30代後半の目標

昨日に続いて、新年の計なんですがすこし長いスパンでの話です。

30代も後半に入り、当然ながら後輩は増える一方で、年齢的なことを意識することも増えてきました。
もちろんこの先の人生下降線、という気はさらさらなくて、これからもどう成長していくかが大切です。
若い頃とはまた違った形の成長曲線を意識して、そこに向かって努力していくつもりです。

僕は目標というものはできるだけシンプルで、いつも意識していやすく、でも決して簡単すぎないことが良いと思っています。
30代としての残る数年間をどう生きていくべきか、昨年の春以降ずっと考えていました。
そして昨年末に、今年だけではなく数年の単位での目標を立てました。

将棋盤の前では、菅井王位のように、真摯な気持ちと、新しいものを生み出す意欲を。
メディア出演などの公の場では、中村王座のように、気遣いと品格のある振る舞いを。
家に帰れば、佐藤名人のように、マイペースでゆとりある暮らしを。

それぞれ心がけて、充実した人生にできればと思います。
現タイトルホルダーの3人以外にも、将棋界にはお手本となる後輩がたくさんいるので、彼らから良いところを吸収して、自分の成長につなげていきたいです。

 

振り返ってみて、31歳で理事に立候補したときは、30代は連盟と将棋界のために一生懸命働いて、40代に入る頃に改めて自分の人生を見つめ直そうと思っていました。

それが思わぬ形で、予定より数年早くその時期が来てしまい、いろいろと大変なこともあって、昨年は思いがけない人生のサバティカルでした。
悩んでいるばかりで、行動することのない一年でしたが、そんな時期もときには必要だと、後から思えるようにしたいものです。
今年はしっかりとした指針を持って、今後どういう棋士人生を送るのかを改めて考えながら、行動も伴った一年にしたいと思います。

今年もきっと将棋ブームは続くことでしょう。
皆様もどうか充実した将棋ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です