夏の終わりに

数日前のこと、電王トーナメントの終了が発表されました。
歴史的な役目を終えた、とのことでこれはまさにその通りでしょうね。

立ち上げのときは本当にできるのかなと不安だったのですが、ふたを開けてみれば見事なもので、あのときはホッとすると同時にドワンゴという会社は本当にすごいなあと思ったことをよく覚えています。
いろいろなトピックがありましたが生で観ていたponanza-awake戦の最終盤は特に忘れられません。
コンピュータ将棋・電王戦の歴史にとって、いろいろな意味で本当に大きな一番でした。

また八王子将棋クラブが年内で営業終了との報。
上記とは何の脈絡もありませんがたまたまタイミングが重なったので、夏の終わりに、ちょっと寂しいなという気持ちになりました。
1977年創業とのことで、これは広島将棋センターの前年に当たります。
寂しいお知らせに接し、将棋道場という形態について改めて考えさせられました。

 

学校に行きたくないあなたへ(BLOGOS)
不登校新聞、というものがあるのはたぶん知りませんでした。

「誰かが同じような境遇にいたはずだ」と思うこと

というのはたしかに有用な思考法だと思いますし、

「10代の特典」

というのもたしかにあるような気がします。

自分自身小学校を出ていない身なので、同じ境遇の子がいたらそれでもプロ棋士になれるし東大にも行けるんだよ、ということは教えてあげたいです。

 

東京は今朝からぐっと涼しくなりました。
秋が近そうですが心配なのは新たな台風です。どうか何事もありませんように。

また今日は名古屋で西日本豪雨に関してのチャリティーイベントが行われています。
お近くの方はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です