋士になって、努力が報われるようでないと」というところは特に、自分もすごく同感でした。
厳しい世界であると同時に、正しく努力すればそれなりに報われる世界でもあるし、これからもそうであってほしいし、きっとそうだと思います。

献本御礼、幻冬舎さんが将棋に続いてギャモンボードも作ってくれました。
バックギャモン
ゲームを普及する上で道具の有無は大きいです。安価でしっかりした作りのボードが大量生産されることで、ファンは確実に増えることでしょう。
デラックス将棋ともども、とりあえず100万部ぐらい売れてほしいです。

今日はこれから親子対決を観ます。

勝ち

一昨日の対局は、先手番で角換わり。
対早繰り銀の戦型で、中盤がずっと難しい将棋でした。

67手目の▲4八飛は負けていれば痛恨のミス。単純な△2九角成を、うっかりしていました。
ここは▲4六金と勝負に行く手を読んだものの、(△同銀ではなく)△3八角成の変化が解決せず断念。
ただし辛抱するなら▲3九飛とすべきで、それなら以下△5四銀に▲4九飛と戻って千日手!の可能性もあったと、感想戦で指摘されました。

以下は苦しくなったものの、そこで崩れず持ちこたえることができました。
終盤は86手目△8六歩に代えて△5八桂成ならば、難解ながら負けだったように思います。
とはいえ全体的によく頑張った内容だった気がします。
中継でご覧いただけると嬉しいです。

久々にかなり遅い時間まで感想戦をやって、ホテルに戻ったのはたしか1時頃でした。
さすがに疲れましたが、良い結果が出て、星取りも指し分けに戻すことができてホッとしました。
また有望な若手にこういう内容で競り勝てたことは、自信にもなりました。

それとこの日の昼休み、同じく対局だった糸谷君から「棋士会の新しい動画が明日UPされます」と声をかけられました。
相当、気合の入った様子だったので、僕も東京に帰ってからさっそく全部観てみました。
たしかに、面白かったです。
百聞は一見、良かったらこちら、ぜひ観てみてください。

負け

一昨日の対局は、後手番で角換わりになり、右玉を選択。
かなり久々とは思ったのですが、そもそも公式戦では初めてだったみたいです。

終盤は詰めろ逃れの詰めろが出てきたりして、けっこう面白い内容になった気がしました。
ただ残念ながら終始苦しい形勢だったようで、的確に指されてしまい、どの変化も一手及ばず。
振り返ってみると、あまりチャンスらしいチャンスのない将棋でした。

また本局は自分にとっては初めて、椅子席での長時間の対局でした。
(昨年のNHK杯本戦や今年のサントリー杯など、短い持ち時間では経験がありました)
結果は負けてしまいましたが、普段の対局と変わらずに指せたと思います。

次の対局は順位戦で大阪遠征です。