負け

昨日の対局は、後手番で藤井システム調の将棋に。
先手番ではたまにやってますが、後手番で急戦を仕掛けたのはいつ以来か、すぐには思い出せないぐらい久しぶりのことでした。

ただやはり一手の差は大きく、結果はほぼノーチャンスでの負け。
途中は読みが合わなかったり、難しいと感じた場面も多くあったのですが調べてみると苦しい変化が多かったです。
千葉さんの指し回しは、いつもながら安定感がありました。

なかなか波に乗り切れませんが、内容的には悪くない状態が続いていると思うので、また来週頑張ります。

 

注目の王位戦第7局は、豊島棋聖が勝って二冠に。
初の先手番7連勝で終わったシリーズということで、やはり先後が大きかった、ということになりそうです。

多くの人がそうだったと思うのですが、▲7七桂にはびっくりしました。
帰りの電車の中で、思わず目を見開いてしまいました。
本局で一番印象に残る一手でした。

これで8人8タイトルの時代はいったん終わりました。
次がいつになるのか、それとももう来ないのか。
とうぶんない可能性のほうが高いですかね。
また豊島二冠の3つめ、4つめの戴冠があるのかどうかが、今年度後半の注目ポイントでしょうか。

 

それと昨日は王位戦予選で金沢五段が高見叡王に勝ち。
内容も完勝だったように見えました。
実は次の対戦相手が自分なので、この将棋には関心を持っていました。

すぐ来週の対局で、こういう日程はただでさえ珍しく、しかも金沢さんはつい先週も王位戦の前局を指したばかりだったようなので、何か事情があるのかもしれません?(分かりませんが)
久々のタイトルホルダーとの対戦とはなりませんでしたが、こちらはこちらで、気合を入れて臨みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です