寒の戻り

昨日は急に寒くなり、雨も降るしで門出にはなかなか大変な一日でしたが、ともあれ作業は無事に終わりました。
弟子にはこれからも将棋を生活の中心に据えて、頑張ってもらいたいと願っています。

今日は春分の祝日ですが関東は雪になるようなところもあるとか。
こういうのを寒の戻りと言うんでしょうけど、さすがに戻りすぎですよね。
ただ三寒四温という言葉もありますし、まあこれも日本の良さと思うことにしましょう。

僕がいま住んでいるところには昨年の5月末に引っ越してきたのですが、たまたま目の前に桜が3本あって、以来ずっと楽しみにしていました。
数日前に咲き始めて、いま、2~3分といったところ。
今年はすこし早そうな感じですね。
週末から週明けにかけて天気が回復すれば、例年よりすこし早めの花見ができそうです。

 

棋王戦は永瀬七段が勝ってフルセット、最終局へ。
信じられないような大逆転が見られそうなところを踏みとどまったのは第1局と同じ展開で、2・3局はお互いの完勝だったことを考えるとここまでまったくの五分、という感じがします。

棋王戦は今期に限らず、タイトル戦の中でも先手勝率が高いイメージがあり、最終局は振り駒も大事かもしれません。
今年度最後の大一番はどんな結末になるでしょうか。

それにしても挑戦者の昼食の注文には驚きました。
あれ本当に全部食べたんですかねえ。

今日はA級プレーオフの最終局(?)、名人挑戦者がついに決まるという一日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です