竜王戦タイに

2泊3日の出張から帰京しました。
栃木でお世話になった皆様方、どうもありがとうございました。

竜王戦は広瀬八段が勝って2-2のタイに。
終盤の逆転だったようですが、もともとが難しすぎてあんまり大きな逆転という印象はなかったです。
ただ以前の羽生竜王ならば戦いが長引くような指し手を選ぶところ、今期はやや無理気味でも攻める手を選択している印象で、本局に関してはそれが裏目に出たのかなと観戦していて思いました。

これで第6局の開催が確定して、指宿の方々は喜んでおられることと思います。
タイトル戦の後半は行われるかどうかが確定していない状況でスタートする代わりに、回ってきた場合は決着局になる場合も多いです。
たとえば棋王戦の宇都宮対局はけっこうこのパターンが多いんですよね。
今期の竜王戦は7局まで行きそうな感じがしていますが、どうなるでしょうか。

 

今週は対局予定には出ていないのですが銀河戦の対局があります。
放映はだいぶ先になると思いますので近づいたらまた改めて書きたいと思います。

それと数日前のこと、急な連絡があって、ちょっとしたテレビ取材を受けました。
今日の「ヒルナンデス」というお昼の情報番組で、将棋の特集があるようです。
良かったらチェックしてみてください。
相変わらずいろんな形で将棋が取り上げられることが多く、注目されているのはありがたい限りですね。

今日は王将リーグ最終日。
状況はこのようになっています。
大混戦の王将戦挑戦者決定リーグ戦最終局、挑戦者になるのは?【プレーオフ進出条件まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です