最近の中継 王位戦第6局など

昨日は宣言通り、ほぼ終日最近の将棋を観て過ごしました。
あっという間に一日が過ぎていきました。
なんだか浮世離れした話ですが、そもそも一日中かけて一局の将棋を指しているわけですからそれぐらいは普通でしょうね。

飛び立った6日から昨日までで、中継局を数えてみると全部でちょうど30局ありました。
つまり土日含めて1日平均5局ですから、普段と比べても多かったですね。
特に7日に早指し棋戦を中心に11局あったのが大きかったようです。

昨日の王位戦第6局は、封じ手前後から終盤までずっと振り飛車ペースと見ていましたが結果は豊島棋聖の勝ち。
菅井王位としては痛恨の逆転負けだったのではと思いましたが、感想戦コメントを読んだ感じでは大変だったのかもしれません。

やはりトップの将棋は常に懐が深い。
最終局はお互いにとって本当に大きな勝負になりました。

そのほか竜王戦の挑戦者、王将リーグ入りのメンバーが決まるなど、大きな将棋がいくつもありました。
いずれも先手番が押し切った内容で、やはり先後の差は大きいです。
広瀬八段はこのところ上位棋士を連破し続けていて絶好調モードに見えます。

若手棋戦では新人王戦で三段が決勝進出、加古川青流戦では大橋四段がヤマダ杯に続いて若手二冠に王手。
大橋四段はよく新構想を見せてくれている印象ですが先日の将棋も要注目の新型でした。

王座戦の松本ー西山戦がけっこう劇的なトン死の幕切れでした。
西山さんが勝つと女流枠4人全員勝ち上がりとなるところだったのですね。
これはレベルアップもさることながら、持ち時間のルールが変わって経験の差が出にくくなったことも一因ではないかと思いました。

そしてその4人に入っていない清水さんがリコー杯で挑戦権。
最年長記録だそうで、その事実にはちょっと驚きました。

今日はA級順位戦や、叡王戦で師弟対決などがあります。
自分は朝から練習将棋の日。
対局に向けて調子を整えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です