一昨日のことなど

先日の対局のことでは、その後多くのメールやリプ・コメントなどもいただいて、反響の大きさに嬉しく思っています。
やはり良い将棋を指して、観てもらうことが大切だと気持ちを新たにしました。

これからも頑張ってこうした機会を増やしていけるようにと思います。
どうもありがとうございました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

その夜は聖地ことみろく庵にてその日の中継・観戦の担当だったお二人と軽く一杯。
知人の将棋ファンの方にもバッタリ。将棋界あるある。

記者二人はモバイル中継草創期のメンバーでもあり、その後の歩みについて話に花が咲きました。
いまでこそ将棋ファンの間になくてはならないものになっていると思いますが、立ち上げにはいろいろと苦労もありました。

今日は残念ながら公式戦の対局がありませんが、昨日はJT杯の他に叡王戦も行われているなど、最近は土日の対局も明らかに増えています。
これは棋戦が増えたことと、中継(つまり観戦)の都合を考えていることが大きいです。
また対局開始時間なども、以前に比べると柔軟になりました。
開始から10年ほど経って、当時思い描いていた未来に、だいぶ近づいてきた感じがします。
あとはさらに将棋ファンが増えて、会員数があと5倍ぐらいになれば将棋界は安泰でしょう。

中継記者の新規採用をしたのもいまでは懐かしい思い出です。
公募、というのはこの狭いムラ社会(当時)ではかなり珍しいことだったはず。
その後若い記者も増えて、それぞれに個性を発揮して頑張っています。
それだけ将棋界の中にも、活躍の場が広がっているということだと思うので、とても喜ばしい変化です。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この日は大阪で注目の山崎ー藤井戦があり、ついに森門下の連敗を止めてくれたそうで。
あとで観たら、相変わらずの内容でさすがでした。
藤井君は1回戦負けが初めてなのですね。それもすごい話です。

あとこの日は広瀬ー中田戦がコクのある中盤、形勢の揺れていそうな終盤、一局を通して面白い内容でした。
駒台に7種1式合計18枚も載ることは相当にレアだと思うのですが、あんなに持ってて自玉が詰まないのに、勝ちが出ないというのはやっぱり実戦の終盤は奥深い。
広瀬八段はいま本当に充実しているので、対戦できるのはとても楽しみです。

今月はこの後も週1で対局があり、他にもいろいろと予定が詰まっています。
体調を整えて、一日一日を生き生きと過ごしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です