天災に思う

大雨から数日が過ぎ、だいぶ被害の全容が見えてきたみたいです。
今回のことは特に、自分にとって身近な土地が多かったので気になってニュースを見ています。
大雨で150人以上も亡くなるとは、本当に信じられない気持ちです。
心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

テレビを見ていると倉敷の映像がよく使われていて、ここは言うまでもなく将棋の街でもあるのですが真備町といえば「吉備真備杯」でお隣の囲碁界と縁の深い土地でもあります。
また倉敷市だけでなく真庭市(女流名人戦を長年開催)や、他にも昨年王将戦が開催された矢掛町など、近隣にも将棋に縁の深い街があり、やはり大変な状況だったようです。

一方で有名な倉敷美観地区などは無事だったようで、被害のひどい地域だけを見ていると気が付きませんがもちろん街全体が水の底に沈んでしまったというわけではありません。
ライフラインも順次復旧しているようですし、これからはきっと復興が進むことでしょう。

広島も大変な地域がたくさんあるようです。
特に呉の映像はびっくりしました。あと、昨日の府中町の映像にも驚きました。
榎川、という川は初めて聞きました。怪童戦の会場の近くでもあります。

家族や知人何人かには連絡を取りましたが、皆無事とのことでホッとしました。
広島は災害の少ない街ですが、地盤だけは脆いと子どもの頃から教わってきたものです。
数年前にもやはり豪雨があり、なるほどその通りなのだなと実感しています。地下鉄が走らないわけですね。

東北や熊本の地震のときも思ったものですが自分自身は寄附と、あとは観光に訪れる・名産を食べるor買うのが一番の支援だと思っているので、すこし落ち着いた頃に仕事以外で訪れようと思っています。
特に倉敷は、将棋の街なのですがイベントに参加するのは基本的に関西の棋士かもしくはトップ棋士なので、たぶん子どもの頃に行ったキリでもう20年ぐらいは行ってないはずです。
将棋イベントもこれからもたくさんあると思いますし、皆様もぜひお運びください。

それにしても、天災には日々の備え、とは思うもののなかなか準備万端というわけにはいかないものです。
常にありうるという気持ちの準備だけはしておいて、あとは情報に敏感になることかなと思います。

 

棋聖戦はフルセットになりました。
昨日の将棋は序盤を見ていてこれは豊島八段の研究が炸裂したのかと思ったらそこから羽生棋聖の懐が深かった。
あれだけ強くて、勝っていて、研究もしている相手を弾き返すというのは本当に恐ろしいと思いました。
最終局、どんな結末になるのでしょうか。

2件のコメント

  1. 初めまして!!
    倉敷市の観光地の美観地区で仕事をしているものです。
    昨年の第75期名人戦の第五局で倉敷の会場で稲葉八段の人力車の担当もさせて頂きました。
    記事にて倉敷市のことを心配して下さる文章を多数書いて頂きお礼申し上げます。
    文章にも書いてあるように観光地の方の被害はそう大きくないのですが、真備町がメディアで全国的に取り上げられているので、観光の集客としては苦戦しております。
    私も出来る範囲のボランティアや支援物資と微力ながらもやれることは努めて、あとは元気に生活させて頂いている者として美観地区を盛り上げることが今の自分に出来ることではないのかなと頭を切り替え日々就業に臨んでおります。
    片上先生の地元の方も知人の方が無事で何よりです。
    文章に書いてある通り、徐々にですが交通機関等は復旧が進んでいるので負けずに頑張ります。
    長々と申し訳ありません。将棋ファンとして倉敷在住として心温まる文章でしたので嬉しかったです。

    1. こちらこそお読みいただきありがとうございます。夏休みに向けて、お客さんが戻って来てくれることを願っています。これからも元気で頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です