番組出演とか

昨日の朝日杯、藤井四段が佐藤名人を破って準決勝進出。
一昨日の結果と合わせて、有楽町で羽生ー藤井の公式戦初対戦が実現することが決まりました。

このニュースをまた各メディアで大きく取り上げていただいているようで、僕も今日のお昼に「ワイドスクランブル」に出演することになりました。
予定通りならばお昼の1時前ぐらいから、テレビ朝日です。
良かったら、ご覧ください。

 

藤井四段は連勝が止まった後も、勝っても負けてもニュースになる状態がずっと続いていますが、久々に(?)大きな実績を挙げたことになります。
中学生がデビューから1年ちょっとで名人に勝って次は竜王との対戦とか、小説か漫画みたいな話でなんだか実感がないんですが、肝心の将棋の内容が堂々たる完勝なので、もう言葉もありません。
あと2勝したら本当にもう、どうなるんですかね。

結果もさることながら、とにかく将棋の内容が新人離れしているので、今後数年の間に、彼を目標とする現在や未来の若手棋士たちを中心に、将棋界全体のレベルが上がるのは間違いなさそうです。
とにかく、すごいの一言です。

自分の若い頃を思い出してみて、タイトルホルダーとの対戦は、たしか過去4回だったと思います。
実力と成績を考えたときに、これが多いほうなのか少ないほうなのかはよくわかりませんが、トップ棋士とは当たるだけでも大変なのは事実です。
まして勝つのは大変ですし、めったにない機会なので、平常心で指すのも大変です。
藤井四段の場合はいつものこととは言え、将棋も立ち居振る舞いもその後の受け答えもしっかりしていて、本当にすごい中学生です。

 

また朝日杯はこのところ、遠征しての公開対局が実現して、そこに協賛社もついたりと、本当に良い展開が続いていますね。
昨年は熊本、今年は名古屋、ときて、来年はどこだろう?と早くも楽しみです。
来年はBSやウェブだけでなく、地上波でも放映されるようになったりして。

女流名人戦はちょっと挑戦者が不出来だったようですね。
相振りは序盤のちょっとしたところで差がつきやすいので、こういうことはよくあります。
第2局の戦いぶりに期待しましょう。

今日の中継は5時間の将棋ばかり3局。
なんとなく、じっくりした将棋、重厚な戦いになりそうなカードがそろいました。

※追記
女流名人戦の蛸島ー千葉戦も中継されることになったようですね。

4件のコメント

  1.  とはいえ、1回勝っただけで「名人を超えた」とか最近のメディアは煽るばかりなので、無知な金儲けの為に煽るだけのメディアから金の卵を守って頂きたいと思います。

     中学生に将棋を知らないメディアに対応させるのは将棋以外の点で大変疲れるし、めんどくさいことだと思います。

     一番危惧するのが、藤井四段だって人間ですから調子を落とすこともあるでしょう。連敗したとき、メディアが叩きかねない。そうなるとそれが世間に広まり、かなりメンタル的に厳しいと思います。
     スポーツの例で見るとまず潰れます。

     さんざん持ち上げて落ちた犬を叩くというメディアの常套手段を考えると、持ち上げすぎないように、協会や棋士の皆さんが冷静にメディアに釘を刺して頂きたいと思います。

    1. どうなんでしょう?彼の受け答えを見ていると、いろんな心配は杞憂なのではと思ってしまいます。

      ちなみに昨日出演させていただいたときには、「超えたとは思ってない」というコメントがきちんと紹介されてましたよ。

      1.  そうですか。同じプロなんだから放っておけという感じはよく分かりました。

         現実にはメディア内部からも問題視する報道が出ている訳ですけど。
        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000044-dal-ent

         高校生になると個別対応が求められる可能性が十分あり、負担はさらに重くなると思いますが。

         まあプロの世界ですから、強い競争相手が減った方がいいのは事実でしょう。

        1.  念のためですが、プロがプロにシビアなのはそれはアリだと思っています。勝負師の世界ですしね。
           念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です