永世七冠

一昨日は将棋界にとって歴史的な一日になりました。

羽生善治が竜王位を奪回し、史上初の「永世七冠」の資格を獲得(連盟HP)
数多くのタイトル戦を戦った佐藤会長はじめ、スター棋士たちの祝福コメントが掲載されています。

当日の読売新聞の号外をはじめ、各メディアでも数多く、大きく報道されていました。
こちらは翌朝の読売社説。
羽生永世七冠 将棋史に刻む偉業を称えたい

 

今期の竜王戦は、振り返ってみると第1局が大きかった気がします。
開幕前は渡辺竜王の調子は普通で羽生挑戦者はやや不調、と見えていたのですがあそこからそれが逆転した気がするので。あくまで傍から見ての印象ではありますが。
腰掛け銀に対して持ち駒の銀を合わせた▲5五銀という手があったのですが、あれは気が付きにくい攻めで印象に残りました。

最後の第5局はすこし差のついた内容でした。
そういえば七冠達成の一局もそうでしたし、案外そういうものなのかもしれませんね。

羽生先生ほど将棋を勝ち続けた棋士はいないし、今後もまず現れないと思いますが、それでもこの永世七冠、その前の同時七冠、いずれも達成の前に、惜しいところで失敗しています。
こんなとんでもない記録を、一度逃しておきながら、再度チャンスが来て、モノにするというところがすごいです。

 

今年はあまりにも大きなニュースが多くて、本当にすごい一年でした。
十大ニュースとかで、ランク付けするとどうなるんでしょうね。

一夜明けた昨日も、大きなニュースがありました。

AI「アルファ碁」を改良、将棋・チェスでも最強

詳細はちょっと僕には分からないのですが(論文は英語だし)、この記事を読む限り、革命的な進歩を遂げたように読めます。
きっとまた相当なブレイクスルーがあったのでしょう。
碁のときがとにかく衝撃的だったので、そのときほどの驚きはありませんが、ルール覚えて2時間って。

今週も面白い将棋が多く、中継の話もしたいのですがまた明日にします。

1件のコメント

  1. 将棋とは何か深く考えさせられる出来事(偉業)でした
    繰り返し×2で導きだした答えは「もう眠い(am351)」だったことは内緒にしておいてください(* ̄∇ ̄)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です