最終局2日目

竜王戦第7局は2日目に入りました。

戦型は大方の予想通りで角換わり。
流行とは微妙に違う先後同型になりましたが、こうやって細かい工夫が入るところも、予想通りと言えるでしょう。
先手が先攻する流れも予想通りです。

先手には先攻のアドバンテージはありますが、おそらくこういうときはお互いに後手番の作戦を重点的に考えてきているのではないかと思うので、ここまでの流れとしては羽生竜王が誘導した感じだと思います。
局面としても広瀬八段のほうがすこしイヤな感じに見えますが、両者がどう感じておられるかは分かりません。

昨日に引き続きですが、今日もテレビ朝日「ワイドスクランブル」に出演します。
今日は午後からの最初で0時半頃~を予定しています。
連日、取り上げていただいてありがたいことですし、それだけの価値のある一戦なのは間違いありません。
おそらく今夜にかけて各メディアで報道が続くと思うので、大きな緊急ニュースがなければと思うのですが、どうなるでしょうか。

本局までの流れが、連盟HPにもまとめられていました。
羽生竜王がタイトル通算100期達成か、広瀬八段が初の竜王獲得か 竜王戦七番勝負第6局までのまとめ
トップページにも最新の盤面が掲載されるようになっていて、工夫を感じます。

今年最後、そしておそらく平成最後の大勝負、皆さんでしっかりと見届けましょう。

2件のコメント

  1. 文章がとてもいいです。
    すっとはいってきます。
    ここ最近の投稿で感じていたのでコメントしました。
    テレビのコメントも一般視聴者向けにとてもわかり
    やすいと思います。
    本日も頑張って将棋ファンを増やしてきてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です