勝ち

昨日の対局は、先手中飛車で序盤からあまり類型のない乱戦に。
棋王戦ではこれで4連投になりましたが、どの将棋も全然違った展開になっていて、いろいろな景色を見られる楽しさがあります。
白星が続いている理由は自分でもよくわかりませんが、積極的に指せているのが良いのかもしれません。

本局は中盤以降、読みにない手をたくさん指されました。
中でも56手目の△4四飛打!にはびっくりしました。
ただ最終盤までずっと自信がなかったものの、形勢は悪くなかったようです。

記者の方に聞いたり、twitterのTLで見たりしたところでは、▲5七銀のタダ捨てが評判が良かったようです。
歴史的な妙手を連想させる符号、というのは気付いてなくて言われてなるほどと思いました。

実はこれは会心の一手ではなく、代えて▲4九桂と升目を埋めるのが良い手と読んでいたのですがそれは△4八銀!のタダ捨てで負け。
他に▲4七歩や▲4八金打などの自然な受けも利かず、これしかないと仕方なく指した手でした。
この段階での予定変更は致命傷になりそうなもので、実際負けなのではと思っていたわけですが結果的には勝ちになっていたようです。

その後も水面下ではトン死の変化などもあり、幸運な勝利でした。
昨日は朝からずっと集中して指せたのが、幸運につながったのかなと思います。

中継・観戦記のつく大きな舞台で良い将棋が指せて嬉しいです。
次の対局も頑張ります。

 

4件のコメント

  1. 片上さん強かった、いい将棋でした
    片上さんはじめ横山さん、千葉さんら中堅が頑張っているので
    棋戦の面白さが増しています

  2. 将棋界でいまだに語り継がれる中原十六世名人の絶妙手▲5七銀。
    自分も▲4九桂かなと思っておりこの手はまったく想像もできませんでした。
    こういう手が見えるのがさすがプロと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です