叡王戦など

今期から新しくタイトル戦になった叡王戦は、先週まででベスト4が出そろいました。
ついうっかりしてしまいますが第1期はタイトルホルダーがいないので、次の準決勝は実質的な挑戦者決定戦です。

7つのタイトルを6人で分け合う時代にも関わらず、すでにその6人の名前はなく、タイトル経験者も丸山九段ただ一人、という波乱の展開。
新棋戦でニューヒーローが誕生、となるのかどうか。

金井六段・高見五段とは公式戦で何度も対戦している間柄なので、僕自身にとっても、彼らの活躍は良い刺激になります。
この一年は下位からの勝ち上がりが全体を通じて多く、自分にもタイトル戦に出るチャンスはあるんだ、と改めて思った棋士は多いことでしょう。
準決勝は24日と29日。注目しています。

 

先週は順位戦の対局が多かったですが、今週は竜王戦が比較的多いですね。
今日は3組の1回戦で中村王座が登場するなど、3棋戦5局の中継があります。
ランキング戦の1回戦は、ほとんどの棋士にとっては特に大きな勝負です。

その他は朝日杯が1ブロックと、王位戦のリーグ入りの一番が何局か。
週末には王将戦と女流名人戦、どちらも第2局があります。
対局予定を見て、今週も大一番が目白押しといった印象を受けました。

自分は木曜日に対局があります。

 

将棋関連の記事が多い、という話はちょくちょく書いていますが、最近だと日経の「わきあがる将棋熱」という連載が目を引きました。(リンク先は連載の1回目)
力を入れて特集を組んでいただく機会も、増えている気がします。
とてもありがたい限りで、これからも楽しみにしています。

先週は対局こそなかったものの、将棋に触れている時間が比較的多く、自分なりに充実した日々を過ごせた気がします。
この調子で今年一年間、ひとつの結果に一喜一憂することなく、長い目で見てすこしでも良い結果を残せるように、頑張っていきたいと思います。

1件のコメント

  1.  普及活動も精力的な高見先生に是非タイトルをとって頂きたいと思います。
     豊島八段と渡辺棋王を破っての準決勝ですからのっておられると思います。

     一方の金井先生にも是非勝って頂きたい。これまた佐藤名人と佐藤会長を破っての準決勝ですから。
     両ベテラン相手だけに厳しい戦いだと思いますが、ニューヒーローに期待したいです。高見先生頑張れ!

     余談ですが、個人的には電王戦で圧勝した豊島先生に王将、名人を期待したいです。お人柄も棋力も抜群だとずっと思っていたので。

     久保王将の不戦敗の時も律儀に1時間待って、その後ファンサービスのために中継にゲストとして出演されるなどなかなかできないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です