最近の観戦 王位戦第5局など

一昨日・昨日は徳島で王位戦第5局。
ここは例年5局目が恒例なんですが7番勝負なので回ってくることがほとんどのようですね。

封じ手の局面は手が進んでいるぶん居飛車側がやや模様良しと見ていたのですが、結果は逆でした。
2日目、戦いが佳境に入ってからの菅井王位の指し回しが絶品で、大変勉強になりました。

それにしても、初日の夕方に▲2七銀と片足を上げて、その後▲3八金と閉まらない状態が18時間以上続く中盤戦というのは、並大抵ではないですね。
余人にはなかなかさばけない将棋だったのではないかと。
あと78手目△2五同銀のところの見解や感想が、非常に興味深いと感じました。
あのあたりから振り飛車ペースになっていったように思います。

王将リーグ入りを懸けた一番は、相居飛車不定形の難しい将棋でこちらも参考にしたい内容でした。
タイトルホルダーが8人もいるご時世ですが、広瀬八段も最近かなり好調に見えます。
本局が竜王戦七番勝負の前哨戦、となるかどうか。

順位戦は火曜日がC1で昨日がB1とC2、今日もA級が1局。
C1は帰りの電車で金井ー杉本戦の詰む詰まないのところを観ていました。終始際どい勝負で面白い将棋でした。
あとは隣でやっていた千葉ー阪口戦、千葉さんの堅実で誠実な指し回しが印象に残りました。
次の千葉ー藤井戦は要注目の一戦です。

昨日はB1は長期戦が多く、C2は対照的に早い決着が多かったので順番に観戦していくにはほど良い一日でしたか。
ただやっぱり2クラス同時だと局数的にはやや多いですね。
神谷ー村田戦の終盤がいろいろと技が出て面白かったです。
また全体的にもわりと大技が多く見られた一日だったような気がします。

早いものでもう8月も終わりですか。
個人的には前半はいろいろと不調でしたが後半はちょっと良くなりました。
さらに調子を上げて、実りの秋に入っていきたいですね。

では今日はこのあたりで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です