勝ち

昨日の対局は、久々に良い将棋が指せました。
感想戦をいつもより長めにやって、0時頃帰宅。心地よい疲れでした。

中3日でまた次の対局があり、その間もいろいろと予定があるので、体調に気をつけて過ごしたいと思います。
また王座戦はこれで予選決勝に進出。枠抜け目指して頑張ります。

 

昨日は大広間の真ん中の部屋で対局だったのですが、珍しいことに隣の部屋がどちらもA級順位戦でした。
A級が同じ日に指されていること自体も多くはないですし、あったとしても普通は特別対局室なので、このケースはかなり珍しいです。
もしかしたら初めてかもしれません。

これは特対で棋王戦本戦の2局が行われていたためで、おかげでトップ棋士に囲まれて、ピリッとした空気の中で、対局することができました。
身も気持ちも引き締まる、良い一日でした。

そのA級順位戦、たまたま控室で感想戦を終えて目にした場面が、深浦九段が▲7三角と打ったところだったのですがあれは良い手でしたね~。
ちょっとお目にかかれない手筋だと思います。
お互い粘り強い指し回しで、さすがの一局だったと思いました。

その前日の羽生ー渡辺戦は、羽生棋聖がいきなり▲3三角成と切っていったのが、指されてみるとなるほどの好手でした。
最近角とか桂の、印象に残る好手が多い気がします。

藤井四段も、角や桂の使い方が特徴的とよく言われますよね。
大山将棋のような、金銀の時代の再来はあるのかどうか。

 

棋王戦は2局とも若手の勝ち。
特に黒沢君は殊勲の星を挙げましたね。
まだ内容をきちんと見ていないのですが、大きな一番で名人を倒すとはお見事でした。
これで予選勝ち上がり組の挑戦確率が単純計算で7/8になりました。

他、昨日はニュースなど多い一日でしたが、いろいろあるのでまた明日に回します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です