倉敷藤花ほか

昨日の倉敷藤花戦第1局は、里見さんの先勝。
伊藤さんは▲6四桂の両取りが、ちょっと感触の悪い手でもったいなかったと思います。
このカードは毎局面白い将棋になる印象ですが、里見さんの最終盤での懐の深さが目立ちますね。

棋譜コメントを見ていると、立会人の中川さんを中心とした検討が楽しそうで、光景が目に浮かぶようでした。
女流棋士も大勢集まっていたようです。

連盟HPには展望記事も出ていたのですね。
将棋コラム
僕は昨夜、対局が終わってから読みました。

タイトル戦開幕直前の展望記事は、最近の連盟HPでは恒例にしているようで、良い試みと思っています。
ただ第1局当日よりは、数日前ぐらいに掲載されたほうが良い気がするんですが、どうなんでしょう。
ここにひっそりと要望しておきます。

 

王将リーグは豊島八段が独走状態、これで早くもプレーオフ以上確定とのこと。
A級順位戦でも全勝ですし、すごい勢いですね。
昨日の将棋はたまたま終局の直前あたりをリアルタイムで観ていたので、急に終わってびっくりしたのですがそういう流れでしたか。

王将リーグ4回戦、豊島八段戦。
本人の感想ほど正確なものはないので、ありがたい限りです。
最近は他にも竜王戦に関することとか、叡王戦の抽選の様子とか、竜王とは思えないほど率直で、渡辺明ブログらしさが戻ってきた感じに見えます。

 

王座戦一次予選の佐々木ー阿部戦、阿部七段の序盤戦術があまりにも斬新で目を引きました。
マニアックすぎて真似する人はなかなか現れないと思いますが、素晴らしい個性で、結果を出したのも見事です。

対する佐々木六段の「肉豆腐定食、肉大盛り、ごはん大盛り、モチ1個」もすごい手でした。
こちらは今後真似する人が現れるのでしょうか?
指し過ぎだと思うので、自分はやりませんけど(笑)

昨日も書いた通り他にも注目局多数の一日でした。
今朝は更新が遅くなってしまったので、今日はひとまずこのあたりにして、気が向いたら明日また改めて触れようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です