勝ち

昨日の対局は、先週に引き続き先手中飛車。
採用が続いているのはたまたまでもあるのですが、頼れる相棒になりつつあります。

そして本局もまた、自分にとっては経験のない形に。
類型を意識しながら指してみたもののワカレはすこし指しにくくなり、工夫が必要と感じました。

中盤でさばきに転じたところで急に景色が良くなり、その後粘られるも無事逃げきって勝ち。
優勢になってからは一手だけ、気の緩んだ手があったのですがそれを除けばうまく指せたと思うので、全体的には満足のいく内容になりました。

昨日はB1とC2の順位戦があるなど対局の多い日で、大広間は大先輩が多く重厚な空気の中で一日を過ごしました。
視界に70代の桐山先生の姿が見える位置取りで、他に南先生や森下先生・中田先生など50を過ぎた先輩方も含めて、凛として崩れない対局姿勢に感銘を受けました。
持ち時間いっぱいまで頑張っておられて、自分も10年後、20年後まで頑張らないといけないなと改めて思いました。

来週の対局も頑張ります。

 

帰宅後は王座戦第2局を観戦。
斎藤七段、夕休前の△4五銀▲同歩△2五桂という手順はお見事でした。
かっこいいだけでなく、ちょっと気がつきにくい組み立てだったのではないかと。
中村王座としては、▲同飛と取るしかなかったのではないかなあ。

ああいう場面で外野の棋士は「負けても取る一手」「死んでも取るしかない」とか言うもんですが、実際には死ぬわけじゃないとはいえ、タイトル懸かってますからね。
観ていて簡単には判断できないなと思った場面でした。

今日はとある仕事の打ち合わせなど。
最近ありがたいことに、将棋連盟以外から仕事の依頼をいただくことが続いていて、ちょっと忙しくなっています。
あまり無理をせず、自分にできることを丁寧にこなしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です