おカネ考

帰国した日にチラっとだけ書きましたが、先日の旅で、トラベラーズチェック(T/C)がなかなか換金できないという出来事がありました。
最終的には事なきを得た(?)んですが、なかなかない体験だったのでここに書き残しておきます。

一緒にいてくれた友人が「トラベラーズチェックを換金するには」って動画を上げてyoutuberになるべきですよ、元を取りましょう!と言ってくれたのですが、残念ながら僕にその能力はありません。
台本書いてカメラ回してくれる人がいたらやりますけど(笑)

ちなみにTCの現状については、このサイトなんかが参考になりますが、実体験としては状況はこれよりだいぶ悪くなっていると思います。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

そもそもTCを作ったのはずいぶん前のことでした。
現金を持ち歩くよりずっと安全で、当時はホテルやカジノなどですぐ換金できたので便利だなと思っていたのですが、いまは現金自体を持ち歩かなくなってるので、発行が終了したのも自然なことでしょうね。
ただ、その当時はいまのような状況は自分には想像がつかなかったので、社会の変化に驚いています。
サポートが終わって使いにくくなっているのも知っていたのですが、この数年はまったくドル圏に出かけてなかったので、けっこうな金額をほったらかしてしまっていました。

最初に成田の両替所に行って軽く情報収集。
予想通り、現地で換えたほうが良いですよ、と言われました。
ホテルとか空港の両替所なら大丈夫でしょう、とも。

現地に到着して、泊まるホテルで聞いてみたら、うちでは扱ってない、と言われました。
そこまでの格のホテルでもないので、仕方ないかなと思いました。
もっともホテルの格は、たぶん関係なかったといまにしてみれば思います。

次にすぐそばにあるシェラトンに行ったのですが、そこもダメでした。
空港の両替所に行くとやってくれるよ、と言われました。
そういえば到着したときに行っておこうと思っていたのですが、出発空港を間違えた疲れとかがあって、忘れていました。
この時点ではまだ、そこまで大変とは思っていませんでした。

翌朝になって、街まで出る足で、空港の両替所に行きました。
そうしたら、これが超ノータイムの門前払いでした。
ここでようやく、ちょっと面倒なことになったな、と気が付きました。
シカゴと言えばもちろん大都市で、空港の両替所といえばそれなりのことはしてくれそうなものなので、ここでダメとなると、簡単にはいかなそうです。
もうすこし食い下がって、なんとかならないかと言ったのですが、昔は扱ってたのだけど、と言われてしまいました。

信用が下がる、というのはもしかしたらこういうことなのかもしれない、とそのとき思いました。
日本という国は、お金を偽造しようという人はまずいないし、図書券や商品券とかでも現金と同じように使うことができるし、金券ショップに行けばすぐ換金することもできます。

しかしけっこう多くの国で、大きな額のお札が使えない(断られる)ことはわりとよくあります。偽造のリスクが怖いからかもしれません。
いま自分の持っているTCは、間違いなくそこに書かれている額面の価値があるものなのだけど、信用されないので、使うことができない。
あるいは、流動性がない、という表現のほうが正しいのでしょうか。
よく分かりませんが、こういうことを実体験できる機会はそうそうないので、大変でしたがある意味貴重な経験でした。

街に出たら、そこはBank of Amerikaとか、City bankとか大銀行の密集地帯でした。
さすがに大丈夫かと思ったのですが、しかしどこもダメでした。
下調べしてここなら大丈夫、とサイトに書いてあったり、あそこならできるよと言われたところでも、行ってみるとダメでした。
中には、ウチの口座を持ってれば、という答えもありましたが、んな無茶な。
amexのTCがこんなにも換金できないとは、さすがに思いませんでした。

そして不思議なもので(?)彼らは必ず「〇〇に行けば良い」と別の場所を教えてくれます。
それを日本語では「たらいまわし」と言うんだよ、と思いましたが言われた通りにする以外の方法がありません。
そして何か所か銀行を回り、駅にある両替所にも行ったりするうちに、ついに親切なお兄さんが現れました。

それまでの人は「うちではやってない」「〇〇に行け」以上の情報はくれなかったのに、その人は真摯に考えたり、同僚に尋ねたりしてくれました。
その結果、World’s Money Exchangeというところを紹介してくれました。
名前から言っても、なんとかしてくれそうな感じがします。
歩くこと約1時間、ようやく換金に成功しました。

ちなみに3%の手数料を取られました。
TCを作ったときにはもちろんそんなものはかからないという触れ込みでしたが、まあこれだけ断られるほどのやっかい者、それぐらいは仕方ないでしょう。
もっとも店からすると、一瞬でそれだけの収入になるのだから、引き受けないのはもったいような気もします。

ちなみに換金したドルは、全部きれいに使い切ってきました。
(ギャモンの大会は参加費が高いのです)
次行くときは手持ちの円を両替するしか手段がないので、それまでに1ドル50円ぐらいになってくれませんかね。

7件のコメント

  1. TCは大昔に少し使ったことがあるだけの無知状態のままググりもせずに素朴に質問しますが、「amexのTC」なら、amexに問い合わせれば何かしらの信頼できるヒントは得られたのでは・・・?

    1. その可能性はありますが、なんとも言えません。
      向こうに着いた翌日、amexのHPで「使える場所」が書かれたサイトをチェックしてからホテルを出たのですが、ことごとくダメでした。

      出国前は、そんなに心配してなかったので、問い合わせませんでした。
      日本にいるうちに問い合わせておけば、スムーズだったかもしれません。

    1. たしかにそれは有力ですよね。
      ただそもそも今回の場合、TCを使い切ってしまうこと自体が目的だったので。

  2.  トラベラーズチェックとは懐かしい。
     学生時代に一回使いましたが・・。

     20年以上の前の若い頃から海外出張でいろいろ行きましたが、その頃からもう利便性の観点でトラベラーズチェックは使ってなかったですね・・。
     なにより、ロシアや途上国などチェック自体が十分に使えない国もままあったので。
     クレカなら現金の引き出しも含めどこの国でも1枚で全部済むので。

     それと、当時いくら金を払っていようと、通貨と言うより金券なので価値がなくなることもあろうかと。
     メトロカードやオレンジカードも額面がいくらであろうと今や無価値になっていますからね。
     通貨ですら、今使い残して手元にあるフランやリラですらもう換金できないわけですから。

    1. 当時はその後もちょくちょく出かけるつもりで、ドル圏にこんなに何年も行かなくなるとは思いませんでした。
      冷静に考えると、ちょっと想像力が貧困だったかも(笑)

      1. >その後もちょくちょく出かけるつもりで、ドル圏にこんなに何年も行かなくなるとは思いませんでした。

         いやいや、これ本当にわかります(笑)
         人間ってそんなもんですよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です