せつもく

昨日はブログにも書いた通り、午前中から夜中まで豪華な一日でした。

王将戦は、豊島八段に挑戦権。
タイトル戦は4回目の登場で、うち久保王将への挑戦が2度目なので、これまでのところ縁のあるカードということになりそうです。

豊島八段は最近特に作戦面での用意周到さが目立つので、振り飛車対策として有力と考えている指し方が多く見られそうで、楽しみな番勝負です。
挑戦を決めた一局は、お互い相当に突っ張った指し方をされて、観ていて驚きましたしとても面白い内容でした。

他の2局は、雁木模様と横歩取りという全く異なる戦型でしたが、金が三段目・四段目に出ていく超力戦形、という共通点がありました。
以前に比べて、こういう指し方は増えているように思います。
形にとらわれずにバランスを取っていく将棋が好まれるようになり、また必要に迫られているという意味もあるのでしょう。

それにしても王将リーグ、7人中5人が3-3で並ぶとは。
さすがにこれは前代未聞なんでしょうね。
順位差で新参加の3名が陥落という結果に。厳しいリーグです。

 

表題は昨日の王座戦で藤井四段が勝ちを収めたあと、会見で述べた言葉だとか。
いままで話題になった「望外」や「僥倖」は、特に難しい言葉という印象はなかったですが、節目と書いて「せつもく」と読むとは、初めて知りました。
インタビューには事前準備があるのか、それともその場で考えているのかは、大変興味深いところです。

肝心の将棋の内容のほうは、ずいぶん苦しかったように見えたのですが、気がついたらはっきり勝ちになっていて、相変わらず驚かされるばかりです。
そしていつの間にかまた2ケタ連勝に突入しているそうで。
報道の勢いも再び加速しそうな感じです。

次の注目はやはり順位戦の昇級なるかと、叡王戦本戦、それに年度成績といったところでしょう。
明日は銀河戦の放映日だそうで、こちらも楽しみですね。

 

今日はリコー杯の第3局、舞台は静岡。
他にA級順位戦など中継は全部で4局、今日も豪華な一日です。

2件のコメント

  1. 藤井四段に、記者があらかじめコメントを考えているのか聞いたところ、そこまでは考えていません、と答えているのを見たことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です