王位戦

昨日・今日で第2局、舞台は福岡。

開始早々、また菅井七段が魅せてくれましたね。
この数か月だけで、ずいぶんと新構想を見せてくれている気がします。

まずはゴキゲン中飛車の立ち上がりからの△3二飛。
こないだの順位戦では、その出だしからの△2二同飛。
そして本局は、この戦法の先手番バージョン。

並べてみると似ている感じもありますが、どれもオリジナルですよね。
いまの時代にこの構想力はすごいの一言です。

そしてそのしばらく後の▲7七角(打ち)も、見たことのない一着でした。
なんだか序盤は升田先生、中盤は大山先生をほうふつとさせます。
現局面は形勢はいい勝負に見えますが、振り飛車ペースと言っても良さそうな気はします。

こういう振り飛車を、指せるようになりたいなと素直に思いました。
そういったモチベーションは、強くなる上で大切だと思うので、これからも、いくつになっても持ち続けたいです。

では、行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です