国民栄誉賞とか

昨日の指し初め式、これも将棋ブームの影響なのか?なんとなく例年以上に盛況で、皆さんの表情もいつも以上に明るかったような気がしました。
僕も最後のほうに一手パチリ。中盤の局面で、▲5六銀と味良く歩を払う手でした。
良い一年になりそうな気がします。

祈願祭の最中には、緊急地震速報が来てびっくり。
ちょっとしたハプニングでしたが、結果的には何事もなくて良かったです。
その後深夜の地震にも再度びっくりしましたね。

 

お昼頃からの宴席では、たくさんいらっしゃったはずの記者の方々の姿が少なくなっていて、どうしたのかなと思ったら国民栄誉賞が正式決定というビッグニュースが入っていたのでした。
夕方羽生竜王の会見もありましたが、それまでにも先を争うように記事をたくさん書いていただいたようですね。

それほど長年知っているわけではないですが、おそらく昨年ほど将棋担当の記者の方々が東奔西走された年は、これまでになかったのではないかと思います。
今年も引き続き、大変な年になると思います。お世話になります。
昨年以上に、良いニュースであふれかえる年にしたいですね。

羽生先生本人のコメントや他の棋士からの祝賀コメント、会見の内容等は、連盟HPにも出ています。
羽生善治竜王、国民栄誉賞の受賞が決定
羽生善治竜王「結果が出ない時も挑戦の気持ちを持ち続けてきた」国民栄誉賞を受賞して思うこと

本当におめでとうございます。

 

さて今日から公式戦の対局がスタート。
開幕は竜王戦のプロアマ戦と、王位戦の大橋四段ー藤井四段戦。
このカードは同期でのプロ入りから、1年ちょっとで早くも4局目ですか。
関西所属同士で比較的当たりやすいとは言え、2人がいかによく勝っているかの証明ですね。

年末年始は公式戦の対局こそなかったですが、棋譜中継は毎日行われていました。
藤井四段の連勝中の勝局から「初心者向け解説」が2局。
それと、上州将棋まつり(4日)の戸辺七段ー三枚堂六段戦が、四間飛車vs棒銀のクラシックな将棋で目を引きました。
こういうのは非公式戦ならではでもあり、良いですね。

戸辺七段の終局後のコメント「四間飛車を指すのは初めてかもしれません」には新年早々軽い衝撃を。
もっとも振り穴とか角交換四間飛車は得意なイメージなので、四間飛車で美濃囲いvs棒銀が初めてという意味なんだと思いますが。
僕も年末に急戦の将棋を久々に指して、得るところ多かったですし、本当はもっと指されてほしい戦型ですね。
本局も懐かしいだけでなく、多くの方々に参考になりそうな好局でした。

自分の初対局は週明け初日の火曜日です。(順位戦)
良い将棋をお見せできるように、そろそろ準備していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です