せつもく

昨日はブログにも書いた通り、午前中から夜中まで豪華な一日でした。

王将戦は、豊島八段に挑戦権。
タイトル戦は4回目の登場で、うち久保王将への挑戦が2度目なので、これまでのところ縁のあるカードということになりそうです。

豊島八段は最近特に作戦面での用意周到さが目立つので、振り飛車対策として有力と考えている指し方が多く見られそうで、楽しみな番勝負です。
挑戦を決めた一局は、お互い相当に突っ張った指し方をされて、観ていて驚きましたしとても面白い内容でした。

他の2局は、雁木模様と横歩取りという全く異なる戦型でしたが、金が三段目・四段目に出ていく超力戦形、という共通点がありました。
以前に比べて、こういう指し方は増えているように思います。
形にとらわれずにバランスを取っていく将棋が好まれるようになり、また必要に迫られているという意味もあるのでしょう。

それにしても王将リーグ、7人中5人が3-3で並ぶとは。
さすがにこれは前代未聞なんでしょうね。
順位差で新参加の3名が陥落という結果に。厳しいリーグです。

 

表題は昨日の王座戦で藤井四段が勝ちを収めたあと、会見で述べた言葉だとか。
いままで話題になった「望外」や「僥倖」は、特に難しい言葉という印象はなかったですが、節目と書いて「せつもく」と読むとは、初めて知りました。
インタビューには事前準備があるのか、それともその場で考えているのかは、大変興味深いところです。

肝心の将棋の内容のほうは、ずいぶん苦しかったように見えたのですが、気がついたらはっきり勝ちになっていて、相変わらず驚かされるばかりです。
そしていつの間にかまた2ケタ連勝に突入しているそうで。
報道の勢いも再び加速しそうな感じです。

次の注目はやはり順位戦の昇級なるかと、叡王戦本戦、それに年度成績といったところでしょう。
明日は銀河戦の放映日だそうで、こちらも楽しみですね。

 

今日はリコー杯の第3局、舞台は静岡。
他にA級順位戦など中継は全部で4局、今日も豪華な一日です。

王将リーグほか

昨日のモバイル中継、阿部ー遠山戦はすごい将棋でした。
角換わりの近年よく見かける形から、後手玉が単騎で突進、しばらく危ない場所を遊泳したのち、入玉を果たして勝利。
なかなかお目にかかれない攻防だったと思います。

こんなに短い手数で玉がここまで入り込んだ例はあるのかな?と気になってDBで調べてみたのですが、意外にもけっこうありました。
(二段目どころか一段目もあった)
自分自身は入玉して勝った経験はほとんどないはずなので、こういう戦い方も勉強しないといけないかもしれません(?)

 

今日は王将リーグ最終日。
リーグ戦の最終局というのは一斉対局が通例になっており(他に王位リーグや女流名人リーグなど)、王将リーグの場合は7人なので3局+1人が抜け番。

王将戦協賛の囲碁将棋チャンネルではテレビと、インターネットの将棋プレミアムでも生放送が行われています。
挑戦や陥落の多くが決まっている可能性もあった中、結果的にはほとんど決まらず、かなり盛り上がる展開になったと言えそうです。

モバイル中継は王将リーグのほかに竜王戦6組(裏街道決勝)、王座戦、棋聖戦、朝日杯で都合5棋戦8局。
とても豪華な一日になりましたね。

 

連盟HPより2つ。

「待つ」ということをどう捉えるか(将棋コラム)

将棋の教育的効用、というのはいろいろあると思いますが中でもこの「待つ」というのはけっこう特徴的かなと思います。

僕が将棋のルール(ゲーム性、と言い換えても良いかもしれない)を伝えるときに特に強調するのが「交互に指す」という点です。
二手続けて指してはいけないし、相手が指したのに気づかずよそ見していてもいけない。
当たり前のことなんですが案外、これを学ぶ機会は少ないものです。

職団戦に女流棋士会ブース

今年は例年よりすこし時期が後ろ倒しになり、あさっての祝日に秋の職団戦が行われます。
勤労感謝の日、というぐらいですから職場対抗の大会にはぴったりの日という気がしますね。

近年は400チームを超える参加をいただいていますから人数にして2000人以上、めったにないほどの数の将棋ファンが集まる会場ですからこうやっていろいろとPRするのが良いと思います。
僕は実はこの日対局がついていて(モバイル中継もあります)、応援に行けないのは残念ですが、皆様の健闘を願っています。

JT杯と、詰将棋の話など

昨日のJT杯決勝は、山崎八段が勝って優勝。おめでとうございます。

棋譜はあとで見たのですが、なんとも彼らしい内容の将棋でした。
公開対局でご覧になっていた方は、大熱戦にさぞハラハラドキドキ、大満足されたのではないでしょうか。

子ども大会参加者も大幅増、報道によれば3600人ほどだったとのこと。
たぶん2年前のギネス記録も更新されたのではと思います。
素晴らしいことで、未来はいっそう明るいですね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日もご紹介した「中学生棋士」にもたびたび出てくる、詰将棋の話。
冒頭で「詰将棋の問題を作ることは、プロ棋士である私にとっては唯一といってもいい趣味である」と書いてあったりして、これは同じプロ棋士の自分でもちょっとびっくりしました。

僕の場合、趣味というと他のゲーム全般で、詰将棋はあくまでトレーニングですね。
(正直言ってそれほど得意ではないし、解くだけで作るほうはできない)
前にも書いた通り、最近は「短編名作選」を毎日の日課にしていて、見開き2ページずつなんですがこれが終わらないと一日が始まりません。
ブログの更新が遅れているとだいたい寝坊か、詰将棋が詰まないかのどちらかです(笑)

17手までなので極端に難しいのはない、はずなんですが実際はそうでもなくて四苦八苦。
詰将棋作家というのは本当にすごい方々だなあと思います。
いまのペースでいけば年内にはなんとか終わる計算なのですが、どうなるか。

ところで、僕は未来の人類は仕事に追われることもなく、いかに楽しく余暇を過ごすかがみんなの課題になって、そこでどれだけただ楽しいだけでなく知的な活動をできるかが重要になるのではないかと予想しています。
将棋はきっとその一助になると思っていますし、他のゲームももちろんそうなんですが、詰将棋はその中でもし順位をつけたら、かなり上位にランクインするのかもしれません。

トレーニングとして取り組むと、詰まないと本当にしんどいというか、イライラするんですが(笑)、そこが面白い、あるいは工夫のしどころでもあるわけで、趣味として取り組めばこれほど楽しいものもないのでしょうね。

指す将の方には詰将棋やらなきゃなー、でもしんどいしなー。と思っている方はけっこう多いはずなので、そういう人は、もうすこし気楽に取り組むと良いのではないかと思っています。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AbemaTIMESのこの記事を読んで、昔のことを思い出したので最後にすこしだけ。

15年ぐらい前のこと、中原ー米長戦の記録を取ったら、感想戦がなかったということがありました。
負けた米長先生が先に帰られたあと、棋譜をコピーして戻ってきたら、残った中原先生に「ちょっとそこに座って」と言われて、短い時間でしたがその場所で僕が米長先生の側を持って、感想戦をしました。

記録はたくさん取ったんですが、あのときはさすがに緊張しましたね。
懐かしい思い出です。

私は泣いたことがない

昨日の旅のお供は「中学生棋士」(谷川浩司)
藤井四段を中心に、ご本人を含む5名の、中学生でプロ棋士になったスターたちの物語です。

藤井君の幼少期の話がいろんな媒体で語られるようになって久しいですが、必ず出てくるエピソードが、詰将棋能力のすごさと、あとはよく泣く子だったという話。
谷川先生にとっても、初めての指導対局での出会いは、印象深いものだったそうです。

こういう本を読むときはやっぱり、自分と重ね合わせながら読む部分が多くて、当然ながら自分も他の棋士(トップに限ったことではないと思う)との共通点は多いのですが、明らかに違うなと思うのが、僕はあまり泣かない子だったなあということ。
身の周りを思い出してみても、兄弟子の山崎君もわりとよく泣く子だったし、弟弟子の糸谷君はそれ以上でした。
たしかに、奨励会の対局で負けて泣いている子は他にもいました。
自分が棋士としての才能に欠けていると感じることはそれほどない(逆に才能があったと思うこともない)のですが、この点だけは、他の棋士と明らかに違うようです。

 

そんなわけで、棋士のこのテの新書を読むと、いつも脳内に中森明菜が流れます。
まあ、「ない」は大げさなんですけど、はっきりと自分の記憶にあるのは数えるほどしかないので。

子どものころ、実は私も将棋に負けて泣いたことは数知れない。泣くほどに負けず嫌いであることは、将棋のプロになろうとする子どもにとっては才能の一つでもある。プロ棋士も、負けても悔しくなくなるようであれば、引退を考える時期だ。

たしかにその通りだなと思いつつも、勝っても負けてもわりと淡々とブログで振り返ったりもできる方ですし、いろいろと考えさせられてしまいます。

もっとも泣く子が必ず強くなるかというとそんなわけもなくて、大切なのはバランスなんでしょうね。

嬉しさや悔しさを感じることで、将棋が強くなるためにはどうしたらいいかと真剣に考えるようになる。そう考え始めれば、強くなるための行動を子どもは自発的に始める。楽しい、嬉しい、悔しいという三つの感情が、バランスよく子どもの感情に配分されると、その子の将棋は長続きする。

藤井君に関する書籍は夏頃から目立つようになってきていて、だいたい目を通しているのでまた機を見て紹介したいと思います。

藤井四段が高校進学を「最善の一手」にするには
奨励会同期入会の、後藤元気君の記事。
3ページ目の最後に自分の名前が出ていたので、ご紹介しておきます。

自分によっては昔話のような感じでもあるのですが、こうやってときどき、名前を出してもらえるのはありがたいことだと思っています。
これからもたまには、周囲を驚きザワつかせるような活躍をしたいものです。

日帰り出張

昨日はせっかくモバイル中継していただいたのに、残念な内容でした。
このところいろいろあって、準備不足や精神状態の悪さが出てしまいました。

先月半ばまで連勝していましたが調子が良いとは感じていなくて、将棋の内容も徐々に悪くなっているので危機を感じていました。
昨日の内容ではっきりと自覚できたので、状態の悪さを意識した上で、もう一度上昇気流に乗れるように頑張ります。

常に波があるのは人間なら当然のことなので、良い波を大きく、悪い波を小さくできるようにと思います。
しばらく週1で対局が続くので、何はともあれ日々の勉強を怠らないように気をつけます。

夜のパーティーでは久々に谷川先生にお会いしました。
すこしだけ言葉を交わす機会に恵まれ、大したお話はしていない気もしますが、なんだかとても勇気づけられました。
これがきっかけで、良い波に乗れる気がします。

今日はこれから日帰りで宇都宮へ。
毎年恒例の高文連の段位認定大会です。

8時には新幹線に乗らないといけないので、簡単ですが今日はこのあたりで。