竜王戦開幕

竜王戦第1局、期待に違わぬ大熱戦。

観戦していて、終盤は何度か形勢が揺れているかに見えましたが、実際はどうだったんでしょうか。
かつて8五飛戦法が大流行した頃「羽生先生の中住まいは堅い」という定説を聞いたことがありましたが、角換わりでもそうでしたか。
あの玉が金銀6枚に囲われた要塞になろうとは、ちょっと想像できませんでした。
たぶん、誰もがそうだと思います。

最近ある場所で「得した金銀は自陣に投入」「攻めは取った桂香で」というセオリーを解説したのですが、羽生竜王の指し手は、まさにそれを地で行く展開でもありました。
中盤の▲2四桂はひねり出したような、苦しげな手に見えましたがあれが3二金、2一飛、1一香と拾って、最後に▲1二成桂と動いて後手玉の使命を制したのも驚きでした。
第2局以降も非常に楽しみです。

このところまた将棋に関するニュースが増えている印象ですが、今度は「盤上のアルファ」がドラマ化されるんですね。
キャストも豪華なようですし、話題になりそうで、ありがたいことです。

将棋ウォーズにプロ指導対局機能がリリース
これも楽しみです。
指導対局は(当然ですが)基本的には棋士のいる場所に行かないと受けられませんし、もちろんそれが一番とは思いますが東京・大阪以外では簡単ではないので、ぜひこちらで気軽に挑戦していただけたらと思います。

今日はこれから日帰りで栃木へ。
とある会社のイベントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です