国際フォーラムなど

この週末は北九州で国際フォーラム。
文字通り世界中から将棋ファンが集う、3年に一度の大きな祭典です。

前回の2014年は静岡で行われ、参加国・選手の数が大幅に増えましたが、今年もそれをさらに上回る数になったようで、嬉しい限りです。
第7回国際将棋トーナメント 代表選手決定

日本人選手は例年通り地元代表の子供と、将棋親善大使の波戸さん。
北九州にはサッカーチーム・スタジアムもあり地元がサッカーに力を入れているので、ということもあるのでしょうね。
まさに「日本代表」の名にぴったりです。

今日が前夜祭で、明日・あさってが先の代表選手による大会と、イベント。
国際色と地元色を盛り込みつつ、指導対局等、通常の将棋イベントと同様の催しも行われます。
自分は今年は参加できず残念ですが、どうか多くの方にご参加いただけますように。
shogiの広がりを実感できることと思います。

 

盤外の話題。

昨日は連盟で書道部。
名人戦棋譜速報の応援掲示板にすこしだけその様子が出ています。
順位戦デビュー前の斎藤新四段も来ていました。

今朝注目のニュースは、やはりプロ野球のドラフトでしょう。
カープ1位は広陵の中村奨成さん。
地元の期待はさぞ大きいことと思います。
今年のCSは大変残念でしたが、来年こそは日本一に期待しています。

注目の清宮さんは日ハムになったそうで。
お2人ともコメントが素晴らしくて、藤井四段に負けてないですね。
若くて人間的にも優秀なスターを見ていると、とても明るい気持ちになります。

日ハムには東大の方も入ったそうですね。
ふと気になって調べてみたら、過去に5人もいるとは驚きました。
将棋でも後輩棋士の誕生はずっと心待ちにしています。
僕はもちろんカープファンですが、パ・リーグはしばらく日ハム推しでいこうかな。

 

昨夜は書道のあと、修道の同級生5人で集まって飲んでました。
自分の歳だと、そろそろ会社の中で地位が上がってきたり、そうでもなかったりという感じでしょうか。
まあ、話してる内容はそんなこととは関係なく、他愛無いことばかりなんですけどね。
久々に羽目を外して飲みすぎました。軽く反省。

そんなわけで、昨日も面白い将棋が多かったのですがちゃんと見れているか自信がないので、今朝は盤面の話題はナシにします。

今日は叡王戦で新王座が登場。
他のメンバーが同期・兄弟子・弟弟子なので、個人的にちょっと注目しているブロックです。

1件のコメント

  1.  30代半ばだと人生の道を選ぶ時期ですかね。

     独身と家庭持ちで別の道があるでしょうし、子どもがいるかいないか、自分や家族が健康かで選択肢も増えます。
     昔よりはるかに世の中のスピードが速く、複雑化している時代、一方で加齢による衰えは否めませんから、両立が難しくなってきます。

     スポーツ選手でも戦力外通告や引退などでセカンドキャリアを考える年齢だと思います。
     ドラフトの陰でこうしたセカンドキャリアを考える皆さんにも新たなステージで頑張って欲しいと思います。
     私の応援するチームで、好きな選手が戦力外になったのでなおそう感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です